味方とクロスして相手のマークミスを誘うコンビネーション

handball29



クロスプレーが上手く出来ていますか?
ハンドボールのコンビネーションの基本とも言えるクロスは、2人が交差しながら攻める
動きですね。


パラレルで平行で攻めてばかりいては、相手に対応されてしまうので、味方と交差する
クロスの動きが必要になってくるわけです。


相手ディフェンダーの段差の低い方から仕掛けていき、ボールを持っている選手が間を強く
攻めて2人を寄せてから、スピードに乗って背後を大きくクロスで走り込んできた味方に
パスして、ノーマークを作ります。


DFが前に詰めた瞬間に横に素早くクロスすることが出来れば、相手は追いつくことが出来なく
なりますね。
その為、ぎりぎりまでDFを引きつけて、走り込んで来た背後の味方にバックパスを出すことで、
クロスが成功します。


そして、クロスした選手は利き腕がずれたら、即シュートに行きます。
ただ、前を狙う姿勢を見せないと相手を寄せることが出来ないので、しっかり前を向いて攻める
ことを意識することが大切です。


また、クロスは段差の高い方から仕掛けてしまうと、回り込んですぐにフォローに入られて
しまうので、相手の距離を上手く利用しましょう。
もし相手がクロスを読んでいて詰めてこなければ、パスを出さずに、そのまま自分で攻めて
行きましょう。


なお、バックプレーヤー同士のクロスから相手を崩すバッククロスや、センターがボールを
持ってバックレーヤーと行うセンタークロスなど、相手ディフェンスの状況に応じて戦術
として使うことで、チームの得点力もアップさせることが出来るでしょう。



強豪校監督が伝授!実践で生きる必勝スキル
チーム戦術も学べます!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる