GKはサイドシュートをしっかり止めよう!

handball11



サイドシュートをしっかりキーピング出来ていますか?
ハンドボールのゴールキーパーは、サイドシュートに対しては、シュートを打つ相手に
近い側のポスト寄りで守るのが基本です。


近めを潰して、遠目にも対応出来るようにするのです。
立ち位置の目安は、ゴールポストからボール1個分程度離れた位置にとり、そうすれば、
すぐに体を寄せて対応することも出来ますね。


ただ、この位置取りする時には、ゴールポストに近い方の足から踏み出しましょう。
そうすることで、適切な距離を保ちやすくなります。


また、近目を止める際には、体全体で「く」の字になるように腰を寄せて体で当たりに
行きます。
苦手にしているGKも少なくありませんが、簡単に入れられてしまうと、チーム全体の
ムードも悪くなるので、怖がらずに止めにいくことが大切です。


更に、積極的に前に詰めることも大事です。
ただ、むやみに前に詰めてしまうと、ループシュートを打たれると戻ることが出来なく
なります。


したがって、サイドシュートの時に前に出るタイミングというのは、ループシュートが
打てなくなった瞬間と言えます。
つまり、相手の手首が返った状態なら打っことが出来ないので、ここを見極めて前に
思い切って詰めると良いです。


いずれにしても、ハンドボールのゴールキーパーに大切なのは、根拠のある勇気です。
手足を上げて相手にボールをぶつけられに行くくらいの強い気持ちで、勝負に行き
ましょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる