ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

ハンドボール上達法 ゴールキーパーのサイドシュートのキーピング

GKはサイドシュートをしっかり止めよう!

handball11



サイドシュートをしっかりキーピング出来ていますか?
ハンドボールのゴールキーパーは、サイドシュートに対しては、シュートを打つ相手に
近い側のポスト寄りで守るのが基本です。


近めを潰して、遠目にも対応出来るようにするのです。
立ち位置の目安は、ゴールポストからボール1個分程度離れた位置にとり、そうすれば、
すぐに体を寄せて対応することも出来ますね。


ただ、この位置取りする時には、ゴールポストに近い方の足から踏み出しましょう。
そうすることで、適切な距離を保ちやすくなります。


また、近目を止める際には、体全体で「く」の字になるように腰を寄せて体で当たりに
行きます。
苦手にしているGKも少なくありませんが、簡単に入れられてしまうと、チーム全体の
ムードも悪くなるので、怖がらずに止めにいくことが大切です。


更に、積極的に前に詰めることも大事です。
ただ、むやみに前に詰めてしまうと、ループシュートを打たれると戻ることが出来なく
なります。


したがって、サイドシュートの時に前に出るタイミングというのは、ループシュートが
打てなくなった瞬間と言えます。
つまり、相手の手首が返った状態なら打っことが出来ないので、ここを見極めて前に
思い切って詰めると良いです。


いずれにしても、ハンドボールのゴールキーパーに大切なのは、根拠のある勇気です。
手足を上げて相手にボールをぶつけられに行くくらいの強い気持ちで、勝負に行き
ましょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる




ハンドボール上達法 7mスローのコツとルール

得点チャンスに確実に決めよう!

handball27



ゴールから7mのラインより後方1mまでの範囲で行う、7mスローを確実に決める
ことが出来ていますか?


ハンドボールの7mスローは、シュートする際に守備側の相手選手に明らかな得点チャンス
を妨害するなどの反則があった場合に与えれる、ゴールキーパーと1対1で行うシュート
なので、確実に決めたいものですね。


そして、7mスローのルールとしては、7mのラインを踏まないようにして、投げ終わるまで
片足(軸足)を床につけて行い、移動できません。


また、守備側はフリースローラインから出て、投げる選手から3m以上離れなければいけません。
そんな7mスローのやり方は、軸足を固定してシュートするようになります。


その為、もう一方の足を後ろに引きながらバックスイングしてシュート体勢に入り、両足は
動かさないで、上半身だけでシュート動作に入り、一瞬だけトップの位置で動きを止め、
キーパーの動きを見て、届かないところを狙ってリリースします。


また、利き腕と同じ側の足を振り上げて、足を後ろに引きながらボールを持っている腕を
高い位置に上げ、小さくバックスイングして、キーパーの足元を狙うやり方もあります。
腕を高い位置に上げることで、上の高いコースを狙うと思わせて下を狙うわけです。


更に、リリース直前で腕の振りを止めてフェイントを入れ、GKの動きを見ながらもう一度
バックスイングを行い、1回目より早いタイミングでシュート動作に入り、反応をみて
コースを狙うのも効果的でしょう。


いずれにしても、ジャンプが出来ないので、一連の流れでのシュートに比べ威力も変化も
小さくなってしまうので、確実に7mスローを決めるコツは、GKのタイミングをずらして
狙ったところにシュートをすることでしょう。


なお、シューターの方が有利な立場ですが、その分、決めなければいけないというプレッシャー
もあると思います。
ですが、7mスローを止められてしまうと試合の流れが変わることもあるのでメンタルも
大切です。


どんなにテクニックや体力があったとしても、気持ちが弱くては、その力を発揮することが
できないからです。
絶対にシュートを決めてやるという強い気持ちを持ってこそ、目の前の相手、そして試合に
勝つことが出来るのです。

check
>>本番で実力を発揮する最強のメンタルトレーニングはこちら

強豪校の短期間で上達する練習・指導法
強豪校監督が伝授!実践で生きる必勝スキル

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 ダブルフェイントの組み合わせ

フェイントの連続で相手を振り切って1対1を制する

handball26



ダブルフェイントが上手く出来ますか?
ハンドボールで相手チームのレベルが上がってくると、一度だけのフェイントだけでは、
相手もひっかからなくなってくるので、様々なフェイントを組み合わせて連続で行う必要が
ありますね。


効果的なのは、アウトとターンフェイントのダブルフェイントの組み合わてしょう。
自分が主導権を握って、相手を動かしていくようにします。


まず、インに仕掛ける振りをして、相手ディフェンダーの様子を伺い、インに寄せたら
アウトに切り返します。
この時に相手から遠い左手でドリブルをしながらアウトへフェイントするのがコツです。


相手を振り切ることができずに、アウトの動きに対応してきて、つかまえにDFが寄って
くれば、右肩を軸にして体のバランスを保って反時計回りにターンフェイントを仕掛け、
相手を振り切ってシュートに持ち込めばいいわけです。


この他にも、ダブルフェイントの組みわせは沢山あるので、自分で色々試してみて、自分
なりのものを作ると良いでしょう。


そして、DFとの1対1のかけ引きを制するには、如何に自分の間合いに持っていくかです。
その為には、はじめにフェイントを仕掛けた時に、相手がどんな動きをして対応してくるのか
見定める必要があります。


フェイントを仕掛けて抜ければそのまま行けばいいですし、例え掴まったとしても、相手が
どのようなディフェンスの対応してきたかを掴んでおけば、その後のプレーに活かすことが
できますよね。


例えば、パスを投げる瞬間にディフェンダーの方をちらりと見て、投げる方向を見てしまう
相手なら、パスフェイントが掛かりやすいと言えるかも知れませんね。
このように試合中は、常に相手の観察するようにするのです。


DFとの駆け引きは、一瞬の判断が成否を分けるので、少しの隙でも見逃さないように
しましょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
1対1で相手を抜くことが出来ない方必見!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 バックステップは攻撃にも大切

バックステップは攻撃(戦術)のコンビネーションにも大切

handball29



バックステップが上手く出来ますか?
ハンドボールにおいてバックステップは相手との間合いをとるのはもちろんですが、攻撃での
コンビネーションにも大切になってきますね。


例えば、攻撃時に自分が右バックにいたとして、左に展開するなら、右サイドにパスを出したら
真後ろでなく、バックステップで右後ろに下がるようにするのです。


そうすることで、相手ディフェンダーを右に寄せて、左のスペースを広げることも出来ます。
結果的に、相手を一人ずつ寄せることで左サイドにずれが生じてくるようになるのです。


このようにバックステップは、相手をずらすのにも使えるでんすね。
また、チームオフェンスが行き詰ると、たいていその場限りの個人技頼みになってしまいがち
です。


もちろん、自分で打開しようとする気持ちは大切ですが、それで行きすぎると、他の選手は
見ているだけになってしまいます。
これではシュートもなかなか決まりませんし、例え決まったとしても、チームのムードは盛り
上がりません。


チームが苦しい時こそ、チーム全体で得点をとることで、チームの士気もあがると思うのです。
いずれにしても、強いチームはオフェンス・ディフェンスのステップ等基本がしっかりできて
いるものです。


その中でも、バックステップは、攻撃のコンビネーションや得点を取るためには有効なので
しっかり出来るようにしておきましょう。

パスそしてバックステップの練習方法に工夫をしたシュート練習を
お見せします!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる




ハンドボール上達法 コンビネーションプレー

チーム全体で連動した動きを意識して
コンビネーションプレーをしょう!


handball30



チーム全体で連動した動きが出来ていますか?
実際に強いチームというのはコンビネーションプレーなどもしっかり出来ているものですね。


そしてハンドボールの試合で勝つには、攻撃の足がかりを作り、チーム全体で決められた
動きをする必要があります。
ですが、何となくやっているようなチームが多いように思います。


決められたようには動いているが、その約束事に縛られすぎて、ただ動いているだけに
なってしまっているのです。


例えば、相手の6-0DFなどに対して攻める際に、ポジションチェンジをサイドとバック
プレーヤーがきっかけとなる決められた動きをする場合、単にポジションを入れ替わる
だけでは、相手を崩すことが出来ません。


相手にシュートを打ってくるかもしれないという、脅威を与えることが必要になるんですね。
チームでの約束事である決められた動きというのは、相手を崩す為にやっている訳なので、
常に前を狙って、シュートをいっでも打てる態勢を作っておくことが欠かせないのです。


そして、隙があれば、ゴールを狙う構えを見せていれば、当然ディフェンダーも嫌が上でも
動かずにはいられなくなります。
また、ボールを持っていない選手の動きも重要で、スピードに乗って入ってくれば相手に
とっては脅威に感じ、ディフェンスを崩すことにも繋がります。


ボールを持たない動きというのは、なかなか教えるのは難しいものですが、勝負を分けるくらい
重要な技術といっても過言ではないでしょう。


いずれにしても味方と連動して、ボールを持つ選手の意図を感じて動くことが大切で、その為には
チームメイトの積極的にコミュニケーションをとることです。
コンビネーションプレーなどを含めた、チームとしての総合的スキルが上がらなければ試合では
勝てません。



これが強いチームとの差ではないでしょうか。


試合で勝てない中高生チームは、強豪校の総合練習方法は必見です!
チームづくり、技術・戦術指導する上では参考になります。

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ