ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

ハンドボール上達法、キャッチ

ハンドボール上達法 キャッチの基本

キャッチの基本が出来ていますか?
ハンドボールが上達するには、正しいキャッチが出来てこそシュートもパスも
上手くなるものですね。

handball5



ハンドボールのキャッチは、基本的には両手を使って行いますが、同じ方向から
くるものはなく、パスにも様々な種類があります。


ボールの回転にしても縦回転や変則的な回転がかってくる変化球などもありますし、
ボールのスピードの強弱、長短のパスなど、展開やその時の場面で様々な
パスが飛んできます。


いずれにしても、どんなボールが来ても、全力でキャッチしなければいけません。
そして、密集しているところで、ポストマンが難しいパスに対応でき、全速力で
走りながらキーパーからのロングパスを受け取り、速攻でシュートがきまると、
試合の流れが変わり、チームに勢いがついてくるものです。


この様にハンドボールは、ひとつのパスやキャッチが試合の流れを変えて、勝利に
繋がることも少なくありません。


したがって、キャッチは、ハンドボールの全ての基本とも言えます。
そして、まずは顔の正面のやや低めに両手を出し、親指を「ハ」の字を作るように
構えて、ボールを掴むように手を軽く広げます。(この時に手と肘の力を抜くように
します。)


そして、ボールを捕球すると同時に、ボールの勢いを抑える為に、その状態のまま
身体にボールを引き寄せるようにキャッチします。


あくまで手のひらで受けるのではなく、初めはボールを胸に引きつけるようにする方が
取りやすいですが、指先で抵抗なく捕球できるようになれるようにすることが大切です。



そいて、確実にキャッチできるようになったら、そのまま肩に持ってきて、投球動作に
移れるようにしましょう。


少ない時間で効率よく上達できる練習方法!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる






ハンドボール上達法 片手キャッチ

片手キャッチで確実に得点をとれる形を増やそう!

handball29



片手キャッチが上手く出来ますか?
特にポストなら、ディフェンダーに邪魔されない場所でボールを片手でキャッチ、そのまま
シュートに持ち込めば得点になる可能性が高まるので、プレーの幅が広がってきますね。


たた、その際のポストパスはワンバウンドでポストに届くようにするよりも、ゴールエリアの
奥行きを上手く使う為にも、40~50センチ程度奥にボールを弾ませるようにすれば、ポストが
ゴールエリアの空間を利用して奥行きのあるポストプレーが出来るようになります。


その為には、ポストは良い位置取りをし、体をライン際に入れて相手ディフェンダーに妨害され
ないように片手で相手を押さえて、もう一方の手でワンハンドキャッチします。


そして、片手でキャッチしたら、そのままシュートに持ち込みます。
もし体勢が苦しいようなら、もう片方の手を添えて行えば良いでしょう。


いずれにしても、少しでも早くシュート体勢に入れば、相手に妨害されても7mスローになる
場合も高くなりますね。


この片手パスはポストはもちろんですが、他の選手も普段のキャッチボールから、左右両方での
キャッチの練習をしておきましょう。
また、それに加え、利き手とは反対の手でシュートの練習をしておけば、相手との競い合いで体の
バランスが崩れたときなどにも使え、シュートの得点率も上がるでしょう。


なお、片手キャッチは、ボールを迎えにいくのではなく、パスの軌道に合わせて腕を引いて、
ボールの勢いを吸収するようにキャッチするのがコツです。



強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる








ハンドボール上達法 キャッチングのコツ

キャッチングのレベルを高めよう!

handball28



キャッチングが上手く出来ていますか?
ハンドボールでは速いパスワークが行われるので、キャッチングの技術は基本中の基本ですね。


何より正確なキャッチング技術があれば、相手よりシュート、フェイント、パスなどの次の
プレーに速く移れ、得点チャンスを広げることが出来ます。
そして、キャッチングは手だけではなく、体全体で行う意識を持って行う事が大切です。


ボールをキャッチングする時は、向かってくるボールに手のひらを向けてキャッチングするのが
基本で、ボールの勢いを吸収出来るように肘に余裕を持たせるようにします。
正面のキャッチングなら、脇を締めるのではなく、少し開くようにするのがキャッチングのコツです。


そうすることで胸にボールを引き寄せる動作がスムーズに出来て、ボールの勢いを吸収しやすく
なるんですね。


また、高い位置でのキャッチするなら、パスコースに入り、ボールの高さに合わせて両手を出して、
体の少し前で両手で同時にボーるを受けとめるようにします。
そうすることで腕のしなりが使え、キャツチと同時に腕を後方に引くようにすればボールの勢いが
吸収出来ます。


また、難しいバウンドパスなどの低い位置でのキャッチングも、高い位置でのキャッチングと同じ
ようにパスコースに必ず入り、両手同時にキャッチします。
この時に、腰をしっかり落として膝に柔軟性を持たせます。


そして、少し肘に余裕を持たせて体のやや前で両手同時に受けとめ、ボールのスピードを和らげる
ようにして確実にとります。
特に強いボール受けとめる時は、手の後ろに左右どちらかの足を添えるようにしてとれば、太ももで
ボールの後逸を防ぐことも出来ますね。


ただ膝から下にボールが当たるとキックの反則をとられてしまいますが、太ももならボールが当たって
も反則を取られることはありません。


必ずレギュラーになりたい人必見!
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 キャッチ 投げる体勢でのキャツチ

難易度の高いキャッチをマスターしよう!

handball25



ボールを確実にキャッチングが出来るようになったら、次のプレーへ移る準備をしながら
キャッチし、より短時間で次のプレーが出来るようにしたいものですね。
そうすることで、チャンスを広げることが出来ます。


そんな難易度があがりますが、マスターしておきたいのが、投げる体勢でのキャッチングです。
通常のキャッチは両足を床につけて、パスコースに体の正面を向けてキャッチしますが、それを
横向きになり、投げられる体勢をとりながらボールをキャッチします。


そうすることで、キャッチと同時に腕の反動を使って投げる動作に移行でき、少ないモーションで
次のプレーに入れ、チャンスをものにしやすくなるのです。


そんな投げる体勢でのキャッチングのやり方は、パスが来るコースに利き腕側がくるように移動
させて投げる次のプレーへの準備をし、同時にキャッチの動作に移ります。


キャッチしたと同時に投げる動作に入り、ボールの勢いを吸収するように腕を後ろに引く
ようにすれば、おのずとティクバックの体勢になります。
そして、前側の足に重心をかけてボールを投げます。


このようにすれば、普通の正面でのキャッチのステップを踏んでからキャッチしてスローする
場合と比べると、モーションが少なくて済み、それだけ次のプレーに早く移れることで、相手
ディフェンスを崩せやすくなるでしょう。



強豪校監督が伝授!実践で生きる必勝スキル
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる




ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ