ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

ハンドボール上達法 ジャンプシュートのコツ

ジャンプシュートのコツを掴んで得点率をアップしょう!

handbal20




ハンドボールのシュートと言えば、真っ先に思い浮かぶほど、試合で良く使うテクニックが
ジャンプシュートですね。


走り込んで大きくジャンプし、ボールを全力で叩きつけるのは、他のスポーツにはない迫力が
あります。。
そして、ステップシュートを除けば、その他のものは、このジャンプシュートはを変形させた
ものになるので、しっかり習得しておく必要があります。


ポイントとして、まず上げられるのは、右手で投げるのなら、反対の左足で踏み切り、可能な
限り高くジャンプすること。
そして、上半身を空中で捻って、パワーを溜めて思いっきり力強くリリースすろことが大切
です。


相手ディフェンスのブロックをかわすには、ジャンプの頂点で打てればシュート成功率も高く
なりますし、ジャンプの滞空時間が長くなるほど相手ゴールキーパーとの駆け引きを有利に
することが出来ます。


また、歩数を減らして、ジャンプシュートが上手くなれば、攻撃のバリエーションなどプレーの
幅が広がりますね。


2歩で行う場合は、ボールを空中でキャッチして、利き腕が右なら、逆の左足で床に着地し、
逆足でステップして、さらに反対側の足でジャンプして、より高く跳んで力強いシュートを
打つようにします。


なお、一歩で打つ場合は、ボールを空中でキャッチしたところで、利き腕と同じほうの
足で床に着地して、反対の足で踏み切るようにします。


シュートを打つ時は、、歩数を意識して考えて打つよりも、ボールを空中でキャッチした後の、
床に着いた足が左右のぢらになるかで、歩数を選択して打つと良いでしょう。


強豪チームが実践する、速攻からのノーマークシュート練習方法とは?
GKに対して、〇〇する跳び方がこの練習方法の肝です。1対1の状況で確実に
得点する力が身に付きます。

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる








ハンドボール上達法 得意なシュートをマスターしよう!

シュートが上手く決めることが出来ていますか?

handball9




シュートはハンドボールの醍醐味とも言えるプレーですね。
いくら、パスワークやフェイントなどの技術があっても、シュートが決まらなければ
勝つことは出来ません。


その為、まずは自分のチーム内のポジションや自分の得意とするプレースタイルに合った
シュート身につけることが大切です。


基本となるステップシュートから、最も使う頻度が多いジャンプシュート、更にポジションに
よって必要となるサイドシュート、相手ゴールキーパーの意表を突くループやブラインド
シュートなどあります。


そして、3歩目で打つステップシュートは、基本となるのでしっかり動作をマスターすることが
大切です。
右手で投げるのなら、反対の左足から踏み込んで3歩目でシュートを打ちます。
捻じった上半身のパワーを上手く使えば、威力のあるボールが投げられます。


また、ジャンプシュートは、相手ディフェンスの上からシュート打つものですね。
シュート見せかけてパスへ切り替えるのも効果的です。
コツとしては、利き腕が右なら、左の足で踏み切って、ボールを持っている腕を振り上げながら
より高くジャンプすることです。


また、当然、力勝負ばかりしていても相手に防御されてしまうので、ディフェンスやキーパーの
の裏をかくシュートも必要になります。
これは、ステップ、ジャンプシュートなどを合わせて使うことで、より決まりやすくなります。


さらに位置どりやポジションなどによっても色々なシュート技術が必要になってきます。
例えば、ポストシュートは、相手ディフェンスを背負っている時などに使え、パスを受けて
反転してシュートしたり、サイドシュートは角度がないところから打つ時には有効です。


このように、まずは自分の得意のシュートをマスターするようにしましょう。


ステップシュートと違い、ジャンプシュート独特な身体の操作方法をマスターするだけで、
見違えるような力のあるシュートを打てます。力だけではないあるコツを伝授します。


短期間で上達する練習・指導法
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる







ハンドボール上達法 オーバーハンドパスのやり方

 基本のオーバーハンドパスの投げる感覚を身につけよう!
ハンドボールでのパスでの基本となるのが、オーバーハンドパス、もしくはスリークォーター
で投げる方法です。

handball8



このオーバーハンドパスは、試合で使うことも非常に多く、指全部をつかってしっかり握って、
後ろに大きく振りかぶって投げるのがコツです。


ボールをキャッチしたと同時に投げる利き肩に引いて、肘を高く上げて肩より上を通すような
気持ちでパスをします。
また、ボールを離すリリース時に手首のスナップと指を使って、ボールに縦方向に回転を掛ける
ようにすると、勢いもついてコントロールも良くなります。


そして、足のつま先は投げる方向にしっかりステップして重心を移動させて投げるようにします。
逆に、ステップが不十分で重心移動のない投げ方をしてしまうと、コントロールもつかずボールに
勢いがつきません。


きちんとオーバーハンドパスのやり方の基本である正しく上から投げる事が出来れば、ボールは
正しい縦回転が掛かっているようになります。


ですが、上手く出来ないと左右に回転がブレたりして、受け手側もキャッチしにくくなって
しまいます。


当然、試合では相手がいるので、そのマークを交わして投げたり受けたりしなければならないので、
パスの種類も多く見につけておく必要があります。


そして、まずは高い打点からパスを習慣付けるようにすると良いです。
始めに低い打点から投げることを身につけてしまうと、フォームを後で変えようとしても、簡単には
治らずパワーにも影響してくるので、後になって苦労することになります。



したがって、高い打点のオーバーハンドパスは、身長に関係なく誰しもが身につけておく必要が
ある投げ方です。

短期間で上達する練習・指導法
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる







ハンドボール上達法 パスのコツ

素早くパスをつなごう!
パスはハンドボールにおいて攻撃の全てといってもいいほど大事なスキルですね。

handball6



コントロールの良いパスは、試合の勝敗を大きく左右すると言っても過言では
ありません。
その中でも、オーバーハンドパスはコントロールがつけやすく、そのままステップ
すればシュートにもなる重要なテクニックのひとつです。。


しかしハンドボールは、常に動いているなかでパスのコントロールが要求されので、
パスの基本が出来ていてこそ試合で応用も利かせられ華麗なプレーが出来るのです。


したがって、まずはボールをしっかり握らなければコントロールもつけられません。
その為には、ボールの縫い目に親指と小指をかけてしっかり握りましょう。
この時に、指1本程度ほどボールを握った手のひらに入るくらい隙間を空けるようにします。
この握り方を普段から習慣にすることが大切です。


まずは正しいボールの捕球から基本的なオーバーハンドパスなどをマスター
してください。


その上で横方向に素早く小さいモーションでパスをするラテラルパスや足元を通す
バウンドパスなど、必要なテクニックを修得することで、チーム全体のパスワークの
レベルが上がります。


また、パスを受ける側の体勢や状況によっても変わってきますが、基本は
相手の利き腕側の胸当たりを狙って投げます。

そうすることで、パスを受けた相手は次の動作に素早く移ることができ、
ドリブルやシュートなど選択肢が増え、チャンスが大きく広がります。


そして、基本ができるようになったら、段階に応じてサイドハンドやジャンピングパス
など応用テクニックも習得してバリエーションを増やしましょう。


なお、どんなに良いパスをしても、きちんと正しい位置でボールをキャッチしなければ、
次の動作に時間がかかってしまうので、日頃の練習から正しいキャッチが出来るように
取り組みことが大切です。

短期間で上達する練習・指導法
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる







ハンドボール上達法 キャッチの基本

キャッチの基本が出来ていますか?
ハンドボールが上達するには、正しいキャッチが出来てこそシュートもパスも
上手くなるものですね。

handball5



ハンドボールのキャッチは、基本的には両手を使って行いますが、同じ方向から
くるものはなく、パスにも様々な種類があります。


ボールの回転にしても縦回転や変則的な回転がかってくる変化球などもありますし、
ボールのスピードの強弱、長短のパスなど、展開やその時の場面で様々な
パスが飛んできます。


いずれにしても、どんなボールが来ても、全力でキャッチしなければいけません。
そして、密集しているところで、ポストマンが難しいパスに対応でき、全速力で
走りながらキーパーからのロングパスを受け取り、速攻でシュートがきまると、
試合の流れが変わり、チームに勢いがついてくるものです。


この様にハンドボールは、ひとつのパスやキャッチが試合の流れを変えて、勝利に
繋がることも少なくありません。


したがって、キャッチは、ハンドボールの全ての基本とも言えます。
そして、まずは顔の正面のやや低めに両手を出し、親指を「ハ」の字を作るように
構えて、ボールを掴むように手を軽く広げます。(この時に手と肘の力を抜くように
します。)


そして、ボールを捕球すると同時に、ボールの勢いを抑える為に、その状態のまま
身体にボールを引き寄せるようにキャッチします。


あくまで手のひらで受けるのではなく、初めはボールを胸に引きつけるようにする方が
取りやすいですが、指先で抵抗なく捕球できるようになれるようにすることが大切です。



そいて、確実にキャッチできるようになったら、そのまま肩に持ってきて、投球動作に
移れるようにしましょう。


少ない時間で効率よく上達できる練習方法!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる






ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ