ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

ハンドボール上達法、戦術、速攻

ハンドボール上達法 サイドの1対1

サイドの1対1から積極的に仕掛けよう

handball43



サイドプレーヤーの主な役割は、味方が作ってくれたチャンスを確実にゴールを
決めること。
とは言え、それだけでなく、現代のハンドボールでは、自分から仕掛けていける
サイドプレーヤーがいるチームはやはり強いものです。


実際にトップレベルになると、積極的に仕掛けてサイドの1対1からでも切り崩し、
味方を余らせるプレーを見かけます。


これは味方にパスを返す時も、ただ戻すのではなく、仕掛けて対面のDFを引き
つけ寄せてからパスを返すようにすれば、5対5の状況を作ればパスを受けた
バックプレーヤーも動きやすくなります。


また、パスを返す時にも、目の前にいるDFがどのタイミングで目を切るかを
確認しておくと良いです。
というのも、自分の手からボールが離れる寸前に相手が視線を動かすようなら、パス
フェインクに引っかかる可能性が高いからです。


そのような時には、仕掛けてアウトから抜いても良いでしょう。
また、相手に隙があるようなら、サイドからでもステップシュートを狙っても
面白いですね。


この時には、DFの手が上がっていない時が狙い目です。
例え決まらなくても、試合の前半に見せておけば、敵は警戒してくるので、その後の
攻撃(戦術)の幅も広がり、試合展開も優位に進められます。


サイドは。周りに使ってもらうとか、待ちのポジションと言われてきましたが、今の
ハンドボールは自分から仕掛けるサイドが必要です。
サイドシュートはもちろん、フェイントやステップなどのスキルを高めるようにして行きましょう。


強豪校監督が伝授!実践で生きる必勝スキル
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 終盤の接戦での残り1分の使い方

残り1分の使い方が勝負を分けることもある

handball42



ハンドボールで終盤の接戦では、残り1分の使い方(戦術)が大切になることが
あります。
1点差を逃げ切るのか、同点にして延長線に持ち込むのか、色々なパターンがあり
ます。


実際に、1点が取れずに悔しい思いをしたことがある選手やチームも少なくない
のではないでしょうか。


例えば、僅差で負けている場合は、通常通り守っていても勝機は見いだせないので、
全員でマンツーマンについてオールコートプレスでボールを奪いにいっほうがいい
でしょうね。


もちろん、間を抜かれるリスクはありますが、勝ちたいのであればすべきだと思い
ます。
また、7人で攻める場合なら、スペースが狭くなってしまうので、カットインは
避けて、ポストのブロックなどを絡めたロングを狙ったほうが良いでしょう。


と言うのも、残り1分の時点で、どんなに時間を使ったとしても、オフェンスは
30秒くらいが限度になってくるからです。
この時点でタイムアウトを取ったなら、点を取る形はもちろんですが、残り時間の
守り方もしっかり決めておくことが大切です。


逆に僅差で勝っている場合は、時間を確実に使ってプレーすることが大切。
積極的な姿勢が見られないことでとられるパッシブ プレーの寸前になったらゴール
エリアの一歩手前に打って時間を稼ぐことも時には必要です。


勝負の時には、エースにボールを託すことも多くなると思いますが、当然相手も厚く
守ってくるので、これをどのようにして決めるか?
もしくは、チームとしては次の手を考えておく必要があります。


その為、同点、もしくは1点リード・ビハインドの状況を想定して、普段から練習
しておくと良いです。


やはり、残り1分で確実に点が取れるチームは強いです。
なお、試合では常に良い状況でシュートが打てるわけではないので、終盤の疲れた
状態からでも決められるように、フィジカルトレーニングも欠かせません。

バックコートプレーヤー必見!
フィジカルトレーニングからシュート練習とは?

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる

ハンドボール上達法 外を攻めるスクリーンプレー

外側を攻めるスクリーン攻撃をしょう!

handball24



スクリーンプレーが上手く出来ていますか?
ボールを持たない選手がスクリーン(ブロック)をかけて、味方が動きやすいようにスペース
を作る為の壁になる動きですね。


そして、スクリーンにはフロント、サイド、バックの3通りがあります。
その中でもサイドスクリーンは、2対2の外を攻める動きが最近とても重要視されるように
なってきており、強いチームはしっかり行っているものです。


これまで良く見られた2対2の攻め方は、ポストがディフェンダーの内側にサイドスクリーン
をかけて、バックプレーヤーがDFの間を攻めるというものでした。


確かに、ポストとバックプレーヤーが協力して一人の相手を攻めるのは基本とも言えますが、
2対2を内側からだけ攻めても、DFの技術が進歩した現在ではなかなか決まりません。


その為、パスを出した選手が、自分のマークの外にサイドスクリーンをかけ、パスをもらった
選手が、その外からシュートを狙うわけです。


また、ボールを持った選手が、この後にパスを出して走り込んで自分のマークではないDFの
横に移動してサイドスクリーンをかけます。
そして、パスをもらった選手は2対2の外からシュートを放つようにするのです。


このように外のスペースを上手く使って、3人目を引き寄せるような攻め方(戦術)も試合に
勝つには必要不可欠でしょう。


強豪校監督が伝授!実践で生きる必勝スキル
2:2を攻めるスクリーン攻撃のやり方やコツなども学べます!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 クロスプレー

味方とクロスして相手のマークミスを誘うコンビネーション

handball29



クロスプレーが上手く出来ていますか?
ハンドボールのコンビネーションの基本とも言えるクロスは、2人が交差しながら攻める
動きですね。


パラレルで平行で攻めてばかりいては、相手に対応されてしまうので、味方と交差する
クロスの動きが必要になってくるわけです。


相手ディフェンダーの段差の低い方から仕掛けていき、ボールを持っている選手が間を強く
攻めて2人を寄せてから、スピードに乗って背後を大きくクロスで走り込んできた味方に
パスして、ノーマークを作ります。


DFが前に詰めた瞬間に横に素早くクロスすることが出来れば、相手は追いつくことが出来なく
なりますね。
その為、ぎりぎりまでDFを引きつけて、走り込んで来た背後の味方にバックパスを出すことで、
クロスが成功します。


そして、クロスした選手は利き腕がずれたら、即シュートに行きます。
ただ、前を狙う姿勢を見せないと相手を寄せることが出来ないので、しっかり前を向いて攻める
ことを意識することが大切です。


また、クロスは段差の高い方から仕掛けてしまうと、回り込んですぐにフォローに入られて
しまうので、相手の距離を上手く利用しましょう。
もし相手がクロスを読んでいて詰めてこなければ、パスを出さずに、そのまま自分で攻めて
行きましょう。


なお、バックプレーヤー同士のクロスから相手を崩すバッククロスや、センターがボールを
持ってバックレーヤーと行うセンタークロスなど、相手ディフェンスの状況に応じて戦術
として使うことで、チームの得点力もアップさせることが出来るでしょう。



強豪校監督が伝授!実践で生きる必勝スキル
チーム戦術も学べます!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる


ハンドボール上達法 コンビネーションプレー パラレルの基本

2対2を平行で攻めて、味方を余らせるコンビネーション

handball26



2対2を攻めることが出来ていますか?
一見複雑そうな6対6の攻撃でも、最終的は2、3人の勝負になってくるとも言えますね。


その際の攻めのパターンのコンビネーションプレーとしては、パラレル、クロス、スクリーン
の3通りありますが、ここではまず、2人が平行に攻めるパラレルについて見ていきます。


このコンビネーションは、ディフェンダーラインの段差の高いほうから間を攻めるのが
基本で、守りの2人を寄せて味方を余らせるようにするのが狙いです。


ボールを持っている選手がディフェンダーの間を強く攻めることで、守りの2人を引きつけて、
広くポジションを取っていた味方がノーマークになり、そこにパスをすればフリーでシュート
を打つことが出来るわけです。


また、DFラインが整っていて、2人が平行に守っている場合も有効で、このような時はどちら
から攻めても構いません。
ですが、段差の低い方からパラレルで攻めるのはダメです。


何故なら、いくら段差の高い方のディフェンダーを寄せたとしても、パスを送ると同時に
カバーに行ける距離になってしまうので、余らせたつもりの味方が余らなくなってしまう
のです。
これでは、ノーマークでシュートに行けませんよね。


このようにプレーの要所が分かっていれば、基本的なコンビネーションだけでも、これまで
より相手をずらしやすくなり、チームの得点力がアップするでしょう。


なお、パラレルは基本のコンビネーションの攻める動きですが、以外と見落としているポイント
もあるので、強豪校はどのように2対2を攻めるのか、練習方法などは非常に参考になる筈です。



強豪校の短期間で上達する練習・指導法
横、縦の2対2の攻め方をお教えします!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達
handball1
ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ