ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

ハンドボール上達法 ディフェンスの構え方

ディフェンスでは常に基本姿勢を保つことが大切!

handball11



ディフェンスの構え方がしっかり出来ていますか?
ハンドボールの試合で勝利するには、当然、守れないチームが試合で勝つことは
難しいものです。


その為、一人一人の選手が守備力を高め、相手の攻撃を防ぎ封じるディフェンス力を
身につける必要がありますね。
そして、まずは基本となるのがディフェンスの構え方です。


姿勢を真っ直ぐにして、両足は肩幅を基準に開き、膝を軽く曲げ腰を落として、左右
どちらかの足をやや引いて、両手を上げるのが基本のディフェンスの構え方です。


ディフェンスでは常に基本姿勢を保つようにすることが大切です。
例えば前に傾くような姿勢になってしまうと、それだけ視野が狭くなるのはもちろん、相手の
動きに遅れをとって、手も下がった状態になることで、相手にシュートやパスのコースを容易に
与えてしまいかねません。


また、相手オフェンスのボールを持ってい方の腕と反対の足を少し前に出して構えるように
すると、すぐに反応できるので、相手に対してプレッシャーをかけ、シュートやパスを
やりにくくすることにもなります。



そして、相手オフェンスに対して、左右や前後あらゆる方向に対応出来るようにサイドステップ
やクロスステップ等を使って守ります。
このステップワークはハンドボールのディフェンスの基本とも言える動きです。


このステップワークをないがしろにしていると、試合で相手に付いていけなくなるので、
レギュラーになりたいなら必ずマスターしておきたいスキルです。


このステップワークを体に浸み込ませるようにすれば、ドリブルやパスカットなど守備から
攻撃に、すぐに転じることが出来るようになってきます。

短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる




ハンドボール上達法 ラテラルパスのコツ

ラテラルパスで相手の意表をつこう!

handball10



ラテラルパスは、相手の意表をついて横にパスを繋ぐときに有効ですね。


ボール受け、素早く投球動作に入って、小さいモーションで軽く肘を曲げて、スナップ
の力を利用して横にパスをするので、相手が予想しずらいでしょう。


このラテラルパスの成功するコツは、ボールをキャッチしたところから、高さを変えずに
横方向にパスをすることです。



当然、試合では毎回キャッチしやすいボールが来るわけでもなく、高い位置でボールを
受け取ることもあります。


難易度は上がりますが、その分、腕が高いところにあれば、相手はシュートを打たれる
ことを警戒して腕を上げてくるので、尚更、ラテラルパスの横へのパスは、相手が反応
しにくいので、効果的と言えますね。


とは言え、時にはディフェンスとの駆け引きにおいて、シュートやオーバハンドパスを
するような動作などをして、フェイントを入れて惑わすことも必要です。
本来のラテラルパスの目的は素早いパス回しであり、相手のマークをずらして、フリーに
なっている味方にパスを繋げることです。



その為、相手の意表をつくためにも、投げる横方向を見ないで味方に投げることが
重要です。
したがって、広い視野を持って、味方の位置を把握しておくことが欠かせません。


科学的なトレーニングと理論を元にした上達練習法
これを身につければ、個人のスキルもアップし、試合で得点を量産し、勝てる
チームになることも夢ではありません。

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる





ハンドボール上達法 ブラインドシュートのコツ

キーパーの意表をつこう!

handbal21



ブラインドシュートが上手く出来ていますか?


シュートが上手く出来るかどうかは、相手キーパーの動きや自分のメンタル部分にも
影響されるので、試合本番で十二分に実力が発揮できるように普段から練習の取り組み
が大切ですね。


ですが、チームによっては、ショートまでの過程ばかりまでを練習して、シュートは
個人練習というところも比較的多いように思いますが、もっとチーム全体で実践を
想定したシュート練習をする必要があります。


そして、ブラインドシュートは、相手ディフェンスの横からサイドスローで打つシュート
で、相手ゴールキーパーの意表をつくことが出来ます。


キーパにとっては、味方ディフェンスの横から打たれるので、シュートを打つ選手が
死角となって見えないので、隙をつかれて反応しにくくなります。


このブラインドシュートのコツとしては、直前まではディフェンスの手の上から
投げるとみせかけておき、相手ディフェンスと自分が重なるようにして、その状態
から顔を出さずに、サイドスローでシュート打つようにします。



左右からコースを打ち分けられたり、ディフェンスとの間合いなど、その時々に応じて
シュートが打てるように練習することで、より実践で使え、効果を発揮できるテクニック
になるでしょう。


そして、ブラインドシュートは目線にポイントがあり、ゴールの左右が見えるように
打つためのあるコツがあります。


キーパーが絶対にとれない威力あるブラインドシュートを打つ
ための練習法とは?

DVDでディフェンスの選手を使ってどのように打つか解り易く解説!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる





ハンドボール上達法 ジャンプシュートのコツ

ジャンプシュートのコツを掴んで得点率をアップしょう!

handbal20




ハンドボールのシュートと言えば、真っ先に思い浮かぶほど、試合で良く使うテクニックが
ジャンプシュートですね。


走り込んで大きくジャンプし、ボールを全力で叩きつけるのは、他のスポーツにはない迫力が
あります。。
そして、ステップシュートを除けば、その他のものは、このジャンプシュートはを変形させた
ものになるので、しっかり習得しておく必要があります。


ポイントとして、まず上げられるのは、右手で投げるのなら、反対の左足で踏み切り、可能な
限り高くジャンプすること。
そして、上半身を空中で捻って、パワーを溜めて思いっきり力強くリリースすろことが大切
です。


相手ディフェンスのブロックをかわすには、ジャンプの頂点で打てればシュート成功率も高く
なりますし、ジャンプの滞空時間が長くなるほど相手ゴールキーパーとの駆け引きを有利に
することが出来ます。


また、歩数を減らして、ジャンプシュートが上手くなれば、攻撃のバリエーションなどプレーの
幅が広がりますね。


2歩で行う場合は、ボールを空中でキャッチして、利き腕が右なら、逆の左足で床に着地し、
逆足でステップして、さらに反対側の足でジャンプして、より高く跳んで力強いシュートを
打つようにします。


なお、一歩で打つ場合は、ボールを空中でキャッチしたところで、利き腕と同じほうの
足で床に着地して、反対の足で踏み切るようにします。


シュートを打つ時は、、歩数を意識して考えて打つよりも、ボールを空中でキャッチした後の、
床に着いた足が左右のぢらになるかで、歩数を選択して打つと良いでしょう。


強豪チームが実践する、速攻からのノーマークシュート練習方法とは?
GKに対して、〇〇する跳び方がこの練習方法の肝です。1対1の状況で確実に
得点する力が身に付きます。

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる








ハンドボール上達法 得意なシュートをマスターしよう!

シュートが上手く決めることが出来ていますか?

handball9




シュートはハンドボールの醍醐味とも言えるプレーですね。
いくら、パスワークやフェイントなどの技術があっても、シュートが決まらなければ
勝つことは出来ません。


その為、まずは自分のチーム内のポジションや自分の得意とするプレースタイルに合った
シュート身につけることが大切です。


基本となるステップシュートから、最も使う頻度が多いジャンプシュート、更にポジションに
よって必要となるサイドシュート、相手ゴールキーパーの意表を突くループやブラインド
シュートなどあります。


そして、3歩目で打つステップシュートは、基本となるのでしっかり動作をマスターすることが
大切です。
右手で投げるのなら、反対の左足から踏み込んで3歩目でシュートを打ちます。
捻じった上半身のパワーを上手く使えば、威力のあるボールが投げられます。


また、ジャンプシュートは、相手ディフェンスの上からシュート打つものですね。
シュート見せかけてパスへ切り替えるのも効果的です。
コツとしては、利き腕が右なら、左の足で踏み切って、ボールを持っている腕を振り上げながら
より高くジャンプすることです。


また、当然、力勝負ばかりしていても相手に防御されてしまうので、ディフェンスやキーパーの
の裏をかくシュートも必要になります。
これは、ステップ、ジャンプシュートなどを合わせて使うことで、より決まりやすくなります。


さらに位置どりやポジションなどによっても色々なシュート技術が必要になってきます。
例えば、ポストシュートは、相手ディフェンスを背負っている時などに使え、パスを受けて
反転してシュートしたり、サイドシュートは角度がないところから打つ時には有効です。


このように、まずは自分の得意のシュートをマスターするようにしましょう。


ステップシュートと違い、ジャンプシュート独特な身体の操作方法をマスターするだけで、
見違えるような力のあるシュートを打てます。力だけではないあるコツを伝授します。


短期間で上達する練習・指導法
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる







ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ