ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

ハンドボール上達法

ハンドボール上達法 バックプレーヤーのシュートでの駆け引き

バックプレイヤーのシュートスキルを磨こう

handball44



バックプレーヤーは攻撃の中心を担い、ポジションを広くとって、ディフェンスラインを
広げたり、常にシュートを狙う役割があります。
当然、前を狙う強さがないと、相手を引きつけられません。


エースならゴールが決まらなくても打ち続ける心の強さも必要ですね。
そして、ディフェンスラインがゴールエリア付近にあり、DFが前に詰めてこず、前に
スペースがある時には、ロングシュートを積極的に狙いたいですね。


ただ、前にスペースがあるからといって、デイフェンスに近づくのは良くありません。
また、味方からパスを受けたら、出来るだけ少ない歩数でシュートを打てば、ブロック
やキーパーのタイミングもずらしやすくなります。


更に、ワンバウンドのロングシュートを狙うのも面白いです。
低めの隅を狙ってボールをはずませて、スライディングしたGKの頭上を越えさせるように
するのです。


ですが、クロスバーを越えないようにしなければいけないので、普段からどれくらいの
前でボールを弾ませるのかを考えて練習しておく必要があります。
例え、きまらなくても前半に1本でも見せておけば、しゃがんでスライディングするのを
躊躇するようになるので、その後の駆け引きが楽になります。


また、右利きのシューターがゴールを狙う時に、DFが流しを消してGKが引っ張りを
受け持つてい場合には、DFのあげた両手にかぶったと見せかけて、肘から先をDFの
腕に巻きつけるようにして引っ張りに打つのも効果的です。


ゴールキーパーは味方が両手をあげてブロックした隙間からボールが見えたら、慌てて
流しに反応することが多いので、引っ張りまで待って打てば、決まりやすいです。
いずれにいても、シュートを状況によって投げ方は変わってくるので、練習に取り組む
中で、多くのパターンを学ぶことが上達し強くなる為には大切でしょう。

強豪校の短期間で上達する練習・指導法
様々なシュートパターンが学べます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 サイドの1対1

サイドの1対1から積極的に仕掛けよう

handball43



サイドプレーヤーの主な役割は、味方が作ってくれたチャンスを確実にゴールを
決めること。
とは言え、それだけでなく、現代のハンドボールでは、自分から仕掛けていける
サイドプレーヤーがいるチームはやはり強いものです。


実際にトップレベルになると、積極的に仕掛けてサイドの1対1からでも切り崩し、
味方を余らせるプレーを見かけます。


これは味方にパスを返す時も、ただ戻すのではなく、仕掛けて対面のDFを引き
つけ寄せてからパスを返すようにすれば、5対5の状況を作ればパスを受けた
バックプレーヤーも動きやすくなります。


また、パスを返す時にも、目の前にいるDFがどのタイミングで目を切るかを
確認しておくと良いです。
というのも、自分の手からボールが離れる寸前に相手が視線を動かすようなら、パス
フェインクに引っかかる可能性が高いからです。


そのような時には、仕掛けてアウトから抜いても良いでしょう。
また、相手に隙があるようなら、サイドからでもステップシュートを狙っても
面白いですね。


この時には、DFの手が上がっていない時が狙い目です。
例え決まらなくても、試合の前半に見せておけば、敵は警戒してくるので、その後の
攻撃(戦術)の幅も広がり、試合展開も優位に進められます。


サイドは。周りに使ってもらうとか、待ちのポジションと言われてきましたが、今の
ハンドボールは自分から仕掛けるサイドが必要です。
サイドシュートはもちろん、フェイントやステップなどのスキルを高めるようにして行きましょう。


強豪校監督が伝授!実践で生きる必勝スキル
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 終盤の接戦での残り1分の使い方

残り1分の使い方が勝負を分けることもある

handball42



ハンドボールで終盤の接戦では、残り1分の使い方(戦術)が大切になることが
あります。
1点差を逃げ切るのか、同点にして延長線に持ち込むのか、色々なパターンがあり
ます。


実際に、1点が取れずに悔しい思いをしたことがある選手やチームも少なくない
のではないでしょうか。


例えば、僅差で負けている場合は、通常通り守っていても勝機は見いだせないので、
全員でマンツーマンについてオールコートプレスでボールを奪いにいっほうがいい
でしょうね。


もちろん、間を抜かれるリスクはありますが、勝ちたいのであればすべきだと思い
ます。
また、7人で攻める場合なら、スペースが狭くなってしまうので、カットインは
避けて、ポストのブロックなどを絡めたロングを狙ったほうが良いでしょう。


と言うのも、残り1分の時点で、どんなに時間を使ったとしても、オフェンスは
30秒くらいが限度になってくるからです。
この時点でタイムアウトを取ったなら、点を取る形はもちろんですが、残り時間の
守り方もしっかり決めておくことが大切です。


逆に僅差で勝っている場合は、時間を確実に使ってプレーすることが大切。
積極的な姿勢が見られないことでとられるパッシブ プレーの寸前になったらゴール
エリアの一歩手前に打って時間を稼ぐことも時には必要です。


勝負の時には、エースにボールを託すことも多くなると思いますが、当然相手も厚く
守ってくるので、これをどのようにして決めるか?
もしくは、チームとしては次の手を考えておく必要があります。


その為、同点、もしくは1点リード・ビハインドの状況を想定して、普段から練習
しておくと良いです。


やはり、残り1分で確実に点が取れるチームは強いです。
なお、試合では常に良い状況でシュートが打てるわけではないので、終盤の疲れた
状態からでも決められるように、フィジカルトレーニングも欠かせません。

バックコートプレーヤー必見!
フィジカルトレーニングからシュート練習とは?

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる

ハンドボール上達法 体の正し使い方が身につくトレーニング

トレーニングで怪我をしない体の正しい使い方を身につけよう




ハンドボールのトレーニングというと何を思い浮かべますか?
殆どの人はパーフォーマンスの向上を期待して筋トレなどをやるのではなかと思います。


「もっと高く跳べるようにしたい」「動きやシュートを速くしたい」「相手に当たり
負けないパワーをつけたい」といった、プレーの質を上げる為のトレーニングを知りたい
ことでしょう。


確かに、筋力トレーニングでプレーが改善されることもありますが、一番の目的は怪我を
しない身体を作ることです。
例えば、良く起こす怪我には、膝の前十字靭帯の損傷があります。


これは膝の外側からステップをした時やジャンプして着地した際などに、ガクッと膝が外れ
たとき起こることが多いです。


主な症状としては、膝に力が入らずぐらぐらしたり、完全に伸びない、正座することが
できなくなったりすることなどがあり、時間の経過とともに膝が腫れて動けなくなることが
あります。


通常は2週間から1ヶ月くらいで症状が改善し、日常生活で支障がなくなりますが、スポーツ
をやると、再びガクッと膝が外れてしまうことが少なくありません。
そのまま運動などを続けていると、軟骨や半月板などの膝のクッションの働きをしている
正常な組織が傷つけられてしまうのです。


足にある程度筋肉をつけておけば防ぐことが出来ますが、やはりまずは体に負担の掛からない
正しい体の使い方を身につけることが先決です。

それでなくても、ハンドボールはスピードや跳躍力、そして激しいボディコンタクトにも負け
ない体の強さが求められ、経験者でも怪我をすることは少なくありません。


昨日今日ハンドボールに興味を持って部活などではじめたばかりの初心者が、正しい体の
使い方をせずに行えば、尚のこと怪我をすることが多くなります。


そんなこともあり、毎年入って来る新入部員の指導で悩まれている顧問の先生方も多いのでは
ないでしょうか。
ですが、初心者が正しい身体の使い方を習得することで、その後の技術向上のスピードも上がり
怪我の軽減にも繋がります。


これは、相手を抜くフェイント動作ひとつとっても、膝と上半身の使い方の連動があり、
正しい体の使い方をすれば、体を痛めることなくよりスムーズに素早い身体の動きに繋がり、
相手を抜き去りシューを決めることも出来るわけです。


何より、故障などをせずに練習や試合をたくさん出来る体があれば、ハンドボールがもっと
上達しますよね。
逆にどんなに運動神経があってセンスがよくても、怪我ばかりしていると、上手くはなれません。


本気でハンドボールが上達したいなら、身体の合理的な使い方についてのトレーニングから
始めるべきでしょう。

ゼロから一流選手を育てるトレーニング方法
習得すれば必ず伸びる指導法満載になっています。

【文化学園大学杉並高等学校ハンドボール部監督 齋藤潤一指導・監修】
ハンドボールの極意の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 アンダーハンドからのシュート

駆け引きの幅を広げるシュートをマスターしよう!

handball41



アンダーハンドからのシュートを上手く使っていますか?
ハンドボールで駆け引きの幅を広げるためには、上ばかりからのシュートだけでは
芸がありません。


そこで相手ディフェンダーの腕を試合中に下げさせる為に織り交ぜたいのがアンダー
ハンドから決める技術です。


そんなアンダーハンドからシュートのやり方は、野球のアンダースローやボウリング
の投球動作と同じように、右腕を振り抜いた時には右足が左後方に流れるようにする
ことで、身体のバランスが保ちやすくなり腕の振りも速くすることが出来ます。


そして、リリースでは、右手を被せるようにして振り切ります。
ステップシュートから行う場合は、DFが両手を上げて両足を開いている時に股間を
狙います。
更に、ディフェンダーの足を広げさせるために、横に一歩踏み込んでて打つのも
効果的です。


一方、ジャンプシュートから行うようなら、上から打つようにみせかけて、DFの
手を上げさせて、空中でアンダーハンドに切り換えて、上下左右に打ち分けるように
すると良いでしょう。


相手キーパーがアンダーハンドを警戒して下に早く動くようになったら、手首を
返して腕をしゃくるようにして上を狙うようにすれば決まりやすいですね。
この時には、手首でこねずに手のひらをボールの下に入れるような感じでしゃくる
ようにすれば、球筋も安定してコントロールしやすくなります。


更に、サイドの選手などが下から逆スピーンを打つ前から、手首を手の甲側に
曲げるようにして、上に浮かせるようなしゃくりのやり方もあります。


いずれにしても、ゴールキーパーがしゃがんでから切り替えるのがポイントに
なります。
特に速攻などの局面では、キーパーと1対1のノーマークシュートになるので、確実に
決められるようにしたいものです。

強豪校の短期間で上達する練習・指導法
ノーマークシュートのコツや練習方法も学べます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達
handball1
ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ