キャッチの基本が出来ていますか?
ハンドボールが上達するには、正しいキャッチが出来てこそシュートもパスも
上手くなるものですね。

handball5



ハンドボールのキャッチは、基本的には両手を使って行いますが、同じ方向から
くるものはなく、パスにも様々な種類があります。


ボールの回転にしても縦回転や変則的な回転がかってくる変化球などもありますし、
ボールのスピードの強弱、長短のパスなど、展開やその時の場面で様々な
パスが飛んできます。


いずれにしても、どんなボールが来ても、全力でキャッチしなければいけません。
そして、密集しているところで、ポストマンが難しいパスに対応でき、全速力で
走りながらキーパーからのロングパスを受け取り、速攻でシュートがきまると、
試合の流れが変わり、チームに勢いがついてくるものです。


この様にハンドボールは、ひとつのパスやキャッチが試合の流れを変えて、勝利に
繋がることも少なくありません。


したがって、キャッチは、ハンドボールの全ての基本とも言えます。
そして、まずは顔の正面のやや低めに両手を出し、親指を「ハ」の字を作るように
構えて、ボールを掴むように手を軽く広げます。(この時に手と肘の力を抜くように
します。)


そして、ボールを捕球すると同時に、ボールの勢いを抑える為に、その状態のまま
身体にボールを引き寄せるようにキャッチします。


あくまで手のひらで受けるのではなく、初めはボールを胸に引きつけるようにする方が
取りやすいですが、指先で抵抗なく捕球できるようになれるようにすることが大切です。



そいて、確実にキャッチできるようになったら、そのまま肩に持ってきて、投球動作に
移れるようにしましょう。


少ない時間で効率よく上達できる練習方法!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる