ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

ハンドボール上達法 ブロックのやり方

壁を作って味方のチャンスを演出しよう!

handbal20



相手の動きを壁になって止め、チャンスを作るのがブロックプレーですね。
主にポストの役目ですが、試合の流れの中で他の選手も求められるので、ブロックのやり方を
覚えておきましょう。


そんなブロックのやり方としては、横と縦がありますが、まずはどこにスペースを作れば味方が
攻撃しやすいか、ポストなどのブロックをかける選手は考えておく必要があります。


そして、横ブロックなら、ディフェンダーの横に入り、相手と足が揃わないようにDFに対して
垂直になるように両足を構えます。
このようにすることで、自分の身体が壁になり、相手はボールに近寄ることが出来なくなり、
味方のシュートスペースが生まれます。


一方、縦ブロックなら、DFが味方のシュートしている選手に集中している隙に、相手の視野外
から入って前ブロックをかけます。


相手は前の動きを押さえられているので、前に詰め寄ることができず、ノーマークでシュートを
打てるチャンスを作ることが出来ますね。
ですが、この時に攻撃の選手が、自分からぶっかりにいったり、押したりするとファールを
とられたりするので注意しましょう。


また、このブロックプレーも、コンビネーションが大切です。
1人ひとりがバラバラに動いていては、上手くいきません。お互いの動きが連動しているから
相手ディフェンダーを崩せるのです。


その為にも、各選手が自分の役割を理解して、自分がこう動けば、相手DFはこちらについて
動く、するとそこにスペースできるから、最終的にはそこでシュートを打てば得点がとれる
というような流れを把握しておくことが大切でしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 シュートの練習方法

実際の試合を想定してシュート練習をしよう!

handbal21



ハンドボールのシュートの練習はどのようにおこなっていますか?
単純に1・2・3のタイミングでシュートを打っていても、相手に止められるだけですよね。


様々なタイミングでシュートを打てるようになることが大切になり、0歩や1歩などで打つのも
同じ考えからです。
当然、ディフェンダーやゴールキーパーが構える前に打てれば、それだけシュートが決まる確率は
高くなるものです。


また、歩数だけではなく、ジャンプシュートのタイミングを変えることも同じように効果的です。
最高到達点でシュートを打つのが基本ですが、ジャンプして直ぐに打っ、クイック気味にシュート打つ
のも効果的ですね。


また、ジャンプの落ち際に打つという方法もありますが、オーバーステップを取られることも多いので、
初心者なら、クイックシュートから練習した方が良いでしょう。


そして、シュート練習をするときはDFをつけてやると、より実践的になりますね。
ディフェンダーにシュートを打つ直前に手を上げ下げしてもらい、それに応じてシュートを打ち分ける
練習をし、横からのシュートを狙うようにすれば、サイドから打つブラインドシュートの練習にもなり
ますね。


また、試合では相手がサイドからのブラインドシュートを警戒してくることもあるので、そうした
時には狙うコースを変える必要があります。。
例えば、サイドハンドから途中でオーバースローに替えて左上すみを狙うよにするのです。


いずれにしても、相手ディフェンスの間合いや状況などによって左右のコースから打ったりすることなど
が出来るようになれば、実戦で使えるテクニックとなります。


更に、試合の後半にもなれば必ず疲れてくるものですが、これを想定して練習するのも良いでしょう。
例えば、ダッシュや腕立て伏せした後に、シュートを打てば、いつもは入っていたのに入りずらく
なったりするものです。


試合では、いつも万全な状態でシュートが打てるとは限らないので、疲れた状態を自分で作って、
どうすればその中でシュートが入りやすくなるのか考えておけば、苦しい状況の時に役に立つ筈です。


どちらにしても、ハンドボールの強豪校というのは、少ない時間でも効率的に個々のレベルが上がり、
チーム全体の総合力がアップする練習をしているものなので、それを知って身につければ、得点を
量産し、勝てるチームになれるでしょう。



強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 クロスプレーのコツ

息の合った連係プレーで強いチームになろう!

クロスプレーが上手く出来ていますか?
まずは、下記から動画をご覧下さい。↓↓




クロスは、バックプレーヤーが味方と交差しながら攻撃をしかける連係プレーですね。
ディフェンスラインが下がっていて、尚且つ、相手のデイフェンダー2人に段差がある場合に
効果的です。


どちらにしても、パラレル(平行)で攻めてばかりいても、対応されてしまうので味方とクロスする
動きが必要になってくるのです。


そんなクロスプレーのコツとも言うべき意識するポイントは、動画にもあるように前をしっかり
向いて攻めることです。

ボールを持つているバックプレーヤーがスピードに乗って攻め込んでディフェンダーを引き付けて、
そのタイミングを見はからって、もう一人の選手がスピードに乗って走り込み交差します。


ボールを持っている選手は自分の後ろに置くようなバックパスでボール渡しますが、このパスが
長くなると、それだけコンビネーションが合わせにくくなるので注意してください。


また、この時にDFをギリギリまで引き付けてからパスを出して、素早くクロスが出来れば、相手は
追いつくことが出来ませんね
その為、パスはもちろん、走り込んで来る速さも大切になります。


そしてパスを受けた選手は、マークを振り切って、スピーディにシュートまで持っていくように
しましょう。


いずれにしても、相手DFが寄ってきたらパスを出し、来なければ自分に行くというように、相手を
見て判断することです。


弱小チームはやっていない!強豪高校の指導者が指導している
連携プレイ練習法とは?

バックプレイヤーとラインプレイヤーの2対2 攻撃、サイド 3対2 他、様々な
パターン練習をお見せします。


練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 少ない歩数でのステップシュートのやり方

少ない歩数でのステップシュートをマスターしよう!

handball27



少ない歩数でのステップシュートが上手く打てますか?
0歩や一歩等の歩数の少ないシュートが打てれば、ゴールキーパーのタイミングもずらせ、
相手DFに詰め寄るスキを与えることがなくなり、それだけ得点しやすくなりますね。


そんな0歩のステップシュートのやり方は、空中でボールをもらって左足で着地。(0歩)
そして、その左足を踏ん張ってステップシュートを打ちます。


この時に、体のバランスをうまく保ちながら上体をひねって力を充分に蓄えるようにし、リリースの
時も左足は床に着けたままボールを投げます。
このように歩数が減っても、威力のあるシュートを打つことが大切です。


また、一歩のステップシュートは、ボールを空中でキャッチしたところで利き腕と同じ側の足で
着地して、逆の足でステップしたところでシュートを打ちます。
二歩の場合は空中でボールをキャッチ後、利き腕側の足、更に逆側の足が床に着いたところで
シュートをします。


このような少ない歩数での速いタイミングでシュートを打っことは難しいですが、相手のタイミングを
を外す上では効果抜群で、相手ディフェンスにとってはとても脅威に感じる筈です。


特に0歩のステップシュートをしっかり練習をしておけば、試合では様々な歩数でシュートが打てる
ようになれ、試合で大活躍できるようになれるでしょう。

県内優勝常連校の通常練習で行われている
ステップシュート練習法とは?

ステップシュートの基本フォームから、少ない歩数での威力のあるステップシュートのやり方
やコツが学べます。


練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 複数のフェイントの組み合わせよう

複数のフェイントの組み合わせて1対1に勝つ

handball22



複数のフェイントを組み合わせることが出来ますか?
ハンドボールで1対1を抜くには、複数のフェイントを組みあわせるとより効果的ですね。


例えば、相手ディフェンスとの間合いが近い場合には、ストップからアウトに抜けるようなふりを
して、素早いターンで相手をかわして、インに抜けてシュートを放つようにするのです。



逆に、相手との間合いがあるようなら、アウトに一旦ドリブルをして相手ディフェンダーを引き付けて
インフェイントで切り込めば良いですね。
ただ、インに切り込む際は相手を引き離すように、1歩目を大きくステップする必要があります。


そしてフェイントを成功させるには、常に相手の動きを観察して、どのようなやり方で、どちらの
方向に抜いていくかをイメージしておかないと上手くいきません。
自分の感覚だけでいくと、オフェンシブファールをとられることもあるので注意が必要でしょう。


いずれにしても1対1でフェイントをかける時は、相手の利き腕をずらすようにするのがコツです。
それにはパスをもらう前から、相手の動きなどの状態を確認しておき、相手の正面に入らないように
することです。
これは、どのフェイントでも言えることです。


つまり、相手の体に対して、左右どちらかにずらして入れば、おのずと相手DFの重心を左右に
移動させることが出来ます。
そして、フェイントでその逆をついたりと、状況に合わせて臨機応変にやるようにします。


したがって、パスを受ける瞬間に左右どちらかに半身をずらして、自分が抜きたい方向の足が相手の
体の中心にくるようにして、相手DFの正面に入らないようにすれば良いのです。

ですが、相手との正面に入ってしまうと、それだけフェイントで抜ける可能性が低くなってしまう
でしょう。

DFを1対1で突破する方法とそのコツをお教えします。
基本からダブルフェイントなどの応用もしっかり学べ、ます。

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる


ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ