バウンド後の変化でパスのバリエーションを増やそう!

handball28



スピンパスが上手く出来ますか?
これはボールに回転をかけてバウンドに変化をつけながら味方へ渡すパスで、いわば
バウンドパスの応用テクニックとも言えますね。


そして、このスピンパスは、低い球筋でディフェンスの隙をつくことが出来、状況に応じて
DFの足元から、左右のどちら側からでも出来るようになるとプレーの幅が広がるでしょう。


このスピンパスの投げ方は、右利きなら腕は縦に振って、ボールを離した時に手のひらが上を
向くようにカーブをかけてボールに横回転つけて投げると、バウンド後に右に曲がります。


一方、左に曲げる逆スピンパスは、親指が下を向くようにボールにシュート回転をかけて離します。
手首のスナップ利かせて、外側に腕を振るように投げると良いです。
素早く投げれば、相手の意表をつくことが出来ますね。


ただ、相手ディフェンダーを惑わすことが出来る反面、味方がボールをキャッチしやすいように
投げなければ意味がありあせん。
いくらパスワークを駆使して相手の意表をついても、上手く味方がキャッチできなければ、チャンス
を失うばかりか、逆に相手に速攻の機会を与えてしまいかねません。


そうならない為にも、パスの練習でボールの変化の軌道を身体で覚え、それを頭に入れて投げ方を
マスターすることが大切です。


また、ボールにスピンを掛ける投げ方は、パスはもちろんですがシュートにも使えますね。
いずれにしても、何でもそうですが物事には理由と共にコツがあります。
それを知っておくことでより多くの応用がきかせられ、試合で活躍できるようになり、チーム全体が
強くもなるのです。



強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる