ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

速攻

ハンドボール上達法 攻守(速攻)の切り替え

速攻の飛び出しのセオリーとは?


handball46



攻守の切り替えが上手く出来ていますか?
例えば、リバウンドやルーズボールから速攻に繋げる場合の攻守の切り替え
の原則は、自分のマークマンが残っているような時には、例えマイボールに
なっても飛びなさないことです。


チームによっては、サイドのDFが飛びだせば、代わりに2枚目の選手が残り、
リバウンドを見るというシステムを組んでいることもあります。
ですが、本来は自チームのボールになったことを確認してから速攻に飛び出す
のがセオリーです。


例えば、敵のセンターがオーバーステップでマイボールになった場合、中央の
ディフェンダーは、すかさず速攻に飛び出します。
この時点で既に相手のセンターを追い越しているので、速攻で数的優位を作る
ことが出来ます。


ですが、多くの選手は、センターをマークしていた中央の選手がボールを拾って
投げようとします。
これでは、数的優位を作ることが出来ません。


その為、ここでの攻守の切り替えのポイントは、反則を誘った選手はボールに
触らずに、すぐさま走り出して速攻に転じることです。
このセオリーを分かっていれば、真ん中を守っている選手でも、攻守の切り替えが
スムーズにでき、速攻で多くの点を取れるようになるでしょう。


なお、上手い選手ほどルーズボールは必死になって捕りに行きますし、味方が
打ったボールに対してリバウンドが転がる方向を予測して準備を怠っていません。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 速攻時のパス

速攻時のパスはボールを奪ったら瞬時に出そう!

handball29



速攻が思うように決まらないという悩みはありませんか?
相手ディフェンダーが戻りきらないうちに、ゴールまで一気に攻め込む速攻は、得点を
とれる可能性が高く、ハンドボールには非常に有効な戦術と言えますね。


そんな速攻時のパスは、チャンスが生まれたら走りながら、フリーの選手を探して
投げるパスと、味方を速攻に走らせるパスがあります。


走りながらのパスの投げ方は、通常のオーバーハンドと同じですが、走りながら横を
向いて投げるようになるので、重心が流れやすくなるので、狙ったところに正確に出す
ことが難しくなります。


その為、下半身がぶれないように重心を安定させて、上半身の回転でパスを投げるのが
コツです。
また、言うまでもないと思いますが、味方が取りやすい位置にボールを投げることも
欠かせませんね。


更に、速攻の好機に、判断良く飛びだした味方がいれば、瞬時にパスを出さなければ
いけません。
その際には、味方の走るスピードと相手ディフェンダーとの距離を考えて、山なりや
真っ直ぐの伸びのあるパスを送りましょう。


瞬発力があって抜群に飛び出しの速い選手がいるなら、前にパスを出して、それを追い
かけさせるのも非常に有効です。
ボールにスピードがあればそれだけ難易度はあがりますが、通れば一気にワンマン速攻に
繋がりますね。


ただ、ゴールキーパーがカットを狙って飛び出してきている場合もあるので、GKの
動きにも注意を払っておく必要があります。


いずれににしても、速攻のパスは素早い判断と、正確なパスが要求され、タイミングが
大切になるので、一つ一つのテクニックのレベルアップを行って、チームとしての総合的
スキルを上げることが大切でしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
速攻などの戦術が決まらないチーム必見!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 速攻の守り方

相手の速攻をしっかり止めよう!

handbal21



短時間で大量失点をしてしまうにとはありませんか?
その原因としては守り方に問題があり、素早く自分の陣営に帰ることが出来ていないからでしょう。


したがって、速攻にしてもセットオフェンスでも、シュートを打って自分の陣営に帰るまでを1セット
と考える必要がありますね。


シュートの結果に一喜一憂して振り回されるのではなく、とにかく全力でディフェンスに戻ることが
先決で、周りの選手も結果を見届けるより前に戻る癖をつけておくことが大切です。


例えば、味方がサイドシュートを打ちに行ったら、その段階でバックプレーヤーは戻るなど、自分に
リバウンドのボールがくる可能性が低い場合は、相手の速攻を防ぐディフェンスを真っ先に考えましょう。


とは言え、相手に背中を向けてわき目をふらずにまっしぐらに戻るのではなく、相手とボールを自分の
目の届く範囲に入れながら戻ることです。


その為には、野球の外野手が後方のフライを見ながら走って追うように、半身の体勢で戻るように
しましょう。
もちろん、後ずさりは戻るのが遅くなるのでダメです。


また、戻りが遅くなった場合は、相手の速攻を遅らせる為に、パスの出どころを妨げて、味方が戻る
時間を稼ぐのもひとつの守り方です。
敵のゴールキーパーの球出しを遅らせるなら、最初にポストが送球を妨げましょう。


また、戻りながら両手を伸ばして、パスコースをふさぐようにするのも効果的ですね。


シュートのリバウンド(跳ね返り)は、サイドシュートなら逆サイドに、中央へのシュートはポスト
周辺に転がってくるので、ルーズボールはポストや逆サイドの選手に任せて、バックプレーヤーは
相手の速攻などに備えて戻ることを急ぐようにすると良いでしょう。



いずれにしても、素早い自分の陣営への戻りとバックチエックが勝敗にも大きく影響してくるので、
普段の練習から、戻ることをセットにして練習し、シュート後にはダッシュで素早く戻ることを
習慣にすると良いでしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる





ハンドボール上達法 速攻・クイックスタートの判断

試合の流れを読んで速攻・クイックスタートを判断しよう!

handball25



試合で速攻が上手く決まっていますか?
速攻やクイックスタートは、試合の流れを読んで行うことが大切になり、ボールと相手の戻り具合
を見て判断しなければいけませんね。


例えば、相手のシュートをゴールキーパーが足元にボールを落とせばワンマン速攻で攻めやすいですし、
反対にコートの外にボールが出たなどの場合は速攻では押しにくいですよね。


当然、相手が完全に自陣に戻っている時も難しくなります。
ですが、相手ディフェンダーがセンターラインあたりなら二次速攻を仕掛けることが出来ます。


ただ、速攻でミスが続いているようならセットオフェンスで攻めるなど、無理に速攻で攻めない
という判断も必要になってくるでしょう。


また、失点後、ボールをセンターラインに素早く持って行き、相手チームが戻る前に攻撃を仕掛ける
クイックスタートは自分のチームがリードしている状況ほど効果的です。

特に、終盤で相手が骨を折ってセットオフェンスで得点した後に、クイックスタートで得点を取り
返したら相手の反撃ムードを打ち砕くようになるので、こうした状況の時に使って攻めると良い
ですね。


更に、ポスト、サイド、ワンマンなどで、相手が倒れ込んでシュートを決めた直後はクイックスタートで
行くと良いです。
相手も速攻の直後は、戻りが遅くなるので、その分数的優位に立てるからです。


ですが、ロングシュートで決められてしまった時は、戻りも速いので速攻で得点は狙えないでしょう。
いずれいしても、クイックスタートは、失点を取り返す時の戦術です。
無理に攻めると逆に得点を入れられてしまうので、数的優位の時以外は、セットオフェンスで確実に
攻めたほうが良いでしょう。


そして、GKからボールをもらう選手の向きなどで、次の展開の攻め方の意思統一をはかる
ようにすれば、より上手くいきやすくなるでしょう。


強豪校監督が伝授!実践で生きる必勝スキル
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 ゴールキーパー(GK)の速攻のパス

GKの素早いパス一本で速攻が決まる!

handball23



ゴールキーパーは、速攻のパス出しの起点となるので、如何に素早い球出しをするかが、
速攻の成否に大きく影響してきますね。


その為、味方を見つける判断の速さと正確なスローイングが必要不可欠でしょう。
そして、味方の速攻になったら、フリーの味方がどこにいるのか遠くから探していき、1本のパスで
速攻が決まりそうなところを探し、次第に手前へと視線を移していきます。


当然、キーパーがどこにパスを出すか判断に迷って遅くなるほど、速攻のチャンスがなくなってきます。
したがって、チーム内で速攻で走る位置を共有しあっておけば、ある程度見方がどこにいるのか、予想が
つき判断もしやすくなりますね。


また、味方が速攻でフリーで走っているなら、ストレートの速いパスを通すことで、テンポよく速攻が
出来るようになるのです。


ただ、味方が相手ディフェンダーと競いあっている場合は、そこに直接パスを通そうとすると、相手に
パスカットされる恐れが高くなるので、そういう時は山なりに頭上を越えるようなパスを出して、味方を
前に走らせるようにすると良いでしょう。


この時は、ノーバウンド、もしくはワンバウンドで味方が捕れるように、通常のスローイングと
同じように投げます。


いずれにしても、ハンドボールの上手いGKとなると相手のシュートを止めてから、ボールを拾うまでの
間で、どのようにするか速攻の判断をします。
ボールを止めてからすぐならワンマン速攻、ボールを拾うまでに時間が数秒かかって遅くなるようなら
二次速攻になるでしょう。


なお、速攻が上手く出来ないようなら、まずは、ワンパスからの速攻を練習して、GKはスローイングが
上手く狙ったところに出せるように距離感などを掴んでおくことが大切です。
また、試合と同じようにDFを必ずつけて、相手と競いあう状況下で行うようにしましょう。


速攻が上手く決まらないようなら必見です!
強豪が実践する得点がとれる練習方法が学べます。

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ