ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

ハンドボール上達法 ストップフェイントのコツ

ディフェンスを抜くのに効果的なフェイントを身につけよう!

handball10



ストップフェイントが上手く出来ますか?
ディフェンスを突破するのが上手く出来ない選手は、ストップフェイントをマスターすると
良いですね。


そして、まずは両足でのストップをマスターしなければいけません。
前へのスピードがついた状態から、一度止まって横方向に動き出すには、膝を曲げて腰を落とし、
相手DFの前で「ハ」の字にストップするのがコツです。


この時は、膝とつま先は同じ方向に向けて止まり、ディフェンダーが前に詰めてくるわずかなタイミング
を見計らって左右に抜いていくようにします。


また、足を「ハ」の字にして両足が床に着地する寸前までは、宙でギリギリまで両足を揃えて閉じて
おき、着地する瞬間に足を開くようにしたほうが良いでしょう。


そして、同時に相手を抜きたい方向にステップしていけば、かわすことが出来ます。
このストップフェイントを効果的に行うコツは、相手の反応などを見て動き出すのではなく、あくまで
ストップとプとフェイントを連動させることで、相手ディフェンダーを抜くことが出来るのです。


その為には、両足ストップがしっかり出来るようにマスターすることと、基本的ステップトレーニング
が重要です。
下手な選手は、軸足の使い方と踏み込む足の出し方に大きな問題点があります。


いずれにしても、この止まる動きは、直後のパスなどにも応用を利かせることが出来るので、しっかり
身につけておくと様々な場面で役に立つでしょう。



ディフェンスを突破するのが下手な選手が身に
付けるべき「ストップ切り返し」とは?

生徒たちの良い例・悪い例を示しながら解り易く説明してあります。

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる




ハンドボール上達法 タップパスのやり方

パスワークの流れと方向を変えて、ディフェンスの意表をつこう!

handball28



タップパスが上手く出来ますか?
ボールをキャッチしたところから、素早くボールを押し出すようにするのがタップパスですね。


ボールをキャッチしてから、味方にパスするまでの時間が短いのでパス回しの展開を早くできる
ので、相手のプレッシャーを受けないようにすることも出来ます。


また、相手の意表もつけるのでポストやサイドへの攻撃展開も広げやすくなります。
そしてこのタップパスは、ボールをキャッチする前に味方の位置を把握しておくことが大切
になります。


そんなタップパスは、ボールを瞬時にさばけるように、手のひらに乗せるような感じでキャッチ
し、素早く押し出すように投げのがコツで、コントロールはリリースで調整するようにしましょう。
また、左右どちらの方向にも投げれるようにしておくと、試合でもより役に立ちますね。。


更に、難易度は上がりますが、パスキャッチする時に、ジャンプして空中でパスの方向を変える
ようにすれば、相手ディフェンダーを回避することが出来るので、非常に効果的なパスになるでしょう。


ただ、ジャンプしながら高い位置で正確にキャッチして、味方のいる位置にコントロールしなければ
いけないので、それだけ難しい技術になるので反復練習が欠かせないでしょう。


そんなジャンプしてタップパスのやり方の一連の流れとしては、ボールの軌道を良く見て、高く跳んで
ボールをキャッチし、キャッチと同時に肩越しに味方にパスを出します。
空中の動作でパスを正確にコントロールします。


いずれにしても、ハンドボールには、ボールを持ってから3秒以内に離さないといけないという
ルールがあることから、最も多用され、バリエーションも豊富なパス技術は、確実に習得して
おくことが必要でしょう。



強豪校監督が伝授!実践で生きる必勝スキル
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる




ハンドボール上達法 片手キャッチからのシュート

片手キャッチを活かしたトップスピードのままシュー

handbal20



ポストプレーヤーなら、片手キャツチを活かして、トップスピードのままシュートへ持ち込み
たいですね。


例えば、片手キャッチから、ボールを持ちかえてからシュートするなら、走りながら味方からの
ボールを左手で片手キャッチし、そのボールを利き手の右手に持ちかえます。


スピードに乗ったままシュート体勢に入り、タイミングを合わせてステップを踏んで高くジャンプ
してコースを狙ってシュートを打ちます。
この時はフォロースルーも大きく取るようにします。


また、片手キャッチ後にワンドリブル入れるのも良いですね。
速攻などで片手キャツチからワンドリブル入れてシュートする場合なら、相手のいないフリースペースに
バウンドパスされたボールに走り込んで片手キャッチをし、キャッチしたボールを弾いてバウンドさせて
、その間に体勢を整えます。


この時には走るスピードは落とさなようにします。
そして、ボールを両手で掴み、スピードに乗ったままタイミングを合わせて利き手に持ちかえて
ティークバックをしてシュートを打てる体勢に入ります。。


出来るだけ走り込んんできた勢いを活かしながら、フォロースルも大きくとって、ボールにスピード
とパワーを伝えてシュートを打ちます。


いずれにしても、ポストならプレーの幅が広がりますし、その他の選手も体から離れたところで
キャッチでき、シュートなどの次のプレーに滑らかに移れる片手キャッチは、個々のパーフォー
マンスを上げるには是非身につけておきたいテクニックでしょう。



勝つためのノーマークシュートにもっていく最も効果的な
トレーニングをお教えします!

ステップシュート、ジャンプシュート、サイドシュートそしてポストシュートなど、順を追って
分かりやすく映像で解説してあります。
個人テクニックと戦術をマスターして下さい。


練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる




ハンドボール上達法 右利きの場合のサイドシュートのコツ

右利きの場合のサイドシュートの決定力を上げよう!

handball27



右利きの選手で、サイドシュートが上手く決まらないという悩みはありませんか?


レフトから右利きのシュートなら、スピードをつけて助走をして、利き腕と逆の足で踏み切り、
ボールを片手に持って高くジャンプし、空中でキーパーなどの位置を見ながら振りかぶり
シュートをします。


ですが、右ウイングが右利きの場合などは、角度のないところから跳んで放つサイドシュートは難しい
ものですよね。


シュートは基本的にはキーパーが反応しにくいゴールの四隅を狙いますが、サイドシュートは角度のない
ところからのシュートになるので、当然キーパーは手や足を広げて防ごうとしてきます。


したがって、相手との駆け引きやポジショニングから判断してシュートコースを決める必要があります。
そして、通常キーパーは、サイドシュートに対してはゴールに近いニアサイドを締めて、遠いファー
サイドを空けています。


その為、ゴールに対して右サイドの右利きの選手がシュートを打つ場合は、キーパーのファーサイドが
狙いにくくなり難しくなります。
こうしたケースでは、ジャンプの瞬間での体の操作が大切になり、身体を少し傾けて頭の中心から
左側でスイングするようなシュートの体勢に入ることがコツです。



サイドシュートはパスを受けたら出来るだけ少ない歩幅でシュート体勢に入り、狙ったコースに
迷わずにシュートを打ち込みましょう。
また、時にはニアサイドも狙い、アウトサイドを狙うなら、シュート後には倒れ込むくらいの勢いも
必要でしょう。


右ウイングが右利きの場合のサイドシュートのコツと
練習方法をお教えします!

左利きとは違い、〇足でのジャンプの瞬間の身体操作を徹底的に練習することによって、驚く
べきシュート成功率を誇るポイントゲッターになれます。


練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 シュート体勢の途中で打ち方を変える

GKとの駆け引きに強くなろう!

handball9



シュートの成功率でお悩みではありませんか?
シュートの決定力を上げるには、最初から決めて打ちにいくと、ゴールキーパーの動きの変化に
対応出来なくなりますね。


したがって、相手の動きに合わせて変化させることで、シュート時の駆け引きにバリエーションが
増えて有利になります。
つまり、ゴールキーパーの動きを見て、シュートフォーム(打ち方)を変えれば、GKを翻弄することが
出来るようになれるのです。


更にそれに加えて、自分のシュートを打ちたい方向とは逆の動きをしてGKを動かすようにして
みましょう。
例えば、下にシュートを打ちたいなら、上に打つ動作を入れて、上から打つと見せかけて、GKを
上に伸び上らせておいて、そこから下にシュート打つのです。


この時には腕だけを上下させてシュートをするのではなく、脇腹を柔軟に使って、腕の位置を変える
ようにするのがコツで、上はもちろん、下からでも同じ腕の振りで投げ分けることが出来ます。


また、横などに跳んだ時は、GKの動きを良く観察してシュートを打つと良いですね。
GKが下に備えて重心を下げてしゃがんでいるようなら、ボールを持っている腕を外側にひねるように
すれば、ボールは上にいきます。


このようにすれば、同じ腕の振りで、GKの動きに合わせて自分主導で駆け引きが出来るようになれ
ますよね。


また、投げる瞬間までは全力でシュートに行くと見せかけて前の肩を入れておき、ループシュートに
行けば、まず、ゴールキーパーは対応できません。
この時には、みぞおちから息を吐くように力を抜いて、ループシュートを行うと良いです。


なお、シュートの滞空時間が長くなると、キーパーとタイミングが合ってしまうこともあるので、時には
クイックシュートなども織り交ぜるようにしましょう。


シュートの成功率を上げたい人は必見!
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる




ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ