ディフェンスでは常に基本姿勢を保つことが大切!

handball11



ディフェンスの構え方がしっかり出来ていますか?
ハンドボールの試合で勝利するには、当然、守れないチームが試合で勝つことは
難しいものです。


その為、一人一人の選手が守備力を高め、相手の攻撃を防ぎ封じるディフェンス力を
身につける必要がありますね。
そして、まずは基本となるのがディフェンスの構え方です。


姿勢を真っ直ぐにして、両足は肩幅を基準に開き、膝を軽く曲げ腰を落として、左右
どちらかの足をやや引いて、両手を上げるのが基本のディフェンスの構え方です。


ディフェンスでは常に基本姿勢を保つようにすることが大切です。
例えば前に傾くような姿勢になってしまうと、それだけ視野が狭くなるのはもちろん、相手の
動きに遅れをとって、手も下がった状態になることで、相手にシュートやパスのコースを容易に
与えてしまいかねません。


また、相手オフェンスのボールを持ってい方の腕と反対の足を少し前に出して構えるように
すると、すぐに反応できるので、相手に対してプレッシャーをかけ、シュートやパスを
やりにくくすることにもなります。



そして、相手オフェンスに対して、左右や前後あらゆる方向に対応出来るようにサイドステップ
やクロスステップ等を使って守ります。
このステップワークはハンドボールのディフェンスの基本とも言える動きです。


このステップワークをないがしろにしていると、試合で相手に付いていけなくなるので、
レギュラーになりたいなら必ずマスターしておきたいスキルです。


このステップワークを体に浸み込ませるようにすれば、ドリブルやパスカットなど守備から
攻撃に、すぐに転じることが出来るようになってきます。

短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる