ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

ハンドボール上達法、パス、コツ

ハンドボール上達法 速攻時のパス

速攻時のパスはボールを奪ったら瞬時に出そう!

handball29



速攻が思うように決まらないという悩みはありませんか?
相手ディフェンダーが戻りきらないうちに、ゴールまで一気に攻め込む速攻は、得点を
とれる可能性が高く、ハンドボールには非常に有効な戦術と言えますね。


そんな速攻時のパスは、チャンスが生まれたら走りながら、フリーの選手を探して
投げるパスと、味方を速攻に走らせるパスがあります。


走りながらのパスの投げ方は、通常のオーバーハンドと同じですが、走りながら横を
向いて投げるようになるので、重心が流れやすくなるので、狙ったところに正確に出す
ことが難しくなります。


その為、下半身がぶれないように重心を安定させて、上半身の回転でパスを投げるのが
コツです。
また、言うまでもないと思いますが、味方が取りやすい位置にボールを投げることも
欠かせませんね。


更に、速攻の好機に、判断良く飛びだした味方がいれば、瞬時にパスを出さなければ
いけません。
その際には、味方の走るスピードと相手ディフェンダーとの距離を考えて、山なりや
真っ直ぐの伸びのあるパスを送りましょう。


瞬発力があって抜群に飛び出しの速い選手がいるなら、前にパスを出して、それを追い
かけさせるのも非常に有効です。
ボールにスピードがあればそれだけ難易度はあがりますが、通れば一気にワンマン速攻に
繋がりますね。


ただ、ゴールキーパーがカットを狙って飛び出してきている場合もあるので、GKの
動きにも注意を払っておく必要があります。


いずれににしても、速攻のパスは素早い判断と、正確なパスが要求され、タイミングが
大切になるので、一つ一つのテクニックのレベルアップを行って、チームとしての総合的
スキルを上げることが大切でしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
速攻などの戦術が決まらないチーム必見!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 クロスプレーのコツ

息の合った連係プレーで強いチームになろう!

クロスプレーが上手く出来ていますか?
まずは、下記から動画をご覧下さい。↓↓




クロスは、バックプレーヤーが味方と交差しながら攻撃をしかける連係プレーですね。
ディフェンスラインが下がっていて、尚且つ、相手のデイフェンダー2人に段差がある場合に
効果的です。


どちらにしても、パラレル(平行)で攻めてばかりいても、対応されてしまうので味方とクロスする
動きが必要になってくるのです。


そんなクロスプレーのコツとも言うべき意識するポイントは、動画にもあるように前をしっかり
向いて攻めることです。

ボールを持つているバックプレーヤーがスピードに乗って攻め込んでディフェンダーを引き付けて、
そのタイミングを見はからって、もう一人の選手がスピードに乗って走り込み交差します。


ボールを持っている選手は自分の後ろに置くようなバックパスでボール渡しますが、このパスが
長くなると、それだけコンビネーションが合わせにくくなるので注意してください。


また、この時にDFをギリギリまで引き付けてからパスを出して、素早くクロスが出来れば、相手は
追いつくことが出来ませんね
その為、パスはもちろん、走り込んで来る速さも大切になります。


そしてパスを受けた選手は、マークを振り切って、スピーディにシュートまで持っていくように
しましょう。


いずれにしても、相手DFが寄ってきたらパスを出し、来なければ自分に行くというように、相手を
見て判断することです。


弱小チームはやっていない!強豪高校の指導者が指導している
連携プレイ練習法とは?

バックプレイヤーとラインプレイヤーの2対2 攻撃、サイド 3対2 他、様々な
パターン練習をお見せします。


練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 タップパスのやり方

パスワークの流れと方向を変えて、ディフェンスの意表をつこう!

handball28



タップパスが上手く出来ますか?
ボールをキャッチしたところから、素早くボールを押し出すようにするのがタップパスですね。


ボールをキャッチしてから、味方にパスするまでの時間が短いのでパス回しの展開を早くできる
ので、相手のプレッシャーを受けないようにすることも出来ます。


また、相手の意表もつけるのでポストやサイドへの攻撃展開も広げやすくなります。
そしてこのタップパスは、ボールをキャッチする前に味方の位置を把握しておくことが大切
になります。


そんなタップパスは、ボールを瞬時にさばけるように、手のひらに乗せるような感じでキャッチ
し、素早く押し出すように投げのがコツで、コントロールはリリースで調整するようにしましょう。
また、左右どちらの方向にも投げれるようにしておくと、試合でもより役に立ちますね。。


更に、難易度は上がりますが、パスキャッチする時に、ジャンプして空中でパスの方向を変える
ようにすれば、相手ディフェンダーを回避することが出来るので、非常に効果的なパスになるでしょう。


ただ、ジャンプしながら高い位置で正確にキャッチして、味方のいる位置にコントロールしなければ
いけないので、それだけ難しい技術になるので反復練習が欠かせないでしょう。


そんなジャンプしてタップパスのやり方の一連の流れとしては、ボールの軌道を良く見て、高く跳んで
ボールをキャッチし、キャッチと同時に肩越しに味方にパスを出します。
空中の動作でパスを正確にコントロールします。


いずれにしても、ハンドボールには、ボールを持ってから3秒以内に離さないといけないという
ルールがあることから、最も多用され、バリエーションも豊富なパス技術は、確実に習得して
おくことが必要でしょう。



強豪校監督が伝授!実践で生きる必勝スキル
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる




ハンドボール上達法 ゴールキーパー(GK)の速攻のパス

GKの素早いパス一本で速攻が決まる!

handball23



ゴールキーパーは、速攻のパス出しの起点となるので、如何に素早い球出しをするかが、
速攻の成否に大きく影響してきますね。


その為、味方を見つける判断の速さと正確なスローイングが必要不可欠でしょう。
そして、味方の速攻になったら、フリーの味方がどこにいるのか遠くから探していき、1本のパスで
速攻が決まりそうなところを探し、次第に手前へと視線を移していきます。


当然、キーパーがどこにパスを出すか判断に迷って遅くなるほど、速攻のチャンスがなくなってきます。
したがって、チーム内で速攻で走る位置を共有しあっておけば、ある程度見方がどこにいるのか、予想が
つき判断もしやすくなりますね。


また、味方が速攻でフリーで走っているなら、ストレートの速いパスを通すことで、テンポよく速攻が
出来るようになるのです。


ただ、味方が相手ディフェンダーと競いあっている場合は、そこに直接パスを通そうとすると、相手に
パスカットされる恐れが高くなるので、そういう時は山なりに頭上を越えるようなパスを出して、味方を
前に走らせるようにすると良いでしょう。


この時は、ノーバウンド、もしくはワンバウンドで味方が捕れるように、通常のスローイングと
同じように投げます。


いずれにしても、ハンドボールの上手いGKとなると相手のシュートを止めてから、ボールを拾うまでの
間で、どのようにするか速攻の判断をします。
ボールを止めてからすぐならワンマン速攻、ボールを拾うまでに時間が数秒かかって遅くなるようなら
二次速攻になるでしょう。


なお、速攻が上手く出来ないようなら、まずは、ワンパスからの速攻を練習して、GKはスローイングが
上手く狙ったところに出せるように距離感などを掴んでおくことが大切です。
また、試合と同じようにDFを必ずつけて、相手と競いあう状況下で行うようにしましょう。


速攻が上手く決まらないようなら必見です!
強豪が実践する得点がとれる練習方法が学べます。

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 プッシュパスのコツ

敵が密集したエリアで使うと効果的な力強いパス

handball28



プッシュパスが上手く出来ていますか?
このパスは、反動をつけるために腕を後ろに引く動作であるテイクバックをほとんどせず、
胸から押し出すようにボールを投げるので、パスモーションが小さくて済むのが特徴。


その為、ハンドボールの試合でも多用され、密集した状況で、相手のボールを取られないように
保持しながら正確な力強いパスを出すのに効果的ですね。


例えば、敵が密集したエリアで、相手ディフェンダーをフェイントで2人以上引きつけた後に
ノーマークの味方に速くて強いパスを出せば、決定的なアシストパスになります。


また、パスを投げるときは、親指と小指でボールを握り、残りの人差し指と中指、薬指の3本の
指でパスの強さや速さ、回転などを調節しますが、プッシュパスでも手首のスナップを利かせて
ボールを切るようにして逆回転を掛ければ、少しくらい遠い味方にも受けやすい正確なパスを
投げることが出来るでしょう。


そんなプッシュパスの仕方は、右手で投げるなら逆の左足を軽く前に踏み出し構えます。
重心はほとんど動かさないで、右腕を胸のあたりまで軽く引きます。
この時に腕を後ろに振り上げるティクバックはせずに、ワンハンド(右手)でしっかり握ったボーを
胸の前に持ってきます。


そして、胸の前から、ボールを前に押し出すように投げます。
手首のスナップを利かせればより強い正確なボールを味方に送れます。


ハンドボールのルールでは、ボールを持ってから3秒以内に離さなくてはいけないことから、パス
は試合で最も多く使われ、個人のパススキルが上がれば、チームも強くなります、

その為には、コツを知って出来るだけバリエーション豊富なパス技術を確実に身につけることが
大切でしょう。


お勧めのパス・バックステップの練習方法に
工夫をしたシュート練習をお教えします!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ