ドリブルを正しく使おう!

handball26



ハンドボールでは正しくドリブルを使うと、有効な武器になりますね。
その為には、不必要なドリブルを避けて効果的に使う必要があります。


例えば、相手ディフェンダーに段差があるようなら、最初の3歩で相手をかわした後に
ドリブルを使えば非常に効果的です。
このように歩数とドリブルを組み合わせて使うことです。


更に、ゴールから遠い場所で1対1になった場合も、相手から遠い手を使ってドリブル
しながら進むことで効果的に攻めることが出来ます。


逆に速攻でいきなりドリブルをするのはよくありません。
特にセットオフェンスでドリブルから始めてしまうと、その後のプレーの選択肢が少なく
なってしまいます。


ボールをキープしたい時は、身体の横でボールをつき、顔をあげて視野を保って、左右の
どちらの手でも出来るように練習しておくことが大切です。
速攻の時は斜め前にボールをついて、走るスピード落とさないように。


また、ハンドボールは表面が硬く、弾きが弱いので、5本の指で強くドリブルしましょう。
なお、ドリブルの練習としては、足を伸ばして座った状態からドリブルを続けながら立ちあがる
ことをやってみましょう。(両手で出来るように)


この時には、視線をあげて前をしっかり見ながら続けて出来るようにします。
そうすることで実践にも役立ちます。
更に、ここから座るのもありです。


なお、応用として2つのボールを使って、左右の両方で同時にドリブルの練習をすれば、
身体能力を高めることにも繋がるでしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる