息の合った連係プレーで強いチームになろう!

クロスプレーが上手く出来ていますか?
まずは、下記から動画をご覧下さい。↓↓




クロスは、バックプレーヤーが味方と交差しながら攻撃をしかける連係プレーですね。
ディフェンスラインが下がっていて、尚且つ、相手のデイフェンダー2人に段差がある場合に
効果的です。


どちらにしても、パラレル(平行)で攻めてばかりいても、対応されてしまうので味方とクロスする
動きが必要になってくるのです。


そんなクロスプレーのコツとも言うべき意識するポイントは、動画にもあるように前をしっかり
向いて攻めることです。

ボールを持つているバックプレーヤーがスピードに乗って攻め込んでディフェンダーを引き付けて、
そのタイミングを見はからって、もう一人の選手がスピードに乗って走り込み交差します。


ボールを持っている選手は自分の後ろに置くようなバックパスでボール渡しますが、このパスが
長くなると、それだけコンビネーションが合わせにくくなるので注意してください。


また、この時にDFをギリギリまで引き付けてからパスを出して、素早くクロスが出来れば、相手は
追いつくことが出来ませんね
その為、パスはもちろん、走り込んで来る速さも大切になります。


そしてパスを受けた選手は、マークを振り切って、スピーディにシュートまで持っていくように
しましょう。


いずれにしても、相手DFが寄ってきたらパスを出し、来なければ自分に行くというように、相手を
見て判断することです。


弱小チームはやっていない!強豪高校の指導者が指導している
連携プレイ練習法とは?

バックプレイヤーとラインプレイヤーの2対2 攻撃、サイド 3対2 他、様々な
パターン練習をお見せします。


練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる