ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

2016年05月

ハンドボール上達法 シュートのタイミングずらす

単調にならないように、シュートを打つタイミングを変えよう!

handbal20



シュートの決定力不足でお悩みではありませんか?


シュートの確率を上げるには、同じタイミングで毎回打っていては単調になり、相手に読まれてしまう
ので、攻撃のバリエーションなどの種類を増やす意味でも、タイミングやコースを変えて、キーパーとの
駆け引きで優位に立つことが必要ですね。


例えば、ジャンプシュートは、最高到達点で打つのが基本ですが、毎回同じリズムで打ては相手に対応
されてしまいます。
そこで、キーパーやデイフェンダーに位置をとられないようにするために、シュートのタイミングを
変えるのです。


やり方としては、2つ考えられますよね。
一つは、クイックシュートのように、ジャンプしてすぐに打つ方法です。
これは相手が手を上げるなど、反応する前にシュート打つことが出来ますね。


その為には、自分のボールを投げる利き手側で耳の上あたりでボールをキャッチして、シュート
モーションに素早く入って、コンパクトに打つことです。
特に相手が大きい場合などには効果的でしょう。


二つ目は、ジャンプの落ち際に打つことです。
ただ、ある程度ジャンプ力がないと滞空時間が短くなってしまうので上手くシュートが打てません。
ですが、ジャンプ力があるようなら、落ち際に打つシュートは、着地した後は、ほぼノーマークで打てる
でしょう。


これは、ゴールキーパーと1対1での駆け引きで行った方が効果的ですが、着地間際だとオーバー
ステップをとられてしまいやすので注意が必要です。


いずれにしても、普段の練習から通常のジャンプシュートだけではなく、クイックシュート、ジャンプ
してからの落ち際でのシュートも練習しておくといいですね。
例え、試合で決まらなくても、クイックシュートなどを見せておくだけでも、GKは身構えないと
いけなくなるので、トータルの試合時間での相手との駆け引きで優位に立てるでしょう。


バックコートプレイヤーのジャンプシュートの成功率が
劇的にアップした秘訣とは?

LB、RB、CBなどのバックコートプレイヤー独特のテクニックが学べます。

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる


ハンドボール上達法 オーバーフェイントのやり方

間合いが詰まった状況での効果的なフェイント!

handball22



オーバーフェイントが上手く出来ますか?
オーバーフェイントは、ステップフェイントなどをした際に、それを阻止しようとして、間合いを
詰めてきた状況で、その相手の勢いを逆に利用するフェイントです。


やり方としては、相手ディフェンダーにの動きをパスをもらう前に確認し、相手の正面に入らないように
体を少しずらしたところでパスを受け、DFと1対1で向き合います。


そして、重心を右側に移動させて、右に抜けるフェイントをかけます。
すると、相手はそれを阻止しようと間合いを詰めて、手を伸ばしてくるので、その状態になったら
ディフェンダーの左側を突破する動きを始め、相手が伸ばした手を、ボールを持っていない左の手で
振り払いながら、ボールを握っている右手を大きく振りかぶって、相手を抜き去ります。


そして、ボールをワンバウンドさせてキャッチし、そのままシュート、もしくは味方にパスをします。


いずれにいても、相手を抜き去るまでの一連の流れスムーズに出来るようにすることが大切ですね。
また、相手が手をの伸ばして、捕えようとした時に、その手を払って相手の裏側に入れば、相手に
掴まることはありません。


ただ、DFの体勢を確認しないで行わないと、オフェンシブファールををとられやすいので、気をつけ
ましょう。


なお、1対1お状況でフェイントをかける時に、一番重要なのは、如何にボールを握っている利き腕を
ずらすかです。
その為には、パスを受ける前に相手ディフェンダーの動きを確認して、正面に入らないようにすることが
必要です。



そして、上半身と下半身を上手く連動させて、それぞれの局面において、相手をあざむく効果的な
フェイントが掛けられるようになりましょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
ハンドボール上達に必要な全てを、このプログラムで強化&改善できます。

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる





ハンドボール上達法 ゴールキーパーのセービング

全身を壁にしてシュートコースを潰そう!

handball9



しっかりセービングが出来ていますか?
ハンドボールのゴールキーパーは守りの要であり、体を張ってシュートを止めるのは
もちろん、シューターの動きを良く見てどんなシュートにも対応出来るようになることが
必要でしょう。


また、キーパーのポジショニングによって相手からの見え方は違ってきます。
基本的には、定位置よりは前に詰めた方がスペースが狭くなるので、横の移動が少なくなる分、
セーブできる見込みは高くなります。


例えば、ポストプレーヤーが背を向けてパスを受け取った場合なら、素早く前に詰めゆるようにして
左右の駆け引きをすれば、それだけシュートコースが限られてきますね。


更にサイドをカバーする際は、角度が狭くシュートコースが狭いように見えますが、奥行きの3メートル
が厄介です。
その為、ゴールポストの際に立って片足を上げて両手で壁を作るようにカバーしましょう。


ただ、この時に腰が引けてしまうと手と足の間に反応しにくい空間が出来るの注意が必要です。
またサイドシュートといっても、速攻などで良く見られるラウンドしながら入ってくるものと、奥から
飛び込んでくる2パターンががありますが、ゴールキーパーの対応のやり方は全く違ってきます。


速攻などでは勢いよく走り込んでくる場合は、速さはありますが、角度はそれほど変わらないので
シューターの動きを良く見て、冷静に判断することで対応出来ます。


ですが、奥から飛び込んでくるサイドシュートは、どのタイミングで打ってくるのか分からないので、
前に詰める判断も難しくなるので、足を小刻みに動かしてシューターに常に正対することがコツです。


なお、前に詰める時はループシュートなどでタイミングも外されることもあるので、注意しましょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる




ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ