ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

ハンドボール上達法 ドリブルのコツ

ドリブルを上達させよう!

handball25



ドリブルが上手く出来ていますか?
ドリブルはボールを運んだり、相手ディフェンダーと1対1で仕掛けることも必要になるので、
上達させる必要がありますね。


ですが、ハンドボールでのドリブルのルールでバスケットボールのようなハンドリングは
禁止されているので、上から床にボールをつくドリブルしか出来ません。


ハンドボールでドリブルが上手くなるコツとしては、相手の適正な距離を保ち、周り状況を
把握する為に視野を広くすることが欠かせません。
相手のマークがついている時は、特に大事になり、仕掛ける時は、近すぎても遠く過ぎても
相手にとって有利な間合いになり、ボールをカットされやすくなるので気をつける必要が
あります。



利き腕だけでなく、もう一方の腕でも同じようにドリブルが出来るようにしておくと良いですね。
相手の届かない位置でドリブルをすれば、相手にとられないでチャンスをそれだけ作ることが
できるので、相手にとられないぎりぎりの位置で、ボールをキープすることが大切です。


また、速攻では相手を一気に抜期き去る速いドリブルが求められます。
その為には、進行方向に対して、少し前方にボールをつくようにすればスピードが乗った
ドリブルが出来るようになります。


更に、スピードに緩急をつけると相手ディフェンスを翻弄することも出来ますね。
いずれにしても、状況に合ったドリブルをすることが大切で、自分の間合いでボールを保持して
いる時は、フェイントなども使って積極的にドリブルで仕掛けてみましょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる








ハンドボール上達法 ステップワークの練習

ディフェンスでのステップワークをマスターしよう!

handball24



ステップワークが上手く出来ていますか?
ディフェンスで相手オフェンスのの動きについていけないことがあるなら、ステップ
ワークの基本をしっかりマスターすることが大切ですね。


練習としては前後のステップなら、ゴールとフリースローラインの間をステップワークを
使って移動する練習をすると良いでしょう。


まず一歩目のステップを大きくとり、後は細かく行いフリースロラインで、一旦停止して
基本の構えを取り、そこからバックステップでゴールラインまで戻ります。
また、ディフェンスでは、その時々の状況で、相手への素早く反応できる踏み出しの1歩目が
必要になってきます。


その為には、利き足が毎回一歩目になっていたら、相手オフェンスの動きに対して遅れて
しまうので、左右どちらの足からでもステップワークが始められるように意識して、練習を
することが大切です。


また、コート内を自由自在に動くには、クロスステップで三角形の動きの練習するのも
良いですね。
これも3つのポイントで基本の構えをとり、左右どちらの足からでも行い、はじめの一歩目
の素早い踏み出しを行うことがコツです。


更に移動する方向と同じ側の足から横方向に移動するサイドステップは、小さくステップを
踏んで進行方向につま先を向けて行うと、なめらかに動けるようになります。
また、横方向に移動距離が長いようなら、体は正面を保ってクロスステップを使って、はじめの
一歩目を大きく踏み出すようにします。


ハンドボールのステップワークの練習は一人でも出来ますが、部員の技術的な質問に答え
られるなど、間違った動きを直したりするなど、選手との接し方も大切です。
何より、コーチや監督の適切な指導がないと、ななかな個々の技術が伸びず、チームも強く
ならないものです。



そんな選手の能力の高い低いにかかわらず毎年全国大会で勝ち上がれるチームをつくることは
想像以上にたいへんなものですが、それを実践している阿部先生の指導法は部員はもちろん、
生徒に教える方にも学ぶべきことが沢山あるでしょう。

強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる









ハンドボール上達法 シュートブロック

しっかりシュートブロックをしょう!

handball23



相手のオフェンスに対して、しっかりシュートブロックが出来ていますか?
ゴール前での相手のシュートは即失点に繋がってしまう可能性が高いので、
シュートをブロックする技術は、ディフェンスには欠かせないものです。


そして、相手オフェンスのシュートを防ぐには、相手に対して面と向かうのではなく
片足を引いた基本の構えからブロックすることです。
その上で、仕掛けてくる相手のボールを持っている利き腕側をブロックし、逆側は
味方のゴールキーパーに任せるようにします。


そうすることで、相手オフェンスのシュートを限定することが出来ますね。
オフェンスのボールを持ってる方の利き腕側をブロックで抑えないと、ゴールが
相手から丸見えになってしまいます。


更に、両手を高くあげて相手の視野をさえぎるようにしてしまえば、シュートフェイント
からのパスやドリブルなども上手く出来なくなります。


とにかく相手のシュートを防ぐには、シュートコースをなくすことが大事なので、高い
ジャンプを必ず必要はなく、しっかりブロックすることを心がけるようにして、少し
後ろに跳ぶようにすることがコツです。



前にブロックに跳んでしまうと、相手に接触してファウルをとられてしまうことがある
ので、あくまでシュートコースをなくすために、相手の利き腕側をブロックしてジャンプ
するようにしましょう。


もちろん、味方のゴールキーパーとの事前に打ち合わせをして、連携しておくことが
大事ですね。


なお、シュートフェイントからドリブルやパスをすることも良くあるので、ブロックでの
ジャンプのタイミングを間違わないようにする必要があります。
その為には、相手のシュートする直前にジャンプするように意識して行ったほうが
良いでしょう。


短期間で上達する練習・指導法
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる







ハンドボール上達法 ポストシュートで得点をとる

ポストから得点を狙おう!

handball21


ハンドボールはポジションや位置どりなどによって様々なシュート技術が必要に
なりますね。


当然、試合では相手ディフェンダーを背負った場面も多く、そうした時には動きながら
パスを受けて、反転してシュートするポストシュートも必要になるでしょう。


ポストにいいボールがタイミング良く入れば、高確率でゴールを決めることが出来ます。
相手ディフェンスの位置にも変わってきますが、ポストシュートの基本の形は、右方向に
動きながらパスを受けて、ゴールの左隅を狙うことです。


とは言え、いずれにしても、その時々の状況によって変わってくるので、左右どちらにでも
同じシュートが打てるように練習しておく必要があるでしょう。


そして、相手にパスをカットされないようにする為に、まずはボールを受ける構えが
重要になります。


片足を引き、ボールを受ける手とディフェンスの間に距離をおいて、相手から離れて
パスを受けたら、敵のいない方向に素早く反転して、出来るだけ高い打点でシュートを
打つようにします。



跳び方や方向を変えたり、ピボットからシュートを放つようにしたりと、色々な
角度から打てるように出来ると良いですね。


シュートの良し悪しは、キーパーの動きや自分のメンタルにも大きく影響を受けるので
試合本番で実力が思う存分に発揮できるように、日々の練習をしっかり行うように
しましょう。


また、監督やコーチも「キーパーが左に飛んだら右」「身体の近くを狙え」とか具体的な
指示をすることで、シュートの成功率があがることもよくあるので、生徒に上手く
指導出来るようにしておくことが大切でしょう。


指導者がいない選手や未経験の指導者でも、少ない
時間で効率的に上達出来る方法を教えます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる








ハンドボール上達法 ドリブルとフェイント

ドリブルとフェイントを駆使して1対1で相手を抜く

handball22



1対1の場面で相手を抜くことが出来ていますか?
パスがチームワークでの技術なら、ドリブルとフェイントは個人技術を前面に出す
プレーですね。


自分のチームを優位にする為にも、相手との1対1の勝負には個人技を駆使して
相手を抜き、勝つ必要があります。


そして、ボールを運ぶ手段の一つがドリブルで、パスやシュートの前の動作になり、
相手にとられない高いボールスキルがあれば、試合で効果的なドリブルが出来ます。


例えば、利き腕の右からシュートに持ち込む時には、相手ディフェンスの位置にも
よりますが、ボールを奪われない為にも、左の腕でのドリブルが効果的でしょう。
その為、ドリブルは左右どちらでも行えるようにしておくといいですね。


一方、相手をかわして仕掛けるフェイントも、ディフェンスの動き、味方の位置関係を
把握して、効果的に使うことが大切です。


そして、ドリブルにも言えることですが、フェイントで気をつけたいのが相手との
間合いです。
遠く過ぎても近すぎても上手く行かないので、相手と握手するぐらいのぎりぎりの距離
でやると良いです。


相手が間合いを詰めて来た時などは、フェイントを仕掛ける好機などで、上手くタイミング
と距離を見定めて行うようにしましょう。


また、ボールを受ける前の動きがドリブルとフェイントをより効果的にするので、
如何にフリーの状態でパスを受けて、仕掛けるかで相手の対応も変わってきます。

反対に自分に相手は引きつければ、それだけ味方にフリーが生まれますね。


特に、インやアウトへのフェイントは、直接得点に結びつくプレーなので、相手の対応や
状況を良く見ながらプレーを選ぶことで、得点チャンスが大きく広がります。


したがって、相手ディフェンスとの駆け引きに勝つことが勝利に結びつくので、
ドリブルやフェイントなどの個人技を上達させることも欠かせません。


DFを1対1で突破するなど、実践技術や指導法も学べます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる




ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ