ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

ハンドボール上達法、ディフェンス

ハンドボール上達法 2対2のマークチエンジの考え方

マークチエンジの連携ミスをなくそう

handball37



ディフェンスでマークチエンジの連携ミスが多くありませんか?
試合でポストを絡めた2対2を守るには、1人が前に出たらもう1人の選手は後ろに
下がるようにし、2人が平行にならないことですね。


そのようにしておけば、2人とも前に出たり、下がってしまったりすることはなくなる
からです。
そして、ディフェンダーの基本は、自分の体面の相手をマークすることなので、そのまま
ついて行きます。


また、2人のの距離が離れてしまうとマークチェンジが出来ないので、そのまま守ります。
下のDFがブロックされて前に行くことが出来ない時も、苦しくてもそのままで守るように
します。


ですが、上に出られるようなら、マークチェンジしても良いです。
クロスでオフェンスが入ってきたり、前のDFにポストがブロックをかけてきたような時は
チェンジで対応する必要がありますね。


ただ、上のDFは下の状況が分かりにくいので、後ろから声をかけ続けることです。
また、相手サイドが切ってきた時などにはゴールキーパーが声をかければ、ディフェンスも
慌てなくて済みます。


いずれにしても、パターンは「そのまま」と「チェンジ」のの2つだけなので、2対2を
守る考え方をしっかり理解しておけば、全てのディフェンスに応用が利くでしょう。



強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる


ハンドボール上達法 ポストの守り方

周辺視野で全体をとらえて守ろう!

handbal21



ポストを守る時はどのように行っていますか?
もし、大きいポスト相手に力任せに後ろから抱え込むようにディフェンスをしてしまうと、
失点する可能性がかなり高くなりますね。


また、振り回されて退場に追い込まれてしまいかねません。
その為、ポストの守り方の基本は、前で守るようにすることです。
これがコツと言えるかもしれませんね。


例えば、ポストパスが入れられそうな時は、状況の展開を予測してポストの前に回り込んで
ボールをカットしましょう。
このようにしてディフェンスをすれば、体が小さくても相手の動きの先を読み、素早く動く
ことで、大きいポスト相手でも十分に守れます。


また、DFは自分のマークとボールを常に視野にいれておくことが大切ですが、視界には
入っているが直視していない周辺視野でボールを捉えておくようにしておきたいですね。


集中してしまうと、敵に裏に回られるなど、かえって視野が狭くなってしまう
ことが良くあるからです。



また、いいサイドDFほどキョロキョロしているものです。
と言うのも、自分のマークマンとボールが離れていることが多いので、常に首を振りながら
両方を確認しているわけです。


いずれにしても、マークマンの視線などをよく観察するのはもちろんですが、周辺視野で
全体を見るようにして守りましょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 ゴールキーパーのサイドシュートのキーピング

GKはサイドシュートをしっかり止めよう!

handball11



サイドシュートをしっかりキーピング出来ていますか?
ハンドボールのゴールキーパーは、サイドシュートに対しては、シュートを打つ相手に
近い側のポスト寄りで守るのが基本です。


近めを潰して、遠目にも対応出来るようにするのです。
立ち位置の目安は、ゴールポストからボール1個分程度離れた位置にとり、そうすれば、
すぐに体を寄せて対応することも出来ますね。


ただ、この位置取りする時には、ゴールポストに近い方の足から踏み出しましょう。
そうすることで、適切な距離を保ちやすくなります。


また、近目を止める際には、体全体で「く」の字になるように腰を寄せて体で当たりに
行きます。
苦手にしているGKも少なくありませんが、簡単に入れられてしまうと、チーム全体の
ムードも悪くなるので、怖がらずに止めにいくことが大切です。


更に、積極的に前に詰めることも大事です。
ただ、むやみに前に詰めてしまうと、ループシュートを打たれると戻ることが出来なく
なります。


したがって、サイドシュートの時に前に出るタイミングというのは、ループシュートが
打てなくなった瞬間と言えます。
つまり、相手の手首が返った状態なら打っことが出来ないので、ここを見極めて前に
思い切って詰めると良いです。


いずれにしても、ハンドボールのゴールキーパーに大切なのは、根拠のある勇気です。
手足を上げて相手にボールをぶつけられに行くくらいの強い気持ちで、勝負に行き
ましょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる




ハンドボール上達法 速攻の守り方

相手の速攻をしっかり止めよう!

handbal21



短時間で大量失点をしてしまうにとはありませんか?
その原因としては守り方に問題があり、素早く自分の陣営に帰ることが出来ていないからでしょう。


したがって、速攻にしてもセットオフェンスでも、シュートを打って自分の陣営に帰るまでを1セット
と考える必要がありますね。


シュートの結果に一喜一憂して振り回されるのではなく、とにかく全力でディフェンスに戻ることが
先決で、周りの選手も結果を見届けるより前に戻る癖をつけておくことが大切です。


例えば、味方がサイドシュートを打ちに行ったら、その段階でバックプレーヤーは戻るなど、自分に
リバウンドのボールがくる可能性が低い場合は、相手の速攻を防ぐディフェンスを真っ先に考えましょう。


とは言え、相手に背中を向けてわき目をふらずにまっしぐらに戻るのではなく、相手とボールを自分の
目の届く範囲に入れながら戻ることです。


その為には、野球の外野手が後方のフライを見ながら走って追うように、半身の体勢で戻るように
しましょう。
もちろん、後ずさりは戻るのが遅くなるのでダメです。


また、戻りが遅くなった場合は、相手の速攻を遅らせる為に、パスの出どころを妨げて、味方が戻る
時間を稼ぐのもひとつの守り方です。
敵のゴールキーパーの球出しを遅らせるなら、最初にポストが送球を妨げましょう。


また、戻りながら両手を伸ばして、パスコースをふさぐようにするのも効果的ですね。


シュートのリバウンド(跳ね返り)は、サイドシュートなら逆サイドに、中央へのシュートはポスト
周辺に転がってくるので、ルーズボールはポストや逆サイドの選手に任せて、バックプレーヤーは
相手の速攻などに備えて戻ることを急ぐようにすると良いでしょう。



いずれにしても、素早い自分の陣営への戻りとバックチエックが勝敗にも大きく影響してくるので、
普段の練習から、戻ることをセットにして練習し、シュート後にはダッシュで素早く戻ることを
習慣にすると良いでしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる





ハンドボール上達法 ゴールキーパーのセービング

全身を壁にしてシュートコースを潰そう!

handball9



しっかりセービングが出来ていますか?
ハンドボールのゴールキーパーは守りの要であり、体を張ってシュートを止めるのは
もちろん、シューターの動きを良く見てどんなシュートにも対応出来るようになることが
必要でしょう。


また、キーパーのポジショニングによって相手からの見え方は違ってきます。
基本的には、定位置よりは前に詰めた方がスペースが狭くなるので、横の移動が少なくなる分、
セーブできる見込みは高くなります。


例えば、ポストプレーヤーが背を向けてパスを受け取った場合なら、素早く前に詰めゆるようにして
左右の駆け引きをすれば、それだけシュートコースが限られてきますね。


更にサイドをカバーする際は、角度が狭くシュートコースが狭いように見えますが、奥行きの3メートル
が厄介です。
その為、ゴールポストの際に立って片足を上げて両手で壁を作るようにカバーしましょう。


ただ、この時に腰が引けてしまうと手と足の間に反応しにくい空間が出来るの注意が必要です。
またサイドシュートといっても、速攻などで良く見られるラウンドしながら入ってくるものと、奥から
飛び込んでくる2パターンががありますが、ゴールキーパーの対応のやり方は全く違ってきます。


速攻などでは勢いよく走り込んでくる場合は、速さはありますが、角度はそれほど変わらないので
シューターの動きを良く見て、冷静に判断することで対応出来ます。


ですが、奥から飛び込んでくるサイドシュートは、どのタイミングで打ってくるのか分からないので、
前に詰める判断も難しくなるので、足を小刻みに動かしてシューターに常に正対することがコツです。


なお、前に詰める時はループシュートなどでタイミングも外されることもあるので、注意しましょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる




ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ