周辺視野で全体をとらえて守ろう!

handbal21



ポストを守る時はどのように行っていますか?
もし、大きいポスト相手に力任せに後ろから抱え込むようにディフェンスをしてしまうと、
失点する可能性がかなり高くなりますね。


また、振り回されて退場に追い込まれてしまいかねません。
その為、ポストの守り方の基本は、前で守るようにすることです。
これがコツと言えるかもしれませんね。


例えば、ポストパスが入れられそうな時は、状況の展開を予測してポストの前に回り込んで
ボールをカットしましょう。
このようにしてディフェンスをすれば、体が小さくても相手の動きの先を読み、素早く動く
ことで、大きいポスト相手でも十分に守れます。


また、DFは自分のマークとボールを常に視野にいれておくことが大切ですが、視界には
入っているが直視していない周辺視野でボールを捉えておくようにしておきたいですね。


集中してしまうと、敵に裏に回られるなど、かえって視野が狭くなってしまう
ことが良くあるからです。



また、いいサイドDFほどキョロキョロしているものです。
と言うのも、自分のマークマンとボールが離れていることが多いので、常に首を振りながら
両方を確認しているわけです。


いずれにしても、マークマンの視線などをよく観察するのはもちろんですが、周辺視野で
全体を見るようにして守りましょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる