ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

2018年01月

ハンドボール上達法 バックプレーヤはパス技術も不可欠

バックプレーヤはパスの技術も磨こう!

handball40



ポジションチェンジが頻繁に行われる今のハンドボール。
そんなこともありバックプレーヤーは、パスがさばけてシュートが打て、左右の
どちらの方向からでも切れ込めるようにしておきたいものですね。


これは例えエースでも同様で、闇雲にシュートを打つのではなく、パスが上手く
さばけて、センターからでも打てるような選手を目指すことが大切です。


また、時にはサイドプレーヤーやポストにアシストもします。
自分一人でゴールを狙うことも出来ますが、味方を活かしたコンビネーション
プレーをするなど、その時々の状況によって判断し、一番良い方法を選択して
いく力が求められます。


特にバックプレーヤからポストへのパスは直接得点に結びつくので、この
テクニックをしっかり出来るようにしておくことがチームの勝利に大きく
影響してきます。


というのも、ポストシュートがどんな試合でも成功率が一番高い傾向がある
からです。
当然、相手ディフェンダーも警戒しているので、ポストと息を合わせてこれを
突破しなければいけません。


また、ミドルからのロングシュートを狙う技術も必要になるので、そこで活かせる
パス技術が、相手の顔や体の横、頭の上を通すものや、バックやフック、更には
DFの股の下を狙ったバウンドパスなどを上手く使い分けて、ポストに繋げましょう。


更に、サイドへのパスもディフェンスを寄せてオープンスペースを作り、シュートに
繋がるいいパスを出すことが欠かせません。


試合では、相手ディフェンスやパスを送りたい味方の位置など、様々な状況に応じて
複数のパスを使い分け、厳しい試合状況でも優位に立てるシュートチャンス作れるよう
に練習していきましょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる


ハンドボール上達法 大会(試合)前の練習

大会前に一番練習にかける部分とは?

handball30



大会(試合)前にどんな練習をしていますか?
ハンドボールは練習内容によって、個人の技術はもちろん、チームの強化に
大きく影響してきますね。


これは時間をかけても力がつかない選手やチームもあれば、短い時間でも
効率よく上達して強くなるチームもあります。


どの練習に時間をかけるのが効率的なのかは難しいテーマですが、やはり
試合の中でも多く使われる攻撃パターンを取り入れて行く方法が効果的で
しょうね。


そして、全国大会常連の強豪などの練習方法をみるとやはり違う気がします。
これは種目は違いますが、以前にバスケで全国大会で何度も優勝している指導者の、
インターハイ10日前くらい前の練習をみて驚いたことがあります。


それは、長時間に渡ってカットインからのシュート繰り返していたんです。
これを見て、ハッとした覚えがあります。


ハンドボールでも大会前に6対6の攻防線ばかりして、安心してはいけない
ということです。
もちろん練習試合も大切ですが、その中には無駄なこともありますし、何試合も続ける
と疲労も溜まってしまいますよね。


まずは、ディフェンスを置いてコンビプレーなどに時間を割き、シュートに繋がる
練習を多く取り入れるべきでしょう。


そして、強いチームとマッチして問題点などの出来ていない部分を修正していく
ようにすれば、より大きな効果が期待出来ると思います。


いずれにしても、強いチームはどのような練習をしているのか、それを知ることは
個人スキル、しいては今後のチームを強化する上での参考になるでしょう。

強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 7mスローの駆け引き

7mスローのセオリーとは?

handball27



ハンドボールで7mスローを決めるには、ゴールキーパーとの駆け引きが
大切になりますね。


打ち方は人それぞれですが、駆け引きのセオリーはあります。
もちろん絶対というものはありませんが、考え方の参考にはなる筈です。


ゴールキーパーが下がっている場合は、ゴールの四隅を速い球で狙うと
良いですね。
また、この時には7mラインの幅の1mを有効に使いましょう。


例えば、、右利きの選手が右側を打つなら、右側に立って、更にフェイクを
入れてGKを同じ方向に流して寄せます。


そして、広くなった左側を狙います。
逆も同様です。
また、Gkが流しのシュートを意識し出したら軸足の腰横に打てればいい
ですが、コースを変えられないい場合は高低差を利用しましょう。


特に終盤では、枠を外したくないので下を狙いがちになりますが、GKも
そのあたりの心理状況は分かっているので、下にヤマを張ってくることも
多いので、上に浮かせる技術と度胸があるかが勝負の分かれ目になるとも
言えるかもしれません。


外してしまうとチームの士気も下がりますが、上にチャンスがあるなら
思い切って勝負することも時には必要です。


また、前に出てきたら、体の近くを打ち抜きましょう。
そのようにするのは、四隅への速い球を体に当てて阻止したいからです。
ですので、逆に手足が届きにくい顔や腰の横あたりが狙い目です。


7mラインの中央に立ち、GKの体の中心に合わせるようにして、体の近く
を打つと決まりやすいでしょう。


いずれにしても、ループなど、一つでも自信のある得意なシュートがあれば、
相手との駆け引きに有利に立てるものです。

何より、困った時に自分なりのシュート打つ形があれば、精神的にも楽に
なりますよね。


例え、相手が研究してきても、それを打つと見せかけて別のシュートを打てば
良いわけです。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ