速攻時のパスはボールを奪ったら瞬時に出そう!

handball29



速攻が思うように決まらないという悩みはありませんか?
相手ディフェンダーが戻りきらないうちに、ゴールまで一気に攻め込む速攻は、得点を
とれる可能性が高く、ハンドボールには非常に有効な戦術と言えますね。


そんな速攻時のパスは、チャンスが生まれたら走りながら、フリーの選手を探して
投げるパスと、味方を速攻に走らせるパスがあります。


走りながらのパスの投げ方は、通常のオーバーハンドと同じですが、走りながら横を
向いて投げるようになるので、重心が流れやすくなるので、狙ったところに正確に出す
ことが難しくなります。


その為、下半身がぶれないように重心を安定させて、上半身の回転でパスを投げるのが
コツです。
また、言うまでもないと思いますが、味方が取りやすい位置にボールを投げることも
欠かせませんね。


更に、速攻の好機に、判断良く飛びだした味方がいれば、瞬時にパスを出さなければ
いけません。
その際には、味方の走るスピードと相手ディフェンダーとの距離を考えて、山なりや
真っ直ぐの伸びのあるパスを送りましょう。


瞬発力があって抜群に飛び出しの速い選手がいるなら、前にパスを出して、それを追い
かけさせるのも非常に有効です。
ボールにスピードがあればそれだけ難易度はあがりますが、通れば一気にワンマン速攻に
繋がりますね。


ただ、ゴールキーパーがカットを狙って飛び出してきている場合もあるので、GKの
動きにも注意を払っておく必要があります。


いずれににしても、速攻のパスは素早い判断と、正確なパスが要求され、タイミングが
大切になるので、一つ一つのテクニックのレベルアップを行って、チームとしての総合的
スキルを上げることが大切でしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
速攻などの戦術が決まらないチーム必見!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる