ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

2015年11月

ハンドボール上達法 ディフェンスが前に出る場合の注意点

デイフェンスが前に行く時は失敗した場合にも備えよう!

handball23



デイフェンスで気をつけたいのは、むやみに飛び出すことですね。


確かに、パスやドリブルカットが上手くいけば速攻に繋がり効果的ですが、パスカットなどは
失敗した場合も備えておくことが必要です。


相手の足についていくのが面倒になったからといって、うかつにパスカットに前に飛び出すと
裏をとられて、相手が数的優位の状態になってしまうので、上手くいかなくても2歩程度で
すぐに戻れるようにしておくことが大切でしょう。


また、ドリブルカットは相手の懐に体を入れてボールを奪うようにすることがコツです。
もし失敗しても身体を入れておけば、相手に抜かれることがないからです。


右利きの場合なら、右足を踏み出して、右の肩を相手の胸あたりに潜り込ませる
ようにしておけば、自分の身体が壁のようになってボールを確保しやすくなります。


ただ、オフェンスがボールを両手で持っている状態でボールをはたいてしまうと、ハッキング
の反則をとられてしまうので、必ずボールが手から離れている状態を狙いましょう。


いずれにしても、ディフェンスがパスやドリブルカットで前に飛び出すなら、空振りのリスクを
避けたいので、すぐに戻れるようにしておき、味方と事前にフォローの約束をしておくことです。



例えば、飛ばしパスを相手が出したら、前に行くからというように、あらかじめ自分が仕掛けに
行く状況を説明しておけば、味方もフォローしやすくなるでしょう。


強豪校監督が伝授!実践で生きる必勝スキル
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる




ハンドボール上達法 片手キャッチ

片手キャッチで確実に得点をとれる形を増やそう!

handball29



片手キャッチが上手く出来ますか?
特にポストなら、ディフェンダーに邪魔されない場所でボールを片手でキャッチ、そのまま
シュートに持ち込めば得点になる可能性が高まるので、プレーの幅が広がってきますね。


たた、その際のポストパスはワンバウンドでポストに届くようにするよりも、ゴールエリアの
奥行きを上手く使う為にも、40~50センチ程度奥にボールを弾ませるようにすれば、ポストが
ゴールエリアの空間を利用して奥行きのあるポストプレーが出来るようになります。


その為には、ポストは良い位置取りをし、体をライン際に入れて相手ディフェンダーに妨害され
ないように片手で相手を押さえて、もう一方の手でワンハンドキャッチします。


そして、片手でキャッチしたら、そのままシュートに持ち込みます。
もし体勢が苦しいようなら、もう片方の手を添えて行えば良いでしょう。


いずれにしても、少しでも早くシュート体勢に入れば、相手に妨害されても7mスローになる
場合も高くなりますね。


この片手パスはポストはもちろんですが、他の選手も普段のキャッチボールから、左右両方での
キャッチの練習をしておきましょう。
また、それに加え、利き手とは反対の手でシュートの練習をしておけば、相手との競い合いで体の
バランスが崩れたときなどにも使え、シュートの得点率も上がるでしょう。


なお、片手キャッチは、ボールを迎えにいくのではなく、パスの軌道に合わせて腕を引いて、
ボールの勢いを吸収するようにキャッチするのがコツです。



強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる








ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ