ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

戦術

ハンドボール上達法 クロスプレー

味方とクロスして相手のマークミスを誘うコンビネーション

handball29



クロスプレーが上手く出来ていますか?
ハンドボールのコンビネーションの基本とも言えるクロスは、2人が交差しながら攻める
動きですね。


パラレルで平行で攻めてばかりいては、相手に対応されてしまうので、味方と交差する
クロスの動きが必要になってくるわけです。


相手ディフェンダーの段差の低い方から仕掛けていき、ボールを持っている選手が間を強く
攻めて2人を寄せてから、スピードに乗って背後を大きくクロスで走り込んできた味方に
パスして、ノーマークを作ります。


DFが前に詰めた瞬間に横に素早くクロスすることが出来れば、相手は追いつくことが出来なく
なりますね。
その為、ぎりぎりまでDFを引きつけて、走り込んで来た背後の味方にバックパスを出すことで、
クロスが成功します。


そして、クロスした選手は利き腕がずれたら、即シュートに行きます。
ただ、前を狙う姿勢を見せないと相手を寄せることが出来ないので、しっかり前を向いて攻める
ことを意識することが大切です。


また、クロスは段差の高い方から仕掛けてしまうと、回り込んですぐにフォローに入られて
しまうので、相手の距離を上手く利用しましょう。
もし相手がクロスを読んでいて詰めてこなければ、パスを出さずに、そのまま自分で攻めて
行きましょう。


なお、バックプレーヤー同士のクロスから相手を崩すバッククロスや、センターがボールを
持ってバックレーヤーと行うセンタークロスなど、相手ディフェンスの状況に応じて戦術
として使うことで、チームの得点力もアップさせることが出来るでしょう。



強豪校監督が伝授!実践で生きる必勝スキル
チーム戦術も学べます!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる


ハンドボール上達法 速攻・クイックスタートの判断

試合の流れを読んで速攻・クイックスタートを判断しよう!

handball25



試合で速攻が上手く決まっていますか?
速攻やクイックスタートは、試合の流れを読んで行うことが大切になり、ボールと相手の戻り具合
を見て判断しなければいけませんね。


例えば、相手のシュートをゴールキーパーが足元にボールを落とせばワンマン速攻で攻めやすいですし、
反対にコートの外にボールが出たなどの場合は速攻では押しにくいですよね。


当然、相手が完全に自陣に戻っている時も難しくなります。
ですが、相手ディフェンダーがセンターラインあたりなら二次速攻を仕掛けることが出来ます。


ただ、速攻でミスが続いているようならセットオフェンスで攻めるなど、無理に速攻で攻めない
という判断も必要になってくるでしょう。


また、失点後、ボールをセンターラインに素早く持って行き、相手チームが戻る前に攻撃を仕掛ける
クイックスタートは自分のチームがリードしている状況ほど効果的です。

特に、終盤で相手が骨を折ってセットオフェンスで得点した後に、クイックスタートで得点を取り
返したら相手の反撃ムードを打ち砕くようになるので、こうした状況の時に使って攻めると良い
ですね。


更に、ポスト、サイド、ワンマンなどで、相手が倒れ込んでシュートを決めた直後はクイックスタートで
行くと良いです。
相手も速攻の直後は、戻りが遅くなるので、その分数的優位に立てるからです。


ですが、ロングシュートで決められてしまった時は、戻りも速いので速攻で得点は狙えないでしょう。
いずれいしても、クイックスタートは、失点を取り返す時の戦術です。
無理に攻めると逆に得点を入れられてしまうので、数的優位の時以外は、セットオフェンスで確実に
攻めたほうが良いでしょう。


そして、GKからボールをもらう選手の向きなどで、次の展開の攻め方の意思統一をはかる
ようにすれば、より上手くいきやすくなるでしょう。


強豪校監督が伝授!実践で生きる必勝スキル
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 ポストの位置取り

味方のチャンスを演出する位置取りをしよう。

handball30



ハンドボールでは、自分がボールを持っていない時の動き(オフ・ザ・ボール)が大切になって
きますね。


特にポストは、ボールを持たない状況で動いて、スペースを作ることで攻撃の手詰まり感が
なくなってきます。
その為、時にはボールとは反対の方向に動いたりすることも必要でしょう。


相手ディフェンダーは、バックプレーヤーがボールを持っていれば、それについて動くので、
ポストが同じ方向に動いていては攻撃をサポートすることが出来ません。


その為、バックプレーヤーが左に攻め込むようなら、ポストは右に動いて相手ディフェンダーを
惑わすようにしたいですね。
いずれにしても、バックプレーヤーのシュートばかりに頼っていては、攻撃が停滞して行き詰まって
しまいます。


ポストがボールと逆に動くようにすることで、バックプレーヤーの攻めるスペースもできるのです。
また、ポストにとって味方を生かす為に、DFが動けないようにライン際で立ち止まって壁になり
ブロックするスクリーンプレーも重要ですね。


これには横と縦ブロックがあり、DFの横に位置取りしてバックプレーヤーが切り込むスペースを作る
のが横ブロック。
DFの前に立って、ロングシュートに詰めさせないようにするのが縦ブロックです。


更に、攻撃のきっかけによく使われるのが、ライン際から浮いてパスを中継する動き(中継ポスト)
ですね。
左バックの近辺でしたら、それと合わせて右サイドがらライン際を切るというように、逆サイドと
連動して攻撃のきっかけとして使われます。


ですが、これだけでは相手DFに圧迫感を与えられないので、たまには中継ポストの背を向けた状態から
振り向きざまに、ミドルシュートを狙ってみるのも、相手の隙をつけるので良いかもしれません。


いずれにしても、強豪校には戦術理解に優れたポストがいるものなので、オフ・ザ・ボールの際の
理に叶った動きなどを覚えるようにすることが大切でしょう。



勝てる戦術が身につく!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる





ハンドボール上達法 3-2-1DFの攻め方(戦術)

3-2-1DFを攻略するには?

handball25



3-2-1DFの攻め方はどのようにしていますか?
この布陣は、高い位置でバックプレーヤーにあたることが出来るので、強力なロングシュートを
打てるチームを封じることが出来るシステムですね。


3-2-1DFを攻略する一番分かりやすいシンプルな攻め方は、センターがトップを抜くことです。
それが出来れば、人数的に優位になることが出来ます。
また、6-0DFよりディフェンスのスペースが広くなるという欠点があるので、積極的に
カットインをオフェンス側は仕掛けるようにするといいでしょう。


また、ダブルポストになった瞬間にマークミスなどが起こりやすいので、切りの動きから
ノーマークを作れば、3-2-1DFの攻略できます。


例えば、サイドが切ってきた瞬間に相手のフルバックがマークにサイドにきたら、ポストがフリー
になり、DFがマークを変えなくても、ダブルポストでDFのスペースを逆サイドのパスなどで
広げていけば、中央で得点しやすくなりますね。


そして、サイドがポストに移行して第二のポストに入っていく切りの動きが上手く稼働するように
するには、ポストの位置取りが大事になります。
その為、ポストは右バックの中央寄りに位置取りをします。


左サイドが切るなら、右サイドからバックにパスが渡るタイミングで切って行き、バックから
パスをもらうような感じでライン際を切るようにすれば、相手のマークミスを誘えるでしょう。


このようにダブルポストになった瞬間に相手のマークミスが起こりやすいので、そこをを狙うと
良いです。
いずれにしても、ロングシュートは無理なので、バックプレーヤーはカットインに徹する
ことで、サイドプレーヤーとポストの出番がおのずと多くなってきます。


そして、角に両サイドは位置取りをしてスペースを作り、ポストはDFの裏をついてチャンスを
作るようにすれば、ロングシュートが打てなくても組織的動きをすることで、3-2-1DFを攻略する
ことが出来るでしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
3-2-1DFに対しての、ダブルポストや中間ポスト、オフザボールの1:1、チームの戦術
なども分かりやすく解説。


練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる






ハンドボール上達法 第二の速攻

ロングパスが通らない時は別のスペースをつこう!

handball23



速攻が上手く出来ていますか?
実力が拮抗しているチーム同士の試合では、ロングパス1本でワンマン速攻でゴールキーパと
1対1をを作るのは、殆ど決まらないことも多いものですね。


そうなると、サイドの選手が駆け上がっても、相手につかれてロングパスが通らなくなります。
その為、そうした時には、別のスペースを上手く使って攻め込みます。
これが第二段階の速攻(ファーストブレーク)ですね。


このスペースを使う速攻は、ライン際を駆け上がる選手をオトリにして、相手バックプレーヤーを
引きつけて、その空いたスペースに味方のバックプレーヤーが飛び込めば、GKとの1対1を作る
ことが出来ます。


また、空いた中央のスペースをついても、相手に反応されてパスコースをふさがれたら、同じサイドの
バックプレーヤーが中央に走り込んでパスを受けるといったように、お互いが交差するように斜めに
走り込めば、それだけ相手は守りづらくなるものです。



例えば、右サイドプレーヤーが逆側に走り、はじめにボールを持ったバックプレーヤーからパスを
もらってシュートを狙うといったようにします。
ここでのパスは受ける右サイドがタイミングを合わせやすいようにバウンドパスが良いでしょう。


また、ポストプレーヤーはいち早くポストの位置まで走って位置取りして、いつでもパスがもらえる
ようにしておきます。
そうしておけば、相手DFを中央に寄せることもでき、例え、自分のところにパスが来なくても
両サイドにチャンスを作ることができますね。


その為にも、ポストは真っ先に中央に位置取りをすると良いです。
ですが、逆にワンマン速攻より遅くなる分、飛び出しが遅くなったりすると、相手ディフェンスに
つかれてしまうので、攻守の切り替えとスペースを見つけて瞬時に飛び出す判断力が必要です。


とは言え、なかなか難しいので、アメフトのように選手があらかじめ走るコースを決めておくと
良いです。
しかし、あまりにフォーっメーションが多いとチームが混乱するので、基本パターンは2つぐらいに
して、それをチームが徹底するようにして、相手が対応してきたらそれに変化をつけていきましょう。


このように、速攻はまっすぐに走るだけではなく、二次速攻でクロスを交えることで、チャンスも
増えてきます。


いずれにしても、速攻成功のカギを握るのは、サイドの役割が大きいので、身長やテクニックといった
ことよりも、瞬発力やスピードといった素早く動ける機動力、更に事態に応じた判断力が重要に
なるでしょう。


チームの戦術パターンを強化したい方必見!
全国大会レベルの高校が実際にチーム戦術パターンを実演してくれます。

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ