ハンドボール上達法 最強のコツはこれだ!

ハンドボール部員なら知っておきたい!試合で大活躍できる基本から最強のポイントやコツをお伝えしています。
 

ハンドボール上達法 サイドシュートのフォーム

味方が作ってくれたチャンスうを確実に決めよう!

handball35



サイドシュートは打てる角度を広げることが大切ですね。
ジャンプシュートの一種になり、コースに打ち分ける技術が大切になります。


左利きの選手がコーナーから走り込んでくるような場合は、サイドシュートもバック
プレーヤーのシュートと同じように基本のフォームは、右足で踏み込んでジャンプし、
左足を上げ、キーパーに対して右肩と右腰を向けます。


そして、体を垂直に保ってボールを高い所に持ち、GKの目線を上げて打ち分ける
ようにするのがコツです。


また、バックプレーヤーは真上に跳びますが、サイドシュートの場合はゴールエリアの
中に跳んで行きます。
ライン上では角度が取れないからです。


ただ、真っ直ぐなど同じ方向ばかりだと、キーパーに読まれてしまうので、出来る限り
内に跳んで、色々な角度(方向)からシュートを打てるよにすることが大切です。


GKがバーから離れて横に1歩踏み出してきたら、近めを狙い、張り付いていたら遠め
を狙うなど、打つ前から相手の動きを良くみましょう。
但し、低くなるとGKに被られてシュートの確率が悪くなるので、高く跳ぶことが欠かせ
ません。


更に、GKの対応の上を行くには、モーションが大きくなりすぎると上手く出来ません。
クイックやループ、スピンなどを使って駆け引きが出来るように、身体は縦に構え、色々な
タイミングで打てるようにテークバックはあまり大きくならないようにしましょう。


また、右ウイングが右利きの場合でコーナーから跳び込む時は、右足で踏み込んで
ジャンプし、左肩と左腰をGKに向けるようにして体勢を入れ換え、その中で打ち分ける
ようにし、最後は体勢を倒すなどして決めるようにします。


この身体操作を徹底的に練習することによって、シュート成功率を格段にあげることが
出来るでしょう。


なお、速攻でサイド(ウイング)まで回ってきた時には、奥のコーナーまでポジショニング
出来ないので、そのままサイドラインからバックプレーヤーに平行に跳び込むような
形で打つことが多くなるので、その際は打ち方を変える必要があるでしょう。


サイドシュートの決定力を大きく上げたい方必見です!
左右の基本のフォームから速攻での打ち方、負荷を加えたトレーニング
など、しっかり学べます。


練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる


ハンドボール上達法 ジャンプシュートのブラインドシュート

シュートの決定力をあげよう!

handball33



ハンドボールで使う頻度が最も高いのがジャンプシュートですね。
ディフェンダーとの距離を保ちながら、真上にジャンプして最高到達点で打つのが基本
です。


とは言え、ジャンプシュートに行った時に、相手DFが手をあげてブロックにくる場合が
多いものです。
そのような場合に無理に高さだけで決めようとすると、DFのブロックやGKに阻止されて
しまいます。


そして、ステップでのブラインドシュートでも同じですが、自分の体が相手から出過ぎて
しまうとゴールキーパーと1対1になってしまいます。


その為、自分と相手DFの位置関係を考慮しながら、GKが止めに来る方向とは逆方向に
意識して投げることが大切です。
ただ、この時に気をつけなければいけないのは、必ずしも逆方向に投げても入るとは
限らないということです。


ですので、左に出して右に打つなど状況に応じて、体の捻りや手首を使って、臨機応変に
行うことでジャンプシュートの成功率もあがります。


更に、試合ではなるべく少ない歩数で打てば決まりやすいですが、歩数を気にしすぎて
しまうと迷いが生じます。。
状況に応じて歩数を減らすことが出来るようにすることが大切になるので、その為には
無意識に動けるように、左右のどちらの足でボールをもらうか意識して練習すると良い
でしょう。


ジャンプシュートのブラインドシュートのコツや練習方法が学べます!
少ない歩数での打ち方もあるので、得点力をアップしたい方は必見です。

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 バックプレーヤーのジャンプシュート

チームのエースの役割が果たせていますか?

handball32



ハンドボールは7人のチームで行う競技で大きく分ければゴールキーパーとコートプレーヤー
になり、それぞれ役割がありますね。


そして、中央にポジションをとるのが司令塔の役割をするセンターになり、その左右に位置
するのがバックプレーヤで、それぞれライトとレフトバックと呼ばれます。
まさにバックプレーヤーはチームの攻撃を引っ張るエース的ポジションになり、ゴールから
45度の位置からシュートを打っていくチームのポイントゲッターです。


その為、得点を絶体に取るという勝負強さが求められます。
そんなバックプレーヤーのジャンプシュートのやり方は、利き手が右の選手なら、左足が
踏み切り足になります。


この時に右足を蹴り上げるようにすれば、より高く跳べますし、更に、右手でボールを
持っている腕の振り上げる力も利用し、その反動も使って真上に高く跳びましょう。


一連の流れとしては、両足がコートにある状態から1歩目の左足を踏み込んでいき、2歩目の
右足を前に出し、加速させます。
走り込んでいる時にも、ゴールキーパーやディフェンダーから目を離さないようにします。


そして、3歩目の左足を踏み込み、重心を下げてジャンプの体勢に入り、右手の蹴り上げと
ボールを持っている右手の振り上げる力を利用して高く跳び、相手を良く見てジャンプの
頂点でリリースします。


また、ロングシュートはディフェンダーの上から打つことが大切で、DFに当たったら意味が
ないですよね。
勢いがあると、どうしても前に跳んでしまいがちになるものですが、相手との間合いを保つ
為にも、前に行くのを縦方向の力に変えて高く真上に跳ぶことが大切です。


ずれにしても、バックプレーヤーなら弧を描いたゴールラインの45度くらいの角度から
のカットインシュートを決められるようになれば、チームの大きな得点源になるでしょう。


強豪校の短期間で上達する練習・指導法
45度の外からのカットインシュートのやり方やコツをお教えします!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



ハンドボール上達法 外を攻めるスクリーンプレー

外側を攻めるスクリーン攻撃をしょう!

handball24



スクリーンプレーが上手く出来ていますか?
ボールを持たない選手がスクリーン(ブロック)をかけて、味方が動きやすいようにスペース
を作る為の壁になる動きですね。


そして、スクリーンにはフロント、サイド、バックの3通りがあります。
その中でもサイドスクリーンは、2対2の外を攻める動きが最近とても重要視されるように
なってきており、強いチームはしっかり行っているものです。


これまで良く見られた2対2の攻め方は、ポストがディフェンダーの内側にサイドスクリーン
をかけて、バックプレーヤーがDFの間を攻めるというものでした。


確かに、ポストとバックプレーヤーが協力して一人の相手を攻めるのは基本とも言えますが、
2対2を内側からだけ攻めても、DFの技術が進歩した現在ではなかなか決まりません。


その為、パスを出した選手が、自分のマークの外にサイドスクリーンをかけ、パスをもらった
選手が、その外からシュートを狙うわけです。


また、ボールを持った選手が、この後にパスを出して走り込んで自分のマークではないDFの
横に移動してサイドスクリーンをかけます。
そして、パスをもらった選手は2対2の外からシュートを放つようにするのです。


このように外のスペースを上手く使って、3人目を引き寄せるような攻め方(戦術)も試合に
勝つには必要不可欠でしょう。


強豪校監督が伝授!実践で生きる必勝スキル
2:2を攻めるスクリーン攻撃のやり方やコツなども学べます!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる



記事タイトルハンドボール上達法 回旋フェイントのやり方

相手の腕を払いのけてかわすフェイント

handball12



腕を回して切り込んでいく回旋フェイントが出来ますか?
特にディフェンダーが前に詰めてきた時に使うと効果的ですね。


回旋フェイントは、右利きならボールを持つていない左手の使い方が大切で、前によって
きたDFの右腕を自分の左手で払いのけるようにするのがポイントです。
そうしないと、相手の懐に入っていくだけで、切り込んで行くことが出来なくなるからです。


そして、その動きに合わせて、右手を後ろからグルリと回して振り上げ、相手の腕を払う
勢いも上手く使って切り込んで行きます。


たいていはその動きで相手の背中側に入り込むことが出来ます。
回旋させた右手もおのずと相手の背中側にくるようになり、相手に邪魔されることなく
シュートに持ち込みやすくなります。


そんなの回旋フェイントのやり方としては、相手DFが前に詰めて、両手を出しながら
掴まえにきた時に、自分の左手で相手の右腕を払いのけます。


それと同時に、右腕を後ろから大きく回旋させ、この時の左手で払う勢いが、右腕のスイン
グに繋がり、ひと続きになるように行います。
そして、相手の左腕を振り払って、DFの背中側に体を入れ込んで、シュート体勢に入ります。


いずれにしても、こうしたDFとの駆け引きを制するには、間合いが大切です。
もちろん、間合いは人それぞれですが、一般的にはお互いが腕を伸ばした距離になり、これが
相手にボールを奪われないぎりぎりのラインです。


試合中には、相手は前に出たり下がったりして、色々仕掛けてくるので瞬時に見極めないと
いけませんね。
その為には、動体視力も必要ですが、やはり経験でしょう。


ある程度経験を積めば、DFの動きが予測出来るようになってくるものです。
例えば、大きい相手なら、下からもぐりこんでいくとか、逆に小さい相手なら力で押し切って
しまおうとか、どんなフェイントが効果的のか予想出来るようになってくると思います。


その為、状況に応じて色々なフェイントを使い分けられるようにしてておくことが
大切でしょう。


経験豊富な全国大会常連の強豪校の名監督は
こうして生徒を伸ばしている!

DFを1対11で突破するフェイントのやり方やコツが学べます!

練習法や悩みなど、何でも相談することが出来ます!
【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】
ハンドボール上達法の詳細を見てみる




ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

  • SEOブログパーツ







ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム
元・日本代表キャプテン東俊介さんが、 中高生ハンドボールプレイヤーのために上手いポストプレイヤーになる練習法、確実にポストシュートを打つテクニック、バックプレイヤーを活かす攻撃の要としてのテクニックを公開。↓↓




球技で使える瞬間的スピード走法
ハンドボールでの瞬発力や俊敏性、スピードをつけてライバルに圧倒的に差ををつけたいならこちら↓↓




  • ライブドアブログ