ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

ハンドボール上達法 バックプレーヤーの位置取り

正しい位置を取れば、プレーの選択肢が広がる!

handball37



ハンドボールのバックプレーヤーは前を狙い続けるタフさと、周りを生かせる
視野の広さが求められると思います。
その為にも、バックプレーヤーがが正しい位置取りをすることが大切ですね。


左、右バックは、9メートルラインの外の膨らみのあたりに位置取りをすると
いいのかなと。
そうすれば、センターとの距離も取れますし、ディフェンダーを広げることも
出来ますよね。(^-^;


更に、サイドのパスも相手にカットされにくく、一直線にゴールに向かって
カットインして切り込めます。
ですが、インに寄ってしまうと、それが上手く出来なくなってしまいます。


ただ、多くのバックプレーヤーが9メートルラインよりも内側に位置取りを
しがちなのかな?と思います。
そうすると、相手との間合いが近くなるし、ディフェンダーを広げることが
出来ません。


特に試合の入りでは、バックプレーヤーがアウトコースを狙うのが王道と
言われます。
というのも、アウトコースを攻めることで、DFが広がり、ロングシュートもそれ
だけ打ちやすくもなるからです。


いずれにしても、まずは勝てる戦術を理解して、しっかり位置取りすることが
大切でしょうね。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる

ハンドボール上達法1対1のフェイントの考え方

相手DFが利き腕を制してきたときのフェイント

handball44



ハンドボールで1対1になった時に、フェイントで抜くことも必要に
なります。
例えば、相手ディフェンダーが利き腕側を守ってくるようなら、シュートを
強く警戒しているので、すり抜けるるようにするか、切り返しが有効です。



すり抜ける場合なら、アウトに移動しながらパスをもらい、左足を外に
踏み出して右肩をいれ、出してくるDFを背中でかわすようにすれば
いいですね。


一方、切り返しではボールをもって上半身をアウト側に倒します。
そうするとDFも寄ってくるので、そこでインに切り返せば、相手は
対応が遅れます。


このようにアウトに抜けるか、インに切り返すか、相手に応じて駆け引き
することが大切になります。
また、右利きの左バックに対して相手ディフェンダーが右の足を前に出して
くるのなら、アウトに抜かれたくないからです。


この場合はインとアウトでボールをもらう2通りのやり方があります。
インの場合は、アウトに位置取りをして、DFをおびき寄せ、ボールを
持たずにインにずれてパスをもらいます。


もうひとつは、アウトにずれながらボールをもらい、そうすれば相手は
行かせたくないので寄ってくるので、インに切り返してDFをかわし、
シュートに持ち込むようにすればいいわけです。


この場合は、ボールをもらう前の動きが大切になってきますね。
いずれにしても、ボールをもってから動くのではなく、もらう前の準備が
勝敗を分けるといえます。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる

ハンドボール上達法 攻守(速攻)の切り替え

速攻の飛び出しのセオリーとは?


handball46



攻守の切り替えが上手く出来ていますか?
例えば、リバウンドやルーズボールから速攻に繋げる場合の攻守の切り替え
の原則は、自分のマークマンが残っているような時には、例えマイボールに
なっても飛びなさないことです。


チームによっては、サイドのDFが飛びだせば、代わりに2枚目の選手が残り、
リバウンドを見るというシステムを組んでいることもあります。
ですが、本来は自チームのボールになったことを確認してから速攻に飛び出す
のがセオリーです。


例えば、敵のセンターがオーバーステップでマイボールになった場合、中央の
ディフェンダーは、すかさず速攻に飛び出します。
この時点で既に相手のセンターを追い越しているので、速攻で数的優位を作る
ことが出来ます。


ですが、多くの選手は、センターをマークしていた中央の選手がボールを拾って
投げようとします。
これでは、数的優位を作ることが出来ません。


その為、ここでの攻守の切り替えのポイントは、反則を誘った選手はボールに
触らずに、すぐさま走り出して速攻に転じることです。
このセオリーを分かっていれば、真ん中を守っている選手でも、攻守の切り替えが
スムーズにでき、速攻で多くの点を取れるようになるでしょう。


なお、上手い選手ほどルーズボールは必死になって捕りに行きますし、味方が
打ったボールに対してリバウンドが転がる方向を予測して準備を怠っていません。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 サイドへの飛ばしパス

飛ばしパスを効果的に使おう

handball45



ハンドボールでサイドの状況を見て、ノ―マークの味方に通すのに有効なのが
飛ばしパス。
これはクロスアタック対策にもなりますね。


例えば、左側の3対3の状況で、2枚目と3枚目がセンターを守りにきたとし
ましょう。
そのような場合には、この時点で他に数的な優位な場所があることが分かる筈です。


そして、左バックに対して、1枚目のデイフェンダーがクロスアタックで詰めて
きた時には、センターは左バックを経由せずに左サイドへ飛ばしパスを出すこと
で、ノーマークの味方にボールを送れるようになれるわけです。


また、豊富な運動量があり、フットワークの優れたトップDFが前に出てパス回しに
圧力をかけくる5-1DFシステムの場合も、飛ばしパスは有効ですね。
チームによっては、トップDFに身長が高く、リーチの長い選手を置いたりして、
パス回しのリズムを崩そうとしてきたり、ロングシュートを打たれにくくさせるなど、
バリエーションも多いものです。


ですが、下の5人はゾーンで守るようになり、6-0DFよりもスペースが広いので
間を割りやすいものです。
そこで、左と右バックで飛びパスを使えば、広い5対5を攻めることで、それだけ
得点もとりやすくなる筈です。


ただ、フリーの状態でパスを味方が待っていても、捕りにくいところにパスが来たら
チャンスも失われてしまうので、受け手が次のプレーに移行しやすいように、正確で速い
パスを送れるかどうかです。


日頃からそうしたことを意識して練習をしていれば、試合で必ず生きてくるでしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
5-1ディフェンスの攻め方も学べます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる


ハンドボール上達法 バックプレーヤーのシュートでの駆け引き

バックプレイヤーのシュートスキルを磨こう

handball44



バックプレーヤーは攻撃の中心を担い、ポジションを広くとって、ディフェンスラインを
広げたり、常にシュートを狙う役割があります。
当然、前を狙う強さがないと、相手を引きつけられません。


エースならゴールが決まらなくても打ち続ける心の強さも必要ですね。
そして、ディフェンスラインがゴールエリア付近にあり、DFが前に詰めてこず、前に
スペースがある時には、ロングシュートを積極的に狙いたいですね。


ただ、前にスペースがあるからといって、デイフェンスに近づくのは良くありません。
また、味方からパスを受けたら、出来るだけ少ない歩数でシュートを打てば、ブロック
やキーパーのタイミングもずらしやすくなります。


更に、ワンバウンドのロングシュートを狙うのも面白いです。
低めの隅を狙ってボールをはずませて、スライディングしたGKの頭上を越えさせるように
するのです。


ですが、クロスバーを越えないようにしなければいけないので、普段からどれくらいの
前でボールを弾ませるのかを考えて練習しておく必要があります。
例え、きまらなくても前半に1本でも見せておけば、しゃがんでスライディングするのを
躊躇するようになるので、その後の駆け引きが楽になります。


また、右利きのシューターがゴールを狙う時に、DFが流しを消してGKが引っ張りを
受け持つてい場合には、DFのあげた両手にかぶったと見せかけて、肘から先をDFの
腕に巻きつけるようにして引っ張りに打つのも効果的です。


ゴールキーパーは味方が両手をあげてブロックした隙間からボールが見えたら、慌てて
流しに反応することが多いので、引っ張りまで待って打てば、決まりやすいです。
いずれにいても、シュートを状況によって投げ方は変わってくるので、練習に取り組む
中で、多くのパターンを学ぶことが上達し強くなる為には大切でしょう。

強豪校の短期間で上達する練習・指導法
様々なシュートパターンが学べます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達
handball1
ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ