ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

ハンドボール上達法、パス、コツ

ハンドボール上達法 サイドへの飛ばしパス

飛ばしパスを効果的に使おう

handball45



ハンドボールでサイドの状況を見て、ノ―マークの味方に通すのに有効なのが
飛ばしパス。
これはクロスアタック対策にもなりますね。


例えば、左側の3対3の状況で、2枚目と3枚目がセンターを守りにきたとし
ましょう。
そのような場合には、この時点で他に数的な優位な場所があることが分かる筈です。


そして、左バックに対して、1枚目のデイフェンダーがクロスアタックで詰めて
きた時には、センターは左バックを経由せずに左サイドへ飛ばしパスを出すこと
で、ノーマークの味方にボールを送れるようになれるわけです。


また、豊富な運動量があり、フットワークの優れたトップDFが前に出てパス回しに
圧力をかけくる5-1DFシステムの場合も、飛ばしパスは有効ですね。
チームによっては、トップDFに身長が高く、リーチの長い選手を置いたりして、
パス回しのリズムを崩そうとしてきたり、ロングシュートを打たれにくくさせるなど、
バリエーションも多いものです。


ですが、下の5人はゾーンで守るようになり、6-0DFよりもスペースが広いので
間を割りやすいものです。
そこで、左と右バックで飛びパスを使えば、広い5対5を攻めることで、それだけ
得点もとりやすくなる筈です。


ただ、フリーの状態でパスを味方が待っていても、捕りにくいところにパスが来たら
チャンスも失われてしまうので、受け手が次のプレーに移行しやすいように、正確で速い
パスを送れるかどうかです。


日頃からそうしたことを意識して練習をしていれば、試合で必ず生きてくるでしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
5-1ディフェンスの攻め方も学べます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる


ハンドボール上達法 バックプレーヤはパス技術も不可欠

バックプレーヤはパスの技術も磨こう!

handball40



ポジションチェンジが頻繁に行われる今のハンドボール。
そんなこともありバックプレーヤーは、パスがさばけてシュートが打て、左右の
どちらの方向からでも切れ込めるようにしておきたいものですね。


これは例えエースでも同様で、闇雲にシュートを打つのではなく、パスが上手く
さばけて、センターからでも打てるような選手を目指すことが大切です。


また、時にはサイドプレーヤーやポストにアシストもします。
自分一人でゴールを狙うことも出来ますが、味方を活かしたコンビネーション
プレーをするなど、その時々の状況によって判断し、一番良い方法を選択して
いく力が求められます。


特にバックプレーヤからポストへのパスは直接得点に結びつくので、この
テクニックをしっかり出来るようにしておくことがチームの勝利に大きく
影響してきます。


というのも、ポストシュートがどんな試合でも成功率が一番高い傾向がある
からです。
当然、相手ディフェンダーも警戒しているので、ポストと息を合わせてこれを
突破しなければいけません。


また、ミドルからのロングシュートを狙う技術も必要になるので、そこで活かせる
パス技術が、相手の顔や体の横、頭の上を通すものや、バックやフック、更には
DFの股の下を狙ったバウンドパスなどを上手く使い分けて、ポストに繋げましょう。


更に、サイドへのパスもディフェンスを寄せてオープンスペースを作り、シュートに
繋がるいいパスを出すことが欠かせません。


試合では、相手ディフェンスやパスを送りたい味方の位置など、様々な状況に応じて
複数のパスを使い分け、厳しい試合状況でも優位に立てるシュートチャンス作れるよう
に練習していきましょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる


ハンドボール上達法 ジャンピングパスのコツ

高く跳んでシュートに見せかけてパスを出す!

handball36



ジャンピングパスが出来ますか?
勢いよく跳び上がって高い位置から出すパスで、ディフェンダーを避けることが
出来ますね。


相手のマークを外したい時や、ディフェンダーを引きつけてパスを出した時などに使うと
効果的です。
ただ、ジャンプする前にあらかじめ味方の位置を確認しておくことが大切です。


そうしないと、フリーの味方が見つからずにそのまま着地するようになってしまい、オーバー
ステップになったり、、苦し紛れに出したパスを奪われる危険が高くなるからです。


また、勢いよく高く跳び上がるには、ジャンプする際に踏み切る足の逆の足を高く上げ
て勢いをつけることがコツです。


そして、相手にシュート見せかけて、DFの手が届かないところからフリの味方にパスを
します。


いずれにしても、ハンドボールで最も基本とも言えるパス技術は、正確でスピーディさが、
勝利の必須条件です。
それが味方のシュートチャンスを作り出すことに繋がります。


いずれにしても、試合で起こりうる様々な状況に対応できるように、色々な種類のパスを
しっかりと身につけましょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる


ハンドボール上達法 速攻時のパス

速攻時のパスはボールを奪ったら瞬時に出そう!

handball29



速攻が思うように決まらないという悩みはありませんか?
相手ディフェンダーが戻りきらないうちに、ゴールまで一気に攻め込む速攻は、得点を
とれる可能性が高く、ハンドボールには非常に有効な戦術と言えますね。


そんな速攻時のパスは、チャンスが生まれたら走りながら、フリーの選手を探して
投げるパスと、味方を速攻に走らせるパスがあります。


走りながらのパスの投げ方は、通常のオーバーハンドと同じですが、走りながら横を
向いて投げるようになるので、重心が流れやすくなるので、狙ったところに正確に出す
ことが難しくなります。


その為、下半身がぶれないように重心を安定させて、上半身の回転でパスを投げるのが
コツです。
また、言うまでもないと思いますが、味方が取りやすい位置にボールを投げることも
欠かせませんね。


更に、速攻の好機に、判断良く飛びだした味方がいれば、瞬時にパスを出さなければ
いけません。
その際には、味方の走るスピードと相手ディフェンダーとの距離を考えて、山なりや
真っ直ぐの伸びのあるパスを送りましょう。


瞬発力があって抜群に飛び出しの速い選手がいるなら、前にパスを出して、それを追い
かけさせるのも非常に有効です。
ボールにスピードがあればそれだけ難易度はあがりますが、通れば一気にワンマン速攻に
繋がりますね。


ただ、ゴールキーパーがカットを狙って飛び出してきている場合もあるので、GKの
動きにも注意を払っておく必要があります。


いずれににしても、速攻のパスは素早い判断と、正確なパスが要求され、タイミングが
大切になるので、一つ一つのテクニックのレベルアップを行って、チームとしての総合的
スキルを上げることが大切でしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
速攻などの戦術が決まらないチーム必見!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 クロスプレーのコツ

息の合った連係プレーで強いチームになろう!

クロスプレーが上手く出来ていますか?
まずは、下記から動画をご覧下さい。↓↓




クロスは、バックプレーヤーが味方と交差しながら攻撃をしかける連係プレーですね。
ディフェンスラインが下がっていて、尚且つ、相手のデイフェンダー2人に段差がある場合に
効果的です。


どちらにしても、パラレル(平行)で攻めてばかりいても、対応されてしまうので味方とクロスする
動きが必要になってくるのです。


そんなクロスプレーのコツとも言うべき意識するポイントは、動画にもあるように前をしっかり
向いて攻めることです。

ボールを持つているバックプレーヤーがスピードに乗って攻め込んでディフェンダーを引き付けて、
そのタイミングを見はからって、もう一人の選手がスピードに乗って走り込み交差します。


ボールを持っている選手は自分の後ろに置くようなバックパスでボール渡しますが、このパスが
長くなると、それだけコンビネーションが合わせにくくなるので注意してください。


また、この時にDFをギリギリまで引き付けてからパスを出して、素早くクロスが出来れば、相手は
追いつくことが出来ませんね
その為、パスはもちろん、走り込んで来る速さも大切になります。


そしてパスを受けた選手は、マークを振り切って、スピーディにシュートまで持っていくように
しましょう。


いずれにしても、相手DFが寄ってきたらパスを出し、来なければ自分に行くというように、相手を
見て判断することです。


弱小チームはやっていない!強豪高校の指導者が指導している
連携プレイ練習法とは?

バックプレイヤーとラインプレイヤーの2対2 攻撃、サイド 3対2 他、様々な
パターン練習をお見せします。


練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ