ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

2016年01月

ハンドボール上達法 シュートフェイクからのポストパス

シュートとポストパスを使い分けて、2対2で優位に立とう!

handball21



シュートフェイクからポストパスが上手く出来ますか?
2対2の攻撃でポストを絡めた最もシンプルな攻め方のひとつが、空中からシュートを打つと
見せかけて出すポストパスですね。


とは言え、下手にシュートの演技をすると相手にパスを読まれて上手くいきませんし、
初めからポストパスを狙っても相手DFに対応されてしまいます。
したがって、直前までジャンプシュートと思わせて、ディフェンスをおびき寄せブロックに
跳ばせることが必要でしょう。


その為には、普段のシュートフォームと同じように、利き腕を引き絞ってジャンプシュートを
狙うように大きく振りかぶるようにすることで、DFは簡単に引っ掛かってくる筈です。


理想は、ロングシュートのように腕を勢いよく振りながらボールの勢いを止めて、ふわりと
ポストパスを出すことです。


その為には、ボールを持っている利き腕を野球のカーブのように時計回りにひねるようにして、
ボールの勢いを止めて、ふっとお腹の力を抜くようなイメージで全身に歯止めをかけるのが
コツです。



ただ、ジャンプシュートでのフェイクは、空中での体のバランスを保つことが上手く出来ないと、
決まりませんので、普段から体幹を鍛えておくようにしましょう。


その他にも、シュート体勢から頭の後ろを通してポストパスを出す方法もあります。
これは腕を後ろに引く動作であるティクバックの流れの中で、手の甲側に手首を折り曲げて、背後に
走り込んできたポストにパスを出します。


いずれにしても、シュートとポストパスを使い分けることで、2対2で優位に立てますね。
このようにバックプレーヤーは攻撃の要となるので、単調な攻撃にならないよう連携プレイも
駆使して、駆け引きの幅を広げていくことが大切でしょう。


弱小高校がやっていない、強豪高校の指導者が指導している
連携プレイ練習法とは?

バックプレイヤーとラインプレイヤーの2対2 攻撃、サイド 3対2 他、様々な
パターン練習をお見せします。


練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる





ハンドボール上達法 サイドシュートの決定率を上げる

サイドシュートの決定率を上げるには?

handbal20



サイドシュートの決定力がありますか?
特に近い距離からでは確実に決めたいものですよね。


そもそもサイドシュートの基本はゴールに対して角度を稼ぐように跳ぶことです。
その為には、少しでもゴールが広く見えるところに跳んでサイドシュートの決定力を上げて
いきたいものです。


ですが、セットオフェンスでサイドが角をとっていた場合は跳び方が違ってきます。
角をとり、デフェンスを広げたところからパスをもらったら、7メートルラインの方向に跳んで
角度をとりましょう。


サイドシュートの場合は、高く跳んで滞空時間も必要なので、右利きのサイドプレーヤーなら、
左足で踏み込んで斜め上に跳んでゴールキーパーとの駆け引きをする時間を作ります。


また、サイドライン寄りなど、外から流れて来たら逆の足で踏み込みます。
したがって、右利きのサイドプレーヤーなら、右足で踏み込むようになり、この場合も7mラインに
跳ぶことになります。


逆の右足で踏み切った方が身体も横に倒れるので、ゴールに対しての角度を稼ぎやすくなりますね。
また、サイドシュートを角から打つ場合は、着地寸前までGKを良く見て、同じフォームで打ち
分けることが大切。


キーパーが一緒について動いてきたら手前のゴールポストに打ち、動いてこなかったら遠めの
ゴールの広い側を狙います。


サイドラインなどの外側から流れてくる場合は、逆足で跳んで体が倒れているので、近めに
サイドシュートを打つのが難しくなるので、遠めの上側を狙ったり、GKの股間、落ち際でボールを
すくうように上にしゃくりあげると良いでしょう。


上手く出来ない時は、無理して4隅などを狙わずに、とにかく空きスペースを打つという意識を
もって打ちましょう。
なお、キーパーの動きを見て打ち分けるのが苦手な選手には共通の悪癖があります。


キーパーの動きを見て打ち分けるのが苦手な選手必見!
打つ瞬間まで気を付けるべき体勢などのコツを実践を基に分かりやすく解説。

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 ターンフェイントのやり方とコツ

相手の意表を突くターンで左右に抜けるフェイントをマスターしよう!

handball22



ターンフェイントが上手く出来ますか?
相手ディフェンスと間合いが近い時や掴まれたりした時には、一度、相手に背を向けてから身体を
反転して抜くターンフェイントが効果的ですね。


やり方は、回転する方の足を軸にして、時計回り、反時計回りにターンをしてかわします。
時計回りでターンをする際は、左足を軸にして回転し、ターンしたら前を向いてドリブルやシュート
など次のプレーにいち早く備えることが大切になります。


一方の反時計回りの場合は、右足を軸にしてコンパクトに回転しますが、ドリブルからターンフェイント
でDFをかわすなら、両足でドリブルを一旦止めてから、右足を軸にしてターンしてシュートやパスが
出来るようになれるとベストでしょ。


ドリブルからストップしてのフェイント、ターンフェイントはいずれも相手の間合いに軸足を一歩前に
踏み込んで、その足を軸にしていち早くターンをすることがコツで、相手ディフェンダーは近い間合い
と回転で対応が上手くとれなくなるんですね。



そして仕掛ける時には、相手ディフェンダーに対して体をずらして入ることです。
相手が大勢を整えようとするタイミングでターンを行えばそれだけ上手くいきやすくなりますよね。
いずれにしてもターンフェイントは、軸を保ってコンパクトに素早くターンをすることを意識しま
しょう。


軸がぶれてしまうと動きにムラができて、次のプレーが的確に出来なくなってしまうので、相手の
当たりなどに負けない強い体幹の強さも、ターンフェイントには必要になってくるでしょう。


なお、ドリブルはもちろんのこと、フェイントも個人技を前面に出すプレーであり、相手との1対1に
勝てるようになることが、しいてはチーム戦であるハンドボールの試合を優位に進めることが出来る
ので、コツを知ってしっかり練習する事が大切と言えるでしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
1対1の状況で勝てるようになりたい方必見!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ