ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

ハンドボール上達法 攻守(速攻)の切り替え

速攻の飛び出しのセオリーとは?


handball46



攻守の切り替えが上手く出来ていますか?
例えば、リバウンドやルーズボールから速攻に繋げる場合の攻守の切り替え
の原則は、自分のマークマンが残っているような時には、例えマイボールに
なっても飛びなさないことです。


チームによっては、サイドのDFが飛びだせば、代わりに2枚目の選手が残り、
リバウンドを見るというシステムを組んでいることもあります。
ですが、本来は自チームのボールになったことを確認してから速攻に飛び出す
のがセオリーです。


例えば、敵のセンターがオーバーステップでマイボールになった場合、中央の
ディフェンダーは、すかさず速攻に飛び出します。
この時点で既に相手のセンターを追い越しているので、速攻で数的優位を作る
ことが出来ます。


ですが、多くの選手は、センターをマークしていた中央の選手がボールを拾って
投げようとします。
これでは、数的優位を作ることが出来ません。


その為、ここでの攻守の切り替えのポイントは、反則を誘った選手はボールに
触らずに、すぐさま走り出して速攻に転じることです。
このセオリーを分かっていれば、真ん中を守っている選手でも、攻守の切り替えが
スムーズにでき、速攻で多くの点を取れるようになるでしょう。


なお、上手い選手ほどルーズボールは必死になって捕りに行きますし、味方が
打ったボールに対してリバウンドが転がる方向を予測して準備を怠っていません。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 サイドへの飛ばしパス

飛ばしパスを効果的に使おう

handball45



ハンドボールでサイドの状況を見て、ノ―マークの味方に通すのに有効なのが
飛ばしパス。
これはクロスアタック対策にもなりますね。


例えば、左側の3対3の状況で、2枚目と3枚目がセンターを守りにきたとし
ましょう。
そのような場合には、この時点で他に数的な優位な場所があることが分かる筈です。


そして、左バックに対して、1枚目のデイフェンダーがクロスアタックで詰めて
きた時には、センターは左バックを経由せずに左サイドへ飛ばしパスを出すこと
で、ノーマークの味方にボールを送れるようになれるわけです。


また、豊富な運動量があり、フットワークの優れたトップDFが前に出てパス回しに
圧力をかけくる5-1DFシステムの場合も、飛ばしパスは有効ですね。
チームによっては、トップDFに身長が高く、リーチの長い選手を置いたりして、
パス回しのリズムを崩そうとしてきたり、ロングシュートを打たれにくくさせるなど、
バリエーションも多いものです。


ですが、下の5人はゾーンで守るようになり、6-0DFよりもスペースが広いので
間を割りやすいものです。
そこで、左と右バックで飛びパスを使えば、広い5対5を攻めることで、それだけ
得点もとりやすくなる筈です。


ただ、フリーの状態でパスを味方が待っていても、捕りにくいところにパスが来たら
チャンスも失われてしまうので、受け手が次のプレーに移行しやすいように、正確で速い
パスを送れるかどうかです。


日頃からそうしたことを意識して練習をしていれば、試合で必ず生きてくるでしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
5-1ディフェンスの攻め方も学べます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる


ハンドボール上達法 バックプレーヤーのシュートでの駆け引き

バックプレイヤーのシュートスキルを磨こう

handball44



バックプレーヤーは攻撃の中心を担い、ポジションを広くとって、ディフェンスラインを
広げたり、常にシュートを狙う役割があります。
当然、前を狙う強さがないと、相手を引きつけられません。


エースならゴールが決まらなくても打ち続ける心の強さも必要ですね。
そして、ディフェンスラインがゴールエリア付近にあり、DFが前に詰めてこず、前に
スペースがある時には、ロングシュートを積極的に狙いたいですね。


ただ、前にスペースがあるからといって、デイフェンスに近づくのは良くありません。
また、味方からパスを受けたら、出来るだけ少ない歩数でシュートを打てば、ブロック
やキーパーのタイミングもずらしやすくなります。


更に、ワンバウンドのロングシュートを狙うのも面白いです。
低めの隅を狙ってボールをはずませて、スライディングしたGKの頭上を越えさせるように
するのです。


ですが、クロスバーを越えないようにしなければいけないので、普段からどれくらいの
前でボールを弾ませるのかを考えて練習しておく必要があります。
例え、きまらなくても前半に1本でも見せておけば、しゃがんでスライディングするのを
躊躇するようになるので、その後の駆け引きが楽になります。


また、右利きのシューターがゴールを狙う時に、DFが流しを消してGKが引っ張りを
受け持つてい場合には、DFのあげた両手にかぶったと見せかけて、肘から先をDFの
腕に巻きつけるようにして引っ張りに打つのも効果的です。


ゴールキーパーは味方が両手をあげてブロックした隙間からボールが見えたら、慌てて
流しに反応することが多いので、引っ張りまで待って打てば、決まりやすいです。
いずれにいても、シュートを状況によって投げ方は変わってくるので、練習に取り組む
中で、多くのパターンを学ぶことが上達し強くなる為には大切でしょう。

強豪校の短期間で上達する練習・指導法
様々なシュートパターンが学べます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 サイドの1対1

サイドの1対1から積極的に仕掛けよう

handball43



サイドプレーヤーの主な役割は、味方が作ってくれたチャンスを確実にゴールを
決めること。
とは言え、それだけでなく、現代のハンドボールでは、自分から仕掛けていける
サイドプレーヤーがいるチームはやはり強いものです。


実際にトップレベルになると、積極的に仕掛けてサイドの1対1からでも切り崩し、
味方を余らせるプレーを見かけます。


これは味方にパスを返す時も、ただ戻すのではなく、仕掛けて対面のDFを引き
つけ寄せてからパスを返すようにすれば、5対5の状況を作ればパスを受けた
バックプレーヤーも動きやすくなります。


また、パスを返す時にも、目の前にいるDFがどのタイミングで目を切るかを
確認しておくと良いです。
というのも、自分の手からボールが離れる寸前に相手が視線を動かすようなら、パス
フェインクに引っかかる可能性が高いからです。


そのような時には、仕掛けてアウトから抜いても良いでしょう。
また、相手に隙があるようなら、サイドからでもステップシュートを狙っても
面白いですね。


この時には、DFの手が上がっていない時が狙い目です。
例え決まらなくても、試合の前半に見せておけば、敵は警戒してくるので、その後の
攻撃(戦術)の幅も広がり、試合展開も優位に進められます。


サイドは。周りに使ってもらうとか、待ちのポジションと言われてきましたが、今の
ハンドボールは自分から仕掛けるサイドが必要です。
サイドシュートはもちろん、フェイントやステップなどのスキルを高めるようにして行きましょう。


強豪校監督が伝授!実践で生きる必勝スキル
練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 終盤の接戦での残り1分の使い方

残り1分の使い方が勝負を分けることもある

handball42



ハンドボールで終盤の接戦では、残り1分の使い方(戦術)が大切になることが
あります。
1点差を逃げ切るのか、同点にして延長線に持ち込むのか、色々なパターンがあり
ます。


実際に、1点が取れずに悔しい思いをしたことがある選手やチームも少なくない
のではないでしょうか。


例えば、僅差で負けている場合は、通常通り守っていても勝機は見いだせないので、
全員でマンツーマンについてオールコートプレスでボールを奪いにいっほうがいい
でしょうね。


もちろん、間を抜かれるリスクはありますが、勝ちたいのであればすべきだと思い
ます。
また、7人で攻める場合なら、スペースが狭くなってしまうので、カットインは
避けて、ポストのブロックなどを絡めたロングを狙ったほうが良いでしょう。


と言うのも、残り1分の時点で、どんなに時間を使ったとしても、オフェンスは
30秒くらいが限度になってくるからです。
この時点でタイムアウトを取ったなら、点を取る形はもちろんですが、残り時間の
守り方もしっかり決めておくことが大切です。


逆に僅差で勝っている場合は、時間を確実に使ってプレーすることが大切。
積極的な姿勢が見られないことでとられるパッシブ プレーの寸前になったらゴール
エリアの一歩手前に打って時間を稼ぐことも時には必要です。


勝負の時には、エースにボールを託すことも多くなると思いますが、当然相手も厚く
守ってくるので、これをどのようにして決めるか?
もしくは、チームとしては次の手を考えておく必要があります。


その為、同点、もしくは1点リード・ビハインドの状況を想定して、普段から練習
しておくと良いです。


やはり、残り1分で確実に点が取れるチームは強いです。
なお、試合では常に良い状況でシュートが打てるわけではないので、終盤の疲れた
状態からでも決められるように、フィジカルトレーニングも欠かせません。

バックコートプレーヤー必見!
フィジカルトレーニングからシュート練習とは?

【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる

ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ