ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

ハンドボール上達法 ダブルフェイントの組み合わせ

フェイントの連続で相手を振り切って1対1を制する

handball26



ダブルフェイントが上手く出来ますか?
ハンドボールで相手チームのレベルが上がってくると、一度だけのフェイントだけでは、
相手もひっかからなくなってくるので、様々なフェイントを組み合わせて連続で行う必要が
ありますね。


効果的なのは、アウトとターンフェイントのダブルフェイントの組み合わてしょう。
自分が主導権を握って、相手を動かしていくようにします。


まず、インに仕掛ける振りをして、相手ディフェンダーの様子を伺い、インに寄せたら
アウトに切り返します。
この時に相手から遠い左手でドリブルをしながらアウトへフェイントするのがコツです。


相手を振り切ることができずに、アウトの動きに対応してきて、つかまえにDFが寄って
くれば、右肩を軸にして体のバランスを保って反時計回りにターンフェイントを仕掛け、
相手を振り切ってシュートに持ち込めばいいわけです。


この他にも、ダブルフェイントの組みわせは沢山あるので、自分で色々試してみて、自分
なりのものを作ると良いでしょう。


そして、DFとの1対1のかけ引きを制するには、如何に自分の間合いに持っていくかです。
その為には、はじめにフェイントを仕掛けた時に、相手がどんな動きをして対応してくるのか
見定める必要があります。


フェイントを仕掛けて抜ければそのまま行けばいいですし、例え掴まったとしても、相手が
どのようなディフェンスの対応してきたかを掴んでおけば、その後のプレーに活かすことが
できますよね。


例えば、パスを投げる瞬間にディフェンダーの方をちらりと見て、投げる方向を見てしまう
相手なら、パスフェイントが掛かりやすいと言えるかも知れませんね。
このように試合中は、常に相手の観察するようにするのです。


DFとの駆け引きは、一瞬の判断が成否を分けるので、少しの隙でも見逃さないように
しましょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
1対1で相手を抜くことが出来ない方必見!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 バックステップは攻撃にも大切

バックステップは攻撃(戦術)のコンビネーションにも大切

handball29



バックステップが上手く出来ますか?
ハンドボールにおいてバックステップは相手との間合いをとるのはもちろんですが、攻撃での
コンビネーションにも大切になってきますね。


例えば、攻撃時に自分が右バックにいたとして、左に展開するなら、右サイドにパスを出したら
真後ろでなく、バックステップで右後ろに下がるようにするのです。


そうすることで、相手ディフェンダーを右に寄せて、左のスペースを広げることも出来ます。
結果的に、相手を一人ずつ寄せることで左サイドにずれが生じてくるようになるのです。


このようにバックステップは、相手をずらすのにも使えるでんすね。
また、チームオフェンスが行き詰ると、たいていその場限りの個人技頼みになってしまいがち
です。


もちろん、自分で打開しようとする気持ちは大切ですが、それで行きすぎると、他の選手は
見ているだけになってしまいます。
これではシュートもなかなか決まりませんし、例え決まったとしても、チームのムードは盛り
上がりません。


チームが苦しい時こそ、チーム全体で得点をとることで、チームの士気もあがると思うのです。
いずれにしても、強いチームはオフェンス・ディフェンスのステップ等基本がしっかりできて
いるものです。


その中でも、バックステップは、攻撃のコンビネーションや得点を取るためには有効なので
しっかり出来るようにしておきましょう。

パスそしてバックステップの練習方法に工夫をしたシュート練習を
お見せします!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる




ハンドボール上達法 コンビネーションプレー

チーム全体で連動した動きを意識して
コンビネーションプレーをしょう!


handball30



チーム全体で連動した動きが出来ていますか?
実際に強いチームというのはコンビネーションプレーなどもしっかり出来ているものですね。


そしてハンドボールの試合で勝つには、攻撃の足がかりを作り、チーム全体で決められた
動きをする必要があります。
ですが、何となくやっているようなチームが多いように思います。


決められたようには動いているが、その約束事に縛られすぎて、ただ動いているだけに
なってしまっているのです。


例えば、相手の6-0DFなどに対して攻める際に、ポジションチェンジをサイドとバック
プレーヤーがきっかけとなる決められた動きをする場合、単にポジションを入れ替わる
だけでは、相手を崩すことが出来ません。


相手にシュートを打ってくるかもしれないという、脅威を与えることが必要になるんですね。
チームでの約束事である決められた動きというのは、相手を崩す為にやっている訳なので、
常に前を狙って、シュートをいっでも打てる態勢を作っておくことが欠かせないのです。


そして、隙があれば、ゴールを狙う構えを見せていれば、当然ディフェンダーも嫌が上でも
動かずにはいられなくなります。
また、ボールを持っていない選手の動きも重要で、スピードに乗って入ってくれば相手に
とっては脅威に感じ、ディフェンスを崩すことにも繋がります。


ボールを持たない動きというのは、なかなか教えるのは難しいものですが、勝負を分けるくらい
重要な技術といっても過言ではないでしょう。


いずれにしても味方と連動して、ボールを持つ選手の意図を感じて動くことが大切で、その為には
チームメイトの積極的にコミュニケーションをとることです。
コンビネーションプレーなどを含めた、チームとしての総合的スキルが上がらなければ試合では
勝てません。



これが強いチームとの差ではないでしょうか。


試合で勝てない中高生チームは、強豪校の総合練習方法は必見です!
チームづくり、技術・戦術指導する上では参考になります。

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 ブロックのやり方

壁を作って味方のチャンスを演出しよう!

handbal20



相手の動きを壁になって止め、チャンスを作るのがブロックプレーですね。
主にポストの役目ですが、試合の流れの中で他の選手も求められるので、ブロックのやり方を
覚えておきましょう。


そんなブロックのやり方としては、横と縦がありますが、まずはどこにスペースを作れば味方が
攻撃しやすいか、ポストなどのブロックをかける選手は考えておく必要があります。


そして、横ブロックなら、ディフェンダーの横に入り、相手と足が揃わないようにDFに対して
垂直になるように両足を構えます。
このようにすることで、自分の身体が壁になり、相手はボールに近寄ることが出来なくなり、
味方のシュートスペースが生まれます。


一方、縦ブロックなら、DFが味方のシュートしている選手に集中している隙に、相手の視野外
から入って前ブロックをかけます。


相手は前の動きを押さえられているので、前に詰め寄ることができず、ノーマークでシュートを
打てるチャンスを作ることが出来ますね。
ですが、この時に攻撃の選手が、自分からぶっかりにいったり、押したりするとファールを
とられたりするので注意しましょう。


また、このブロックプレーも、コンビネーションが大切です。
1人ひとりがバラバラに動いていては、上手くいきません。お互いの動きが連動しているから
相手ディフェンダーを崩せるのです。


その為にも、各選手が自分の役割を理解して、自分がこう動けば、相手DFはこちらについて
動く、するとそこにスペースできるから、最終的にはそこでシュートを打てば得点がとれる
というような流れを把握しておくことが大切でしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 シュートの練習方法

実際の試合を想定してシュート練習をしよう!

handbal21



ハンドボールのシュートの練習はどのようにおこなっていますか?
単純に1・2・3のタイミングでシュートを打っていても、相手に止められるだけですよね。


様々なタイミングでシュートを打てるようになることが大切になり、0歩や1歩などで打つのも
同じ考えからです。
当然、ディフェンダーやゴールキーパーが構える前に打てれば、それだけシュートが決まる確率は
高くなるものです。


また、歩数だけではなく、ジャンプシュートのタイミングを変えることも同じように効果的です。
最高到達点でシュートを打つのが基本ですが、ジャンプして直ぐに打っ、クイック気味にシュート打つ
のも効果的ですね。


また、ジャンプの落ち際に打つという方法もありますが、オーバーステップを取られることも多いので、
初心者なら、クイックシュートから練習した方が良いでしょう。


そして、シュート練習をするときはDFをつけてやると、より実践的になりますね。
ディフェンダーにシュートを打つ直前に手を上げ下げしてもらい、それに応じてシュートを打ち分ける
練習をし、横からのシュートを狙うようにすれば、サイドから打つブラインドシュートの練習にもなり
ますね。


また、試合では相手がサイドからのブラインドシュートを警戒してくることもあるので、そうした
時には狙うコースを変える必要があります。。
例えば、サイドハンドから途中でオーバースローに替えて左上すみを狙うよにするのです。


いずれにしても、相手ディフェンスの間合いや状況などによって左右のコースから打ったりすることなど
が出来るようになれば、実戦で使えるテクニックとなります。


更に、試合の後半にもなれば必ず疲れてくるものですが、これを想定して練習するのも良いでしょう。
例えば、ダッシュや腕立て伏せした後に、シュートを打てば、いつもは入っていたのに入りずらく
なったりするものです。


試合では、いつも万全な状態でシュートが打てるとは限らないので、疲れた状態を自分で作って、
どうすればその中でシュートが入りやすくなるのか考えておけば、苦しい状況の時に役に立つ筈です。


どちらにしても、ハンドボールの強豪校というのは、少ない時間でも効率的に個々のレベルが上がり、
チーム全体の総合力がアップする練習をしているものなので、それを知って身につければ、得点を
量産し、勝てるチームになれるでしょう。



強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ