ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

ハンドボール上達法 ドリブルの有効な場面と練習方法

ドリブルを正しく使おう!

handball26



ハンドボールでは正しくドリブルを使うと、有効な武器になりますね。
その為には、不必要なドリブルを避けて効果的に使う必要があります。


例えば、相手ディフェンダーに段差があるようなら、最初の3歩で相手をかわした後に
ドリブルを使えば非常に効果的です。
このように歩数とドリブルを組み合わせて使うことです。


更に、ゴールから遠い場所で1対1になった場合も、相手から遠い手を使ってドリブル
しながら進むことで効果的に攻めることが出来ます。


逆に速攻でいきなりドリブルをするのはよくありません。
特にセットオフェンスでドリブルから始めてしまうと、その後のプレーの選択肢が少なく
なってしまいます。


ボールをキープしたい時は、身体の横でボールをつき、顔をあげて視野を保って、左右の
どちらの手でも出来るように練習しておくことが大切です。
速攻の時は斜め前にボールをついて、走るスピード落とさないように。


また、ハンドボールは表面が硬く、弾きが弱いので、5本の指で強くドリブルしましょう。
なお、ドリブルの練習としては、足を伸ばして座った状態からドリブルを続けながら立ちあがる
ことをやってみましょう。(両手で出来るように)


この時には、視線をあげて前をしっかり見ながら続けて出来るようにします。
そうすることで実践にも役立ちます。
更に、ここから座るのもありです。


なお、応用として2つのボールを使って、左右の両方で同時にドリブルの練習をすれば、
身体能力を高めることにも繋がるでしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる





ハンドボール上達法 股下シュートのやり方

アンダースローで投げてGKの死角を狙おう!

handball31



股下シュートが上手く出来ますか?
体が大きいディフェンダーに対して効果的なので、投げ方を覚えておくと良いですね。


そんな股下シューtのやり方は、サイド気味のブラインドシュートやフェイントを狙い
動きを止めにきたDFが踏ん張った一瞬の隙を狙って、アンダースローに切り替えて
投げます。


例えば、サイドハンドからブラインドシュートを打つとキーパーとデイフェンダーに
見せて、それをブロックにしようとして足を広げて構えたところを、途中で投げ方を
アンダースローに切り替えて股下を狙うようにします。


この時には、GKの逆をつくようにします。
手首のスナップを使うのがコツで、ゴールの空いている方に正確に投げるように
しましょう。


また、シュートの練習方法としはDFをつけてやると、より実践的になりますね。
ディフェンダーにはシュートを打つ直前に手を上げるようにしてもらい、それに応じて
打ち分けるようにするのです。


例えば、手が上に上がったらサイドから狙ったり、逆に手が下ったら今度は上からと
いうように、相手の動きによって素早く反応して臨機応変にシュートを打てるようになる
ことが大切です。


その為、普段の練習からコースを意識しましょう。
何より、GKが右しかないと思った時に、左に打てれば相手の精神的なダメージが大きく
なり、その後の試合展開を有利に進められるでしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
シュートコースを見極める上級スキルの磨き方をお見せします。

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる


ハンドボール上達法 速攻時のパス

速攻時のパスはボールを奪ったら瞬時に出そう!

handball29



速攻が思うように決まらないという悩みはありませんか?
相手ディフェンダーが戻りきらないうちに、ゴールまで一気に攻め込む速攻は、得点を
とれる可能性が高く、ハンドボールには非常に有効な戦術と言えますね。


そんな速攻時のパスは、チャンスが生まれたら走りながら、フリーの選手を探して
投げるパスと、味方を速攻に走らせるパスがあります。


走りながらのパスの投げ方は、通常のオーバーハンドと同じですが、走りながら横を
向いて投げるようになるので、重心が流れやすくなるので、狙ったところに正確に出す
ことが難しくなります。


その為、下半身がぶれないように重心を安定させて、上半身の回転でパスを投げるのが
コツです。
また、言うまでもないと思いますが、味方が取りやすい位置にボールを投げることも
欠かせませんね。


更に、速攻の好機に、判断良く飛びだした味方がいれば、瞬時にパスを出さなければ
いけません。
その際には、味方の走るスピードと相手ディフェンダーとの距離を考えて、山なりや
真っ直ぐの伸びのあるパスを送りましょう。


瞬発力があって抜群に飛び出しの速い選手がいるなら、前にパスを出して、それを追い
かけさせるのも非常に有効です。
ボールにスピードがあればそれだけ難易度はあがりますが、通れば一気にワンマン速攻に
繋がりますね。


ただ、ゴールキーパーがカットを狙って飛び出してきている場合もあるので、GKの
動きにも注意を払っておく必要があります。


いずれににしても、速攻のパスは素早い判断と、正確なパスが要求され、タイミングが
大切になるので、一つ一つのテクニックのレベルアップを行って、チームとしての総合的
スキルを上げることが大切でしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
速攻などの戦術が決まらないチーム必見!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 ゴールキーパーのサイドシュートのキーピング

GKはサイドシュートをしっかり止めよう!

handball11



サイドシュートをしっかりキーピング出来ていますか?
ハンドボールのゴールキーパーは、サイドシュートに対しては、シュートを打つ相手に
近い側のポスト寄りで守るのが基本です。


近めを潰して、遠目にも対応出来るようにするのです。
立ち位置の目安は、ゴールポストからボール1個分程度離れた位置にとり、そうすれば、
すぐに体を寄せて対応することも出来ますね。


ただ、この位置取りする時には、ゴールポストに近い方の足から踏み出しましょう。
そうすることで、適切な距離を保ちやすくなります。


また、近目を止める際には、体全体で「く」の字になるように腰を寄せて体で当たりに
行きます。
苦手にしているGKも少なくありませんが、簡単に入れられてしまうと、チーム全体の
ムードも悪くなるので、怖がらずに止めにいくことが大切です。


更に、積極的に前に詰めることも大事です。
ただ、むやみに前に詰めてしまうと、ループシュートを打たれると戻ることが出来なく
なります。


したがって、サイドシュートの時に前に出るタイミングというのは、ループシュートが
打てなくなった瞬間と言えます。
つまり、相手の手首が返った状態なら打っことが出来ないので、ここを見極めて前に
思い切って詰めると良いです。


いずれにしても、ハンドボールのゴールキーパーに大切なのは、根拠のある勇気です。
手足を上げて相手にボールをぶつけられに行くくらいの強い気持ちで、勝負に行き
ましょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる




ハンドボール上達法 7mスローのコツとルール

得点チャンスに確実に決めよう!

handball27



ゴールから7mのラインより後方1mまでの範囲で行う、7mスローを確実に決める
ことが出来ていますか?


ハンドボールの7mスローは、シュートする際に守備側の相手選手に明らかな得点チャンス
を妨害するなどの反則があった場合に与えれる、ゴールキーパーと1対1で行うシュート
なので、確実に決めたいものですね。


そして、7mスローのルールとしては、7mのラインを踏まないようにして、投げ終わるまで
片足(軸足)を床につけて行い、移動できません。


また、守備側はフリースローラインから出て、投げる選手から3m以上離れなければいけません。
そんな7mスローのやり方は、軸足を固定してシュートするようになります。


その為、もう一方の足を後ろに引きながらバックスイングしてシュート体勢に入り、両足は
動かさないで、上半身だけでシュート動作に入り、一瞬だけトップの位置で動きを止め、
キーパーの動きを見て、届かないところを狙ってリリースします。


また、利き腕と同じ側の足を振り上げて、足を後ろに引きながらボールを持っている腕を
高い位置に上げ、小さくバックスイングして、キーパーの足元を狙うやり方もあります。
腕を高い位置に上げることで、上の高いコースを狙うと思わせて下を狙うわけです。


更に、リリース直前で腕の振りを止めてフェイントを入れ、GKの動きを見ながらもう一度
バックスイングを行い、1回目より早いタイミングでシュート動作に入り、反応をみて
コースを狙うのも効果的でしょう。


いずれにしても、ジャンプが出来ないので、一連の流れでのシュートに比べ威力も変化も
小さくなってしまうので、確実に7mスローを決めるコツは、GKのタイミングをずらして
狙ったところにシュートをすることでしょう。


なお、シューターの方が有利な立場ですが、その分、決めなければいけないというプレッシャー
もあると思います。
ですが、7mスローを止められてしまうと試合の流れが変わることもあるのでメンタルも
大切です。


どんなにテクニックや体力があったとしても、気持ちが弱くては、その力を発揮することが
できないからです。
絶対にシュートを決めてやるという強い気持ちを持ってこそ、目の前の相手、そして試合に
勝つことが出来るのです。

check
>>本番で実力を発揮する最強のメンタルトレーニングはこちら

強豪校の短期間で上達する練習・指導法
強豪校監督が伝授!実践で生きる必勝スキル

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ