ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

ハンドボール上達法、ポスト、スキル

ハンドボール上達法 外を攻めるスクリーンプレー

外側を攻めるスクリーン攻撃をしょう!

handball24



スクリーンプレーが上手く出来ていますか?
ボールを持たない選手がスクリーン(ブロック)をかけて、味方が動きやすいようにスペース
を作る為の壁になる動きですね。


そして、スクリーンにはフロント、サイド、バックの3通りがあります。
その中でもサイドスクリーンは、2対2の外を攻める動きが最近とても重要視されるように
なってきており、強いチームはしっかり行っているものです。


これまで良く見られた2対2の攻め方は、ポストがディフェンダーの内側にサイドスクリーン
をかけて、バックプレーヤーがDFの間を攻めるというものでした。


確かに、ポストとバックプレーヤーが協力して一人の相手を攻めるのは基本とも言えますが、
2対2を内側からだけ攻めても、DFの技術が進歩した現在ではなかなか決まりません。


その為、パスを出した選手が、自分のマークの外にサイドスクリーンをかけ、パスをもらった
選手が、その外からシュートを狙うわけです。


また、ボールを持った選手が、この後にパスを出して走り込んで自分のマークではないDFの
横に移動してサイドスクリーンをかけます。
そして、パスをもらった選手は2対2の外からシュートを放つようにするのです。


このように外のスペースを上手く使って、3人目を引き寄せるような攻め方(戦術)も試合に
勝つには必要不可欠でしょう。


強豪校監督が伝授!実践で生きる必勝スキル
2:2を攻めるスクリーン攻撃のやり方やコツなども学べます!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 ブロックのやり方

壁を作って味方のチャンスを演出しよう!

handbal20



相手の動きを壁になって止め、チャンスを作るのがブロックプレーですね。
主にポストの役目ですが、試合の流れの中で他の選手も求められるので、ブロックのやり方を
覚えておきましょう。


そんなブロックのやり方としては、横と縦がありますが、まずはどこにスペースを作れば味方が
攻撃しやすいか、ポストなどのブロックをかける選手は考えておく必要があります。


そして、横ブロックなら、ディフェンダーの横に入り、相手と足が揃わないようにDFに対して
垂直になるように両足を構えます。
このようにすることで、自分の身体が壁になり、相手はボールに近寄ることが出来なくなり、
味方のシュートスペースが生まれます。


一方、縦ブロックなら、DFが味方のシュートしている選手に集中している隙に、相手の視野外
から入って前ブロックをかけます。


相手は前の動きを押さえられているので、前に詰め寄ることができず、ノーマークでシュートを
打てるチャンスを作ることが出来ますね。
ですが、この時に攻撃の選手が、自分からぶっかりにいったり、押したりするとファールを
とられたりするので注意しましょう。


また、このブロックプレーも、コンビネーションが大切です。
1人ひとりがバラバラに動いていては、上手くいきません。お互いの動きが連動しているから
相手ディフェンダーを崩せるのです。


その為にも、各選手が自分の役割を理解して、自分がこう動けば、相手DFはこちらについて
動く、するとそこにスペースできるから、最終的にはそこでシュートを打てば得点がとれる
というような流れを把握しておくことが大切でしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 片手キャッチからのシュート

片手キャッチを活かしたトップスピードのままシュー

handbal20



ポストプレーヤーなら、片手キャツチを活かして、トップスピードのままシュートへ持ち込み
たいですね。


例えば、片手キャッチから、ボールを持ちかえてからシュートするなら、走りながら味方からの
ボールを左手で片手キャッチし、そのボールを利き手の右手に持ちかえます。


スピードに乗ったままシュート体勢に入り、タイミングを合わせてステップを踏んで高くジャンプ
してコースを狙ってシュートを打ちます。
この時はフォロースルーも大きく取るようにします。


また、片手キャッチ後にワンドリブル入れるのも良いですね。
速攻などで片手キャツチからワンドリブル入れてシュートする場合なら、相手のいないフリースペースに
バウンドパスされたボールに走り込んで片手キャッチをし、キャッチしたボールを弾いてバウンドさせて
、その間に体勢を整えます。


この時には走るスピードは落とさなようにします。
そして、ボールを両手で掴み、スピードに乗ったままタイミングを合わせて利き手に持ちかえて
ティークバックをしてシュートを打てる体勢に入ります。。


出来るだけ走り込んんできた勢いを活かしながら、フォロースルも大きくとって、ボールにスピード
とパワーを伝えてシュートを打ちます。


いずれにしても、ポストならプレーの幅が広がりますし、その他の選手も体から離れたところで
キャッチでき、シュートなどの次のプレーに滑らかに移れる片手キャッチは、個々のパーフォー
マンスを上げるには是非身につけておきたいテクニックでしょう。



勝つためのノーマークシュートにもっていく最も効果的な
トレーニングをお教えします!

ステップシュート、ジャンプシュート、サイドシュートそしてポストシュートなど、順を追って
分かりやすく映像で解説してあります。
個人テクニックと戦術をマスターして下さい。


練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる




ハンドボール上達法 ポストの動き方とシュート

チャンスを生かすポストになろう!

handbal20



ハンドボールにおいてチームの得点力アップは、ポストに能力の高い選手がいるか
に掛かっているとも言えますね。
その為、ポストへのパスは攻撃面でとても重要です。


そして、ポストは攻撃の起点となる動き方が求められ、常に相手ディフェンダーを背負った
プレツシャーの中で攻撃の起点となる味方のパスを受けたり、それを返したりとそこからの展開や、
リターンパスを受けてシュートを決めることが求められます。


また、自らオトリになって相手をかく乱したりなど、ポストは相手DFのマークがきつく、激しい
ボディコンタクトなどもあることから、割と体格に恵まれた選手が担う場合が多いです。


特に、ゴール近くで相手のマークが薄い時はシュートを打てるスキル(テクニック)が必要不可欠
でしょう。
その為には、パスを受ける位置取りや、その後の動き、シュートの決定力を磨くことが大切です。


そしてポストシュートは、ゴールを背に向けてパスをもらって、利き腕が右なら反時計回りに
ターンしてシュートすることが多いですが、相手に動きを読まれてしまいやすいので、反対側の
ターンが出来るようにして的を絞らせないようにしておくと良いですね。



ターンで反時計回りに逆回転する時は、軸足とある右足の親指の付け根を軸にしてジャンプして、
ターンしながら空中で打ちます。
着地してからだとラインクロスになりやすいからです。


いずれにしても、左右両方にターンシュートが出来るようになれば、DFのプレッシャーの
かからない方へシュートが打てるようになるので、圧倒的に優位になれるでしょう。



また、ターン時にゴールから遠ざかってしまうと、それだけシュートの成功率が悪くなって
しまうので、出来るだけゴールに近づくようにしましょう。


なお、背後にDFがいる場合ならターンしない方に一度踏み込んでフェイントをかけて、片方に
DFを寄せてから、反対側にターンすると、相手DFから離れやすくなりシュートが打ちやすく
なるでしょう。


ポストスキルがアップするコツと練習方法をお教えします!
ポストシュートの基本から、飛び方、方向、ピポット、フィジカルトレーニング、要低キャッチ
からのシュートなど、実戦で使えるポストスキルが身につきます。


練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



check
チームの中心として極めて重要な役割を担うポストプレイヤーに絞った上達法
ハンドボール界のスーパースター宮崎大輔さんも推薦!
こちらもおススメです。↓↓





ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ